あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、Windows10 etc...お得情報やHow toブログ

【2020年11月11日】m1チップのMacbook登場!Apple発表内容簡易まとめ

スポンサーリンク

2020年11月11日にAppleのイベントがあり、新しい『Macbook Pro』『Macbook Air』『Mac mini』が発表となりました。m1チップというARMの技術をベースとしたチップが搭載されていると話題です。

このページではApplのイベント内容を簡単にまとめます。

※イベント動画フルバージョンは以下にて。

【2020年11月11日】Appleイベントで発表された製品 簡易まとめ

発表された製品

以下3つが発表されました。

  • MacBook Air (2020)
  • MacBook Pro (2020)
  • Mac Mini

Macbookpro、Macbookair、Macmini

価格(MacBook Pro / MacBook Air)

構成別の価格は以下のとおりです。(税抜き表示)

構成(ストレージ/RAM) MacBook Air MacBook Pro
256GB/8GB(8コアGPU) 134,800円
256GB/16GB(8コアGPU) 154,800円
256GB/8GB(7コアGPU) 104,800円
256GB/16GB(7コアGPU) 124,800円
512GB/8GB(8コアGPU) 129,800円 154,800円
512GB/8GB(7コアGPU) 124,800円
512GB/16GB(7コアGPU) 144,800円
512GB/16GB(8コアGPU) 149,800円 174,800円
1TB/8GB(8コアGPU) 149,800円 174,800円
1TB/16GB(8コアGPU) 169,800円 194,800円
1TB/8GB(7コアGPU) 144,800円
1TB/16GB(7コアGPU) 164,800円
2TB/8GB(8コアGPU) 189,800円 214,800円
2TB/16GB(8コアGPU) 209,800円 234,800円
2TB/8GB(7コアGPU) 184,800円
2TB/16GB(7コアGPU) 204,800円

 

M1チップとは?

2020年11月に発表されたMacBook Pro / MacBook Airに搭載されたチップは『M1チップ』というもので、話題となっています。

PCやスマホに搭載されているチップについて

PCやスマホには演算をするためのCPU(SoC)が搭載されています。CPUは、人間に例えるなら脳みそです。

PCにはIntelやAMD、スマホやタブレットにはARMと呼ばれるCPU(SoC)が搭載される場合が多いです。それぞれの特徴は、

  • IntelやAMD → (一般的に)処理性能が早いが、消費電力も多い
  • ARM → (一般的に)処理性能が遅めだが、消費電力が少ない

といったところです。

最近は技術革新により、ARMのチップの処理性能が上がり、かつ省電力といういいとこ取りのCPUになってきており、ついにはPCにもARMのチップが搭載され始めました。MicrosoftもSurface Pro Xという機体にARMベースのチップを搭載しました。

ahiru8usagi.hatenablog.com

M1はARMベースのチップ

AppleはARMの技術をベースに独自の『M1』というチップを開発しました。それが2020年11月発表の『MacBook Pro』『MacBook Air』に搭載されたというわけです。

M1チップは、Mac OSに最適化されており処理性能も従来のIntelより高速化されています。

アプリが動かない恐れあり

Appleのアプリ(ソフトウェア)は動くものの、CPUが変わることで動作不良を起こすアプリが出現します。

Appleのアプリは動くもののサードパーティ製(GoogleやAdobe)のアプリは動かない可能性があるため注意。Photoshopはフリーズやクラッシュすると報告されています(2020年11月時点)

M1チップ(ARM)でも動くアプリケーションの確認方法

Finderの『アプリケーション』一覧からアプリを副ボタンクリックして『情報を見る』をクリック。

一般情報の「種類」が『Universal』ならM1チップでも動く、『Intel』なら動かない可能性大。

仮想化ソフトRosetta 2

Rosetta 2という仮想化ソフトを使って『Intel』のアプリも動かすことができる可能性があります。ただし、万能ではないためRosetta 2でも動かないアプリや動作が遅くなってしまうという問題があります。

 

MacBook (2020)は買うべき?

個人的にはM1チップ搭載のMacBook購入は時期尚早だと思っています。

PhotoshopやBootCampが動かないとなると実用上かなり困ったことになりそうなので、Mac向けの主要アプリが一通りuniversalになるのを待ってからM1チップのMacbookの購入を検討したほうがよいでしょう。あくまで個人の意見です。