あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、ふるさと納税etc...お得情報やHow toブログ

iPhone Xs / Xs Max / XRの予約開始日、発売日、スペック比較、eSIMとは?

スポンサーリンク

Appleが9月12日(現地時間)に『iPhone Xs』『iPhone Xs Max』『iPhone XR』の発表を行いました。それぞれの予約開始日と発売日は、

・iPhone Xs:2018年9月14日予約開始9月21日発売
・iPhone Xs Max:上に同じ
・iPhone XR:2018年10月19日予約開始10月26日発売

となっています。

主なスペックやDSDS、eSIMなどについてみていきましょう。

f:id:ahiru8usagi:20180913073331p:plain

iPhone Xs / Xs Max / XRのスペック

iPhone Xs / Xs Max / XRの主なスペックは以下のとおり。

  Xs Xs Max XR
カラー ゴールド、スペースグレイ、シルバー ホワイト、ブラック、ブルー、イエロー、コーラル、(PRODUCT)RED
容量 64GB、256GB、512GB 64GB、128GB、256GB
重量 177g 208g 194g
サイズ 70.9×143.6×7.7mm 77.4×157.5×7.7mm 75.7×150.9×8.3mm
ディスプレイ 5.8インチ 6.5インチ 6.1インチ
解像度 2436×1125ピクセル(458ppi) 2688×1242ピクセル(458ppi) 1792×828ピクセル(326ppi)
SoC A12 Bionicチップ
アウトカメラ デュアル12MPカメラ(広角と望遠) デュアル12MPカメラ(広角)
インカメラ 7MPカメラ
simスロット デュアルSIM(nano-SIM + eSIM)
連続通話時間 20時間 25時間

参考:https://www.apple.com/jp/iphone-xs/specs/

iPhone Xsがスタンダードな機種、Xs Maxはその上位版にあたります。

iPhone XRは廉価版。iPhone 5C以来のカラフルなラインナップとなっています。

 

eSIMとは?

格安simなどを契約したことがあるなら馴染みあるsimカード。サイズは最近では下記画像一番右の最も小さい『nano SIMカード』が主流となっています。

f:id:ahiru8usagi:20180913074642p:plain

画像引用元:SIMカード - Wikipedia

これをスマホに挿すことでWi-Fi接続なしでも通信できるようになるわけですね。

ではeSIMとは何でしょうか?これはスマホの基盤に埋め込まれたsimカードのことを指します("e"は"embedded (組み込み、といった意味合い)"の略)。

f:id:ahiru8usagi:20180913074453p:plain

※画像はイメージです。iPhoneの基盤ではありません。
画像引用元:https://www.xda-developers.com/esim-standard-att-verizon-colluded-sabotage/

eSIMは遠隔でsimカードの加入者情報を書き換えることができるので、従来のようにsimカードを物理的に差し替えたりしなくても、契約している携帯会社のモバイルデータ通信を利用したり、切り替えたりが可能となります(eSIMの実例としては、Apple simやGoogleのProject Fi、docomoのdtab d-01K、Apple Watch Series 3 Cellularモデルなど)。

eSIM提供可能な業者

eSIMのプランを提供できる国内業者はキャリア(docomo / au / softbank)とフルMVNO(この記事執筆時点ではIIJmioのみ)だけ。IIJmioもプランを提供してくれると面白くなりますね。

iPhone Xs / Xs Max / XRはDSDS対応(eSIM + nano SIMで同時待ち受け可)ですが、そもそもキャリアの通信料が高いので、フルMVNOがeSIM向けサービスを提供してくれなかった場合、あまりメリットはなさそうです。

中国モデルはデュアルsimスロット

なお中国版iPhone Xsはデュアルsimスロット(nano SIM x 2)なので、こちらの方が現時点では使い勝手が良いですね。入手したいところですが技適問題で日本での使用はNGの可能性高め。

 

おわりに

iPhoneがeSIM搭載の機種を発売、フルMVNO向けのeSIMは解放されていないことから、日本ではキャリアの囲い込みがより激しくなりそうです。

Xs / Xs Max / XRの新機能も特に真新しいものはないので、型落ちとなったiPhone Xの値下げを待つのもアリかもしれませんね。