あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、ふるさと納税etc...お得情報やHow toブログ

Amazon API (PA)のアクセスキーとシークレットキーを取得するまでの流れ

スポンサーリンク

Amazonの提供するAPIは大別すると以下2種類、

・Marketplace Web Service API (MWS)
・Product Advertising API (PA-API)

がありますが、今回は"Product Advertising API"のアクセスキーとシークレットキーを取得するまでの流れをシェアします(以下、画像のスクリーンショットは2018年4月時点のもの)。

開発者ガイド:Product Advertising API | Amazon.co.jp

目次

1.(PA)APIのアクセスキーとシークレットキー取得までの流れ

2.認証キーの追加と削除

1.(PA)APIのアクセスキーとシークレットキー取得までの流れ

AmazonのProduct Advertising APIを取得するためにはamazonアソシエイトのアカウントが必要です。

https://affiliate.amazon.co.jp/

すでにAmazonアソシエイトのアカウントを持っている場合は『サインイン』、持っていない場合は『無料アカウントを作成する』でアカウントを作成しサインインします。

f:id:ahiru8usagi:20180414162504p:plain

 

amazonアソシエイトにサインインできたら『ツール』タブの『Product Advertising API』をクリックします。

f:id:ahiru8usagi:20180414162422p:plain

 

『利用をはじめる』をクリックすると"アクセスキー"と"シークレットキー"が表示されるので保管しましょう。プログラムを組むときはアソシエイトTAG(xxxxxx-22)も必要となるので合わせて環境変数などに保存しておくとよいです。

※流出すると悪用される危険性があるので他者に知られないよう厳重に保管します。

f:id:ahiru8usagi:20180414162430p:plain

 

2.認証キーの追加と削除

再度このページを開くとシークレットキーは表示されなくなっています。

f:id:ahiru8usagi:20180414162440p:plain

前回取得した認証キーを削除したい場合は『削除』、新しい認証キーを追加したい場合は『認証情報を追加する』で追加できます。

 

おわりに

以上PA-APIの認証キー取得方法でした。とりあえず商品情報の検索をPython3でやってみたところ問題なしでした。他、確定申告のための購入履歴の取得や商品価格取得、リモートショッピングカートの実装などやる気が出たらやっていこうと思います。