あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、Windows etc...お得情報やHow toブログ

Chromecast with Google TV HD版と4K版のスペックの違い

スポンサーリンク

2022年9月22日、Google秋のイベントよりも早く、新しい廉価版のChromecast『Chromecast with Google TV HDバージョン』が発売されました。価格は4,980円で1080pのHDR対応です。

Chromecast with Google TV、イメージ

2020年発売の4KバージョンのChromecastと異なる部分は以下のとおり。

  4Kバージョン HDバージョン
解像度 最大2160p
3,840 x 2,160
最大1080p
1,920 x 1,080
動画形式 ドルビービジョン
HDR10、HDR10+、HLG1
HDR10、HDR10+、
HLG2
チップ Amlogic S905X3 Amlogic S805X2
RAM 2GB 1.5GB
ベースのOS Android 10 Android 12
価格 7,600円 4,980円
Sky • Sunrise • Snow Snow

4Kバージョンの方が解像度が高く(最大4K)、チップがやや高性能、メモリ(RAM)が多く、選択できるカラーが多い(水色と橙と白)です。

HDバージョンのメリットは価格が安い他に、ベースとなるOSがAndroid 12となっています。

その他以下のようなスペックは同じ仕様となっています。

  4Kバージョン HDバージョン
OS Android TV OS Android TV OS
ストレージ 8GB 8GB
HDR 対応 対応
FPS 60 fps 60 fps
本体サイズ 162.5 x 61 x 12.5mm 162.5 x 61 x 12.5mm
本体重量 55g 55g
リモコンサイズ 122 x 38 x 18mm 122 x 38 x 18mm
リモコン重量 63g 63g
Wi-Fi Wi-Fi 802.11ac
(2.4 GHz / 5 GHz)
Wi-Fi 802.11ac
(2.4 GHz / 5 GHz)

本体とリモコンのサイズと重量は全く同じ。ストレージはどちらも8GB。HDR対応、60 FPS、Wi-Fiも2.4GHzと5GHzの11ac対応である点も同じ仕様です。

Chromecast with Google TV HD版のメリットは何よりも価格

4K版の方が解像度も処理速度も上なので、HD版のメリットは基本的に価格だけです。

本体やリモコンの見た目は全く同じなので、

  • 4Kのコンテンツは買ってない/観てない
  • Google TVでゲームしようとは思ってない

という場合はHD版で十分かと思います。

Chromecast with Google TV - Google ストア