あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、Windows10 etc...お得情報やHow toブログ

【初心者向け】スマホのカメラ(動画)スペックの見方【FPS、解像度(p)】

スポンサーリンク

このページでは、スマホのカメラ(動画)のスペックの見方を案内します。

例えば『60 fps』『1080p』『4K』などと表記されていたらこれらがどのような意味を持つのか?について解説します。

FPS、解像度、イメージ

スマホのカメラ(動画)スペックの見方

FPS(Frames Per Second)

『フレームレート』とも言います。1秒間に表示する画像の枚数を意味します。

例:60 FPS → 1秒間に60枚の画像を表示

動画はパラパラ漫画と同じ仕組みなので、画像枚数が多い方が滑らかな動きになります。その反面FPSが高ければデータ容量が増えるというデメリットが生じます。

  • FPSが高い:なめらかな動きの動画になる / データ容量が増える
  • FPSが低い:カクカクな動きの動画になる / データ容量は減る

わかりやすいYouTube動画があったので引用します。(左がFPS低い、右がFPS高い)

p(プログレッシブ)

p(プログレッシブ)は解像度を表す指標です。この値が高いほど解像度が高い(鮮明な)映像を撮ることができます。(その分データの容量も増えます)

4KとかFHD(フルHD)と呼ばれることもあるので、それらの名称とpと解像度の組み合わせは以下のとおり。

  p 解像度
4K 2160p 3840 x 2160
2K 1440p 2560 x 1440
フルHD 1080p 1920 x 1080
HD 720p 1280 x 720
- 480p 720 x 480
- 360p 640 x 360
- 240p 427 x 240
- 144p 256 x 144

ちなみに上記のpはYouTubeで採用されている解像度のリストです。

FPSと解像度を変更して動画を撮る方法

FPSと解像度の意味が分かったら、それらを変更して動画を撮影してみましょう。

iPhone SEの場合

例えばiPhone SEの場合だと、『設定』→『カメラ』→『ビデオ撮影』と開き、ここで解像度とFPSを変更することができます。

iPhoneSE、解像度、変更、動画

Pixel 3

例えばPixel 3なら、カメラアプリを開き『動画』撮影モードにする→『画面上をタップ』することで、解像度とFPS変更画面を表示させることができます。

Pixel3、動画Pixel3、動画、解像度、変更

 

おわりに

以上、スマホのカメラの動画スペックの見方の基本でした。

解像度やFPSを調整して、シェアしやすい容量の動画を撮ったり、あえて高解像度の動画にしたりと使い分けていきましょう。