あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、ふるさと納税etc...お得情報やHow toブログ

【Windows10】Audacityインストールから内部音声録音、mp3書き出しまでの手順

スポンサーリンク

このページでは、無料ソフト『Audacity』を使ってWindows 10 PCの内部音声を録音し、mp3ファイルとして保存するまでの手順を案内します。

ステレオミキサーが使える場合は以下の記事をご参照のこと。

【ソフト不要】Windows 10で内部音声(PC内で流れる音)を録音する方法!ボイスレコーダーの使い方! - あんりふ!

Audacityとは?

Audacity、イメージ

Audacityは無料でオープンソースのオーディオ編集ソフトです。音声を編集(音声の録音・保存・カット・合成・エフェクト追加など)ができます。

 

Audacityをインストールする手順

Audacityの公式サイトからインストーラーをダウンロードしましょう。

Audacity プロジェクト日本語トップページ - OSDN

にアクセスし、『audacity-win-x.x.x.exe』をクリックします。

Audacity、インストーラー、ダウンロード

 

(Chromeブラウザの場合)画面左下にポップアップが出るので『保存』をクリックします。

Audacity、保存

 

audacityの『インストーラー(.exeファイル)』がダウンロードされるのでダブルクリックで起動します。

Audacity、exe

 

『言語』を選択し『OK』。

Audacity、言語選択

 

Audacityの初期設定画面が開きます。『次へ』を選択。

Audacity、インストーラー、次へ

 

Audacityの注意事項が表示されます。一読し『次へ』。

Audacity、注意事項、同意

 

Audacityのファイル保存場所を指定します。デフォルトでは『C:¥Program Files (x86)¥Audacity』となっています。そのまま『次へ』。

Audacity、保存場所選択

 

 「Create a desktop icon」にチェックを入れておくとデスクトップにショートカットが作成されます(任意)。『次へ』をクリック。

Audacity、ショートカット作成

 

以上でインストールの準備完了です。『インストール』をクリック。

Audacity、インストール開始

 

『次へ』をクリック。

Audacity、セットアップ続行

 

数十秒待つとAudacityのインストール完了です。「Launch Audacity」にチェックを入れておくと自動でAudacityが起動します。『完了』をクリック。

Audacity、インストール完了

 

Audacityで内部音声録音する手順

Audacityを開くと、初回はプラグイン選択画面が開きます。そのまま『OK』をクリック。

Audacity、起動、プラグインインストール

 

初回起動時はポップアップが表示されます。『OK』をタップ。

Audacity、初回起動 

 

Audacityが起動しました。

内部音声を録音するための設定をしていきましょう。左から準に4つの項目を以下のように設定します。

  • Windows WASAPI
  • スピーカー
  • 2ステレオ
  • スピーカー / ヘッドフォン

Audacity、内部音声、録音設定

 

画面左上の『●(録音マーク)』でPCの内部音声を録音できます。YouTubeなんかを流して録音してみましょう。『■(停止マーク)』で録音終了。『▶(再生マーク)』で録音した音声を聞くことができます。

正常に録音できていたら以下のように波形が表示されます。

Audacity、使い方

 

Audacityでmp3書き出し(mp3でファイル保存)する手順

mp3書き出し(前半)

『ファイル』の中の『オーディオ書き出し』をクリックします。

Audacity、オーディオ書き出し

 

『ファイル保存場所』『ファイル名』『ファイルの種類』を選択することができます。

Audacity、保存場所、ファイルの種類

 

今回はファイル保存先を『ミュージック』フォルダ(任意)、ファイル名を『Sample』(任意)、ファイルの種類を『MP3ファイル』としました。『保存』をクリック。

Audacity、サンプル音声

 

メタデータ編集画面が開きます。任意で情報を入力し『OK』。

Audacity、mp3、プロパティ

 

初回保存時は「lame_enc.dllがMP3を作成するために必要です。」といった表示が出ます。『ダウンロード』をクリック。

Audacity、LAMEdll

 

LAMEプラグイン インストール手順

ブラウザが開きます。Windowsの項目の『LAME Installation section』をクリック。

Audacity、LAMEinstallsection

 

『LAME download page』をクリック。

Audacity、LAMEdownloadpage

 

ZIP OPTIONの項目の『ZIPファイル名』をクリックします。

Audacity、LAMEzip

 

 (Chromeブラウザの場合)画面左下にzipファイルのダウンロードが完了した旨の表示が出ます。

Audacity、LAMEzip、downloaded

 

 ダウンロードフォルダを開くと先ほどダウンロードしたZIPファイルが表示されています。『右クリック』をして『すべて展開』をクリック。

Audacity、LAMEzip、解凍

 

『展開』をクリック。

Audacity、展開先選択

 

ファイルの中身が表示されます。『lame_enc.dll』というファイルが表示されるので、『右クリック』して『コピー』または『切り取り』をクリックします。

LAMEdll、コピー

 

続いて、画面左側の帯から『Windows (C:)』(Cドライブ)を選択し、『Program Files (x86)』をダブルクリックします。

Windows10、ProgramFiles

 

『Audacity』をダブルクリックします。

Windows10、ProgramFiles、Audacity

 

Audacityのフォルダが開きました。適当な空白部分で『右クリック』し、『貼り付け』をクリックします。

Windows10、ProgramFiles、Audacity、貼り付け

 

『続行』をクリック。

Windows10、ProgramFiles、Audacity、貼り付け続行

 

Audacity内に「lame_enc.dll」が保存されました。

Windows10、ProgramFiles、Audacity、LAMEdll貼り付け済

 

Audacityの画面に戻り、『ブラウズ』をクリック。

Audacity、LAMEブラウズ

 

『Program Files (x86)』をクリック。※自身で別の場所にAudacityのファイルをインストールした場合はそのフォルダを表示

Audacity、LAMEブラウズ、Programfiles

 

『Audacity』をダブルクリック。

Audacity、LAMEブラウズ、Audacity

 

『lame_enc.dll』を選択し、『開く』。

Audacity、LAMEブラウズ、Audacity、LAMEdll

 

lameのファイルパスが指定されました。『OK』をクリック。

Audacity、LAME設定済み

 

mp3書き出し中の画面が表示されます。

書き出しが完了すると、指定したフォルダに内部音声を録音したmp3ファイルが表示されています。再生して思ったとおりの音声が聞けるかどうか確認しましょう。

Audacity、録音ファイル、保存済

 

おわりに

以上、AudacityでPC(Windows 10)の内部音声を録音する方法でした。

ステレオミキサーが表示されないPCで内部音声を録音する手法としては簡易だと思います。