あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、Windows10 etc...お得情報やHow toブログ

【Android】Chromeブラウザの検索エンジンを変更・追加する方法!

スポンサーリンク

AndroidスマホのChromeブラウザで検索エンジンを変更する方法と追加する方法をシェアします(Chromeブラウザの画像はバージョン65.0時点のもの)

Google Chrome: 高速で安全
Google Chrome: 高速で安全
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ

1.Chromeブラウザで検索エンジンを変更する方法
2.Chromeブラウザの検索エンジンを追加する方法
3.検索エンジンのシェアと特徴
1位:Google
2位:bing
3位:Yahoo!
4位:Baidu
5位:YANDEX RU
6位:DuckDuckGo

1.Chromeブラウザで検索エンジンを変更する方法

Chromeブラウザを開いたら画面右上の『メニューアイコン』をタップし『設定』をタップします。

f:id:ahiru8usagi:20180416034246p:plainf:id:ahiru8usagi:20180416034254p:plain

 

『検索エンジン』を選択すると検索エンジンを変更できます。デフォルトでは、

・Google
・Yahoo! JAPAN
・Bing

が選択可能となっています。

f:id:ahiru8usagi:20180416034301p:plainf:id:ahiru8usagi:20180416034308p:plain

 

2.Chromeブラウザの検索エンジンを追加する方法

Google/Yahoo!/Bing以外の検索エンジンを追加したい場合は、その検索エンジンに一度アクセスすると自動で追加されます。例えばDuckDuckGo、

https://duckduckgo.com/

に一度アクセスして、再度検索エンジンの設定画面を開いてみましょう。

f:id:ahiru8usagi:20180416034315p:plainf:id:ahiru8usagi:20180416034323p:plain

最近のアクセス一覧にDuckDuckGoが追加されており、選択も可能となります。

 

3.検索エンジンのシェアと特徴

StatCounter Global Statsによると、2018年3月時点の世界の検索エンジンのシェアはやはりGoogleが圧倒、9割超です。

f:id:ahiru8usagi:20180416035445p:plain

1位:Google

検索精度が高くUIも綺麗。特別な理由がないならGoogleに設定しておいたが吉。

2位:bing

microsoftの検索エンジン。日本ではIEを使う人が他国に比べて多いので一応SEO対策しておくメリットはあるかもしれない(ただしYahoo!JAPANをHOME画面にしている層と被る場合が多いであろう)。

また、iPhoneの音声アシスタント『Siri』の画像検索にはBingが使われている。*2017年9月26日から(テキストの)ウェブ検索プロバイダはBingからGoogleへと変更された

3位:Yahoo!

Yahoo!はGoogleの検索技術を使っているので検索結果はほぼ同じ。Yahoo!のカスタマイズにより若干順位が異なる場合はある。また検索結果にYahoo!のサービス(Yahoo!ショッピングやヤフオク、Yahoo!知恵袋etc...)が表示される。

4位:Baidu

中国で使われている検索エンジン。

5位:YANDEX RU

ロシアで使われている検索エンジン。

6位:DuckDuckGo

プライバシー保護をスタンスとしている検索エンジン。自身のWebクローラーDuckDuckBotに加えYahoo!やBingなどの検索APIも利用している。Linuxディストリビューションにパッケージとして入っている場合も多い。

おわりに

という訳でGoogleひとつで十分ですが、たまに変更してみるならYahoo!とBing、あってDuckDuckGoの4つくらいで十分だと思います。