And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

LibreOffice Calcのフォント全体を一括で変更/置換する方法!

スポンサーリンク

WindowsやLinuxで使えるフリーOffice互換ソフト『LibreOffice Calc』。一通りmicrosoft officeのExcelと同じことができるので重宝するソフトですが、デフォルトのフォントが『Liberation Sans』および『MS Pゴシック』となっており、若干文字が見づらいです。

そこで今回はLibreOffice Calcのフォントを一括してお好みのフォントに変換/置換する方法を案内。(Ver 5.1.5.2の例です)

f:id:ahiru8usagi:20161103225229j:plain

目次

1.フォントを一括変更/置換の手順

2.今回使ったフォント

 

1.フォントを一括変更/置換の手順

LibreOffice Calcを開いたら、画面上ツールバーの『書式』をクリック。次に『スタイル』→『スタイルと書式設定』と順にクリックします。

f:id:ahiru8usagi:20161103221032p:plain

 

画面右側にスタイルと書式設定のメニューが出るので、『標準』をクリックし『変更』をクリック。

f:id:ahiru8usagi:20161103221052p:plain

 

デフォルトのフォントが表示されるのでお好みのフォントに変更します。スタイルやサイズも変更可能です。

f:id:ahiru8usagi:20161103221110p:plain

 

お好みのフォントに変更したら『OK』をクリック。

f:id:ahiru8usagi:20161103221123p:plain

 

フォントが切り替わりました。

f:id:ahiru8usagi:20161103221136p:plain

 

2.今回使ったフォント

今回使用させていただいたフォントは『Takao P ゴシック』というフリーフォントです。Ubuntuなどで使われるデフォルトのフォントですが、見やすくかわいいので私的に気に入っています。配布先からttfファイルをダウンロードできるので、Windowsならファイルを『右クリック』→『インストール』で使えるようになります。

 

おわりに

LibreOfficeをより便利に使っていきましょう。

© 2014 And Reframing Things