あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、Windows10 etc...お得情報やHow toブログ

【Windows10】Android Studioのインストールと初期設定の手順

スポンサーリンク

このページでは、PC(Windows 10)にAndroid Studioをインストールする方法と初期設定の手順(一例)を案内します。

バージョンは、

  • Windows 10 Pro バージョン:1803
  • CPU:Intel Core i7-8550U
  • Android Studio バージョン:3.3.2
  • (インストール実施日:2019年3月30日時点のもの)

でインストールをおこなっていきます。※用意する環境が異なる場合、手順も異なる場合があります。

AndroidStudio、ロゴ

Windows 10にAndroid Studioをインストールする手順

インストーラーをダウンロード

まずはAndroid Studioのインストーラーをダウンロードします。

https://developer.android.com/studio?hl=ja#Requirements

にアクセスし、exeファイルを『クリック』。最近のPCならほとんどが64bit版です。

関連記事:Windows10のOSのバージョンやPCの機種名、CPU、RAM、64bit版か、などを確認する手順 - あんりふ!

AndroidStudio、Download

 

「I have read~」に『チェック』を入れて『DOWNLOAD ANDROID STUDIO FOR WINDOWS』をクリック。

AndroidStudio、Download、同意

 

インストーラーの保存場所を選択し『保存』をクリック。

AndroidStudio、ダウンロード、保存

 

インストーラーが保存されます。ダブルクリックで起動しましょう。

AndroidStudio、インストーラー

Android Studioのインストール

インストーラーを立ち上げると以下のような画面が開きます。『Next』をクリック。

AndroidStudio、インストーラー、起動

 

  • Android Studio
  • Android Virtual Device

両方にチェックが入っていることを確認し『Next』。

AndroidStudio、インストーラー、AVD

 

保存先を指定(任意)し『Next』。

今回はデフォルトの、

C:\Program Files\Android\Android Studio

で設定します。

AndroidStudio、インストーラー、保存先

 

フォルダ名を指定(任意)し『Install』。

こちらも今回はデフォルトの

Android Studio

で設定します。

AndroidStudio、インストーラー、フォルダ名

 

Android Studioのインストールが始まります。※マシンスペックや回線状況によりますが、私の場合5分ほどで完了しました。

AndroidStudio、インストーラー、installing

 

インストールが完了したら『Next』。

AndroidStudio、インストーラー、installed

 

『Finish』をクリック。※Start Android Studioにチェックをいれておくと、自動でAndroid Studioが立ち上がります。

AndroidStudio、インストーラー、StartAndroidStudio

 

チェックを外してしまった場合や2回目以降起動するときはWindows 10左下の検索ボックスで「Android Studio」などと検索すると起動できます。

AndroidStudio、起動方法

 

Android Studioの初回起動時の設定

初回立ち上げたときは、以前Android Studioを使っていた人向けに、以前の設定を引き継ぐかどうかを聞かれます。新規でインストールした場合は『Do not Import settings』を選択し『OK』。

AndroidStudio、DontImportSettings

 

Android Studioが立ち上がります。

AndroidStudio、起動中

 

Googleに統計データを送信してよいかどうかを尋ねられます(任意)。よいなら『Send usage statistics to Google』、嫌なら『Don't send』。

AndroidStudio、統計データ送信

 

『Next』をクリック。

AndroidStudio、初期設定画面

 

Install Typeは『Standard』を選択し『Next』。

AndroidStudio、Standard

 

『テーマカラー』をお好きな方選択します。私は黒(Darcula)派です。『Next』。

AndroidStudio、テーマカラー

 

初期設定はこれでよいか尋ねられます。『Finish』をクリック。

AndroidStudio、設定確認

 

Android Studioの初期設定が始まります。※マシンスペックや回線状況にもよりますが、私の場合は4分ほどで完了しました。

AndroidStudio、インストール中

 

HAXM(後述)もインストールされます。

AndroidStudio、インストール中、HAXM

 

完了したら『Finish』。

AndroidStudio、インストール完了

 

以上でAndroid Studioの初回起動時の設定は完了です。

AndroidStudio、起動後

 

Android Studioの初期設定

その他最初にやっておいた方がいい設定をしていきます。

APIの追加

アプリを公式リリースするために適切なAPI LevelのSDK(Software Development Kit)をインストールしておきましょう。

『Configure』から『SDK Manager』を選択。

AndroidStudio、Configure、SDKmanager

 

Android SDKのSDK Platformsの欄からダウンロードしたい『APIレベル』にチェックを入れて『OK』を押します。

AndroidStudio、AndroidSDK、APILevel

※今回は、2018年8月1日からGoogle Playでアプリをリリースするのに必要となったAPI Level 26以上をインストールします。必要なAPI Levelについては公式サイトをご参照のこと。

 

インストールされる項目の確認画面が表示されます。『OK』をクリック。

AndroidStudio、AndroidSDK、API、確認

 

ライセンス条項が表示されます。一読し『Accept(承諾)』にチェックを入れ『Next』。

AndroidStudio、AndroidSDK、APIライセンス、同意

 

APIのインストールが始まります。※APIの数、マシンスペック、回線状況によりますが、私の場合は6分ほどで完了しました。

AndroidStudio、AndroidSDK、API、インストール中

 

完了したら『Finish』。

AndroidStudio、AndroidSDK、API、インストール完了

 

以上でAPIレベルの追加完了です。

AndroidStudio、APIインストール後

 

System Imageの導入

Android Studioのエミュレーター(AVD [Android Virtual Device])でGoogle Playを使うためのSystem Imageを導入します。

『Configure』から『SDK Manager』を選択。

AndroidStudio、Configure、SDKmanager

 

Android SDKのSDK Platformsの画面右下の『Show Package Details』にチェックをいれます。

インストールしたAPIの中の『Google Play Intel x86 Atom System Image』にチェックを入れて『OK』。

AndroidSDK、API、GooglePlaySystemImage 

 

インストール項目の確認画面が出るので『OK』。

AndroidStudio、SystemImage、確認 

 

ライセンス条項に『Accept(承諾)』し『Next』。

AndroidStudio、AndroidSDK、SystemImage、同意

 

System Imageのインストールが始まります。※SystemImageの数やマシンスペック、回線状況によりますが、私の場合は19分ほどかかりました。

AndroidStudio、AndroidSDK、SystemImage、インストール中

 

完了したら『Finish』。

AndroidStudio、SystemImage、Complete

 

これでAndroid StudioのエミュレーターでGoogle Playを使えるようになりました。

HAXMの確認

Andoroid Studioのエミュレーター(AVD [Android Virtual Device])を高速化するためにHAXMが導入されているかどうかを確認します。

『Configure』から『SDK Manager』を選択。

AndroidStudio、SDKmanager

 

Android SDKのSDK Toolsの中の『Intel x86 Emulator Accelerator (HAXM installer)』にチェックが入っていることを確認します。

AndroidStudio、HAXM、Installed

以上でAndroid Studioのエミュレーター(AVD)が動きやすくなります。

※HAXMを利用するにはVT-xが有効となっている必要があります。

関連記事:【Windows 10】VT-x対応可否の確認方法と有効にする手順【BIOS設定】 - あんりふ!

おわりに

以上、簡単にでしたがAndroid Studioのインストールと初期設定についてでした。

簡単なアプリなんかをつくって楽しみましょう。

関連記事:

 関連記事:【Windows 10】ADBコマンドを使えるようにする方法!Platform-Tools編 - あんりふ!