あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、Windows etc...お得情報やHow toブログ

iPadのスプレッドシートアプリで改行する方法【CHAR関数】

スポンサーリンク

CHAR関数を使うと、以下のようにiPadのスプレッドシートアプリでも改行できます。

iPad、スプレッドシート、改行、CHAR関数

入力例は以下のとおり。

="Hello"&CHAR(10)&"World"

これをコピペして『""』(ダブルクォーテーション)内の文字(HelloとWorldの部分)を書き換えればOK。

改行数を増やしたい場合は、以下の部分を追加して、

&CHAR(10)&""

同じく『""』(ダブルクォーテーション)内に入力したい文字を追記すればOKです。

例、

="Hello"&CHAR(10)&"World"&CHAR(10)&"hoge"

CHAR関数などの意味

それぞれの関数の意味を簡単に解説。

=(イコール)

先頭に『=』(イコール)を入力すると、セルに式や関数を入力できるモードになります。

""(ダブルクォーテーション)

『""』(ダブルクォーテーション)で囲まれた文字や数字は、そのセルの先頭に『=』があっても、入力された文字や数字をそのまま表示します。

&(アンド)

『&』の前後の文字をそのまま表示します。

CHAR関数

エクセルやスプレッドシートで使える関数です。Character(文字)の略。『()』内に数字を入力することで記号や特殊文字を表示できます。CHAR(10)は改行です。

一例として、その他の数字を入力すると、以下のような記号が返ってきます。

  • CHAR(10)→改行
  • CHAR(33)→!
  • CHAR(34) →"
  • CHAR(35) →#
  • CHAR(36) →$
  • CHAR(37) →%
  • CHAR(38) →&

おわりに

iPadのスプレッドシートに改行のショートカットが用意されていないのめんどくさめ_(:з」∠)_

今後のアップデートに期待したいです@2022/05/31時点