あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、Windows etc...お得情報やHow toブログ

廉価版Chromecastの噂(見た目、発売日、価格、スペック、etc...)

スポンサーリンク

現行のGoogle TVを搭載するChromecast『Chromecast with Google TV』は2020年の9月に発売しました。同デバイスは日本での価格は7,600円ですが、Googleはこれよりもコスパを重視した廉価版Chromecastを開発中との噂です。

内容をみていきましょう。

※最終編集日:2022年1月31日

chromecast-with-googetv

※イメージ画像は現行の2020年9月発売Chromecast with Google TVです。

廉価版Chromecastの噂

概要

海外メディア9to5Googleによると、コードネーム「Boreal」というAPKファイルを分析したところ、Google TVを搭載した新しいChromecastであることを発見。

Google TV搭載であること以外のハードウェア構成や機能の詳細はわからなかったものの、プロトコルの情報から解像度は1080pに制限されるであろうことがわかったそうです。

現在の『Chromecast with Google TV』は4K対応、新たな廉価版Chromecastは『Chromecast HD with Google TV』(解像度フルHD)として販売される可能性が出てきました。

見た目

※レンダリング画像などのリーク情報は編集時点でありませんでした。

発売日

※発売日情報についてもリーク情報なし。

ただし、2022年5月の「Google I/O」、もしくは2022年10月のGoogleイベントにてハードウェアの発表はされる可能性が高いです。

価格

現在のChromecast with Google TVが7,600円なので、これよりも安い価格に設定される可能性があります。

また、競合品であるAmazonとRokuのデバイスの価格は、

  • Fire TV Stick:4,980円
  • Roku Premiere:5,480円

となっているので、これらと同価格帯になる可能性が高いです。

スペック・特徴

廉価版Chromecastは以下のような特徴やスペックになると噂されています。

  • Mali-G31GPU搭載したAmlogicS805X2 CPUを使用
  • AV1ビデオコーデックのハードウェアデコードが含まれている
  • 2GB RAM搭載

おわりに

廉価版Chromecastの噂についてでした。

ストリーミングデバイスは日本ではAmazonのFire TV Stick一強だと思われますが、Chromecastの廉価版が発売されることでGoogleのシェアが増えるかどうかに注目です。