あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、Windows10 etc...お得情報やHow toブログ

gitコマンド一覧と使い方(日本語解説付き)

スポンサーリンク

Gitを使う機会があったので、gitコマンドの使い方をまとめてシェアします。

※内容に誤りがあった場合は問い合わせフォームよりお知らせいただければ幸いです。
※アカウント名やメールアドレス、固有名詞などは付で表現します。自体はコマンドに含まれません。
※//(二重車線)以降はコメントアウトです。コマンドではありません。

f:id:ahiru8usagi:20180918082723p:plain

ユーザーの情報を設定する

$ git config --global user.name [ユーザー名]
$ git config --global user.email [メールアドレス]

※gitにユーザーの情報を設定するコマンドです。最初にやっておかないと途中でエラーが出て、ユーザー名とメールアドレスを促す画面が表示されます。

 

ローカルリポジトリの作成

$ cd [リポジトリを作成したいディレクトリパス]
$ git init //このディレクトリをgitで使うという宣言

※init -> initialize -> 初期化する
※git initコマンドを使うと、そのディレクトリ内のファイルを共有リポジトリ(リモートリポジトリ)にアップできます。

 

クローンの作成&データ取得

$ cd [リポジトリをコピーしたいディレクトリパス]
$ git clone [コピーしたいリポジトリのURL]

※GitHubなどのリモートリポジトリからファイルをダウンロードしたいときにgit cloneコマンドを使います。

$ git pull origin master

※クローンしたリモートリポジトリの状態をローカルリポジトリに反映させる(リモート -> ローカルへマージ)。

 

ファイルの変更点を確認

$ git status //変更が加えられたファイルを表示
$ git diff //ファイルの変更点をdiff形式で表示

※ファイルの変更点を確認し、ステージングしてよいか確認します。

 

ステージング

$ git add [ファイルパス] //指定したファイルだけをステージングする
$ git add * //変更したファイルを全てステージングする
$ git add . //現在のディレクトリ配下のファイルを全てadd

※変更後のファイルをステージング(コミットできる状態に)します。
※git addを実行するときは、cdコマンドでプロジェクトのあるディレクトリに移動してから実行します。

 

コミット

$ git commit -m [コメント] //変更点をコミットする&コメントをつける

※-m -> massage
※add(ステージング)したファイルに-m(コメント)をつけてコミット(共有リポジトリ / リモートリポジトリにプッシュできる状態に)します。

$ git log

※log(コミット情報)を確認することができるコマンドです。

 

リモートリポジトリの作成

$ git remote add origin git@github.com:[GitHubアカウント名]/[リポジトリ名].git

※GitHubをリモートリポジトリにする場合のコマンドです。
※"git@github~~~"tという長いURLを"origin"という名前に短縮し、remote(リモートリポジトリ)をadd(追加)する、といった意味のコマンドとなります。よってorigin以外の名称でも構いませんが、慣習上originと打つことが多いです。

※リポジトリ名は先にGitHubで決めてCreateしておきます。コマンドには下記画像のOwnerとRepository nameの部分を入力すると、リモートリポジトリを作成できます。

f:id:ahiru8usagi:20180918074213p:plain

 

プッシュ

$ git remote -v //プッシュ先のURL確認
$ git push -u origin master //ローカル側のマスターブランチをプッシュ

※master(マスターブランチ)をorigin(GitHubのリモートリポジトリのURL)にpush(≒アップロード)できるコマンドです。

 

ブランチの確認&作成

$ git branch //現在のブランチ確認&ローカルのブランチ一覧を表示
$ git branch -a //リモートブランチを含みブランチ一覧を表示
$ git branch [ブランチ名] //ブランチを作成
$ git branch --delete [ブランチ名] //指定したブランチを削除

 

ブランチの移動

$ git checkout [ブランチ名] //ブランチに移動
$ git checkout -b [ブランチ名] //ブランチを作成+移動
$ git checkout master //マスターブランチに移動
$ git checkout . //ブランチを編集前に戻す
$ git checkout - //一つ前のブランチに戻る

 

ブランチのプッシュ

$ git add . //現在のディレクトリ配下のファイルを全てadd
$ git commit -m [コメント] //変更点をコミットする&コメントをつける
$ git push origin [ブランチ名] //ブランチをプッシュ

 

マージ

$ git merge [ブランチA] [ブランチB]

※ブランチAをブランチBにマージ(結合)する

 

おわりに

以上、gitコマンドの一覧と解説でした。

共有リポジトリを便利に使っていきましょう。