And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

【2018年1月20日4:00~】EtherZero (ETZ)をもらう方法!Ethereumハードフォークコイン受け取りまでの流れ!

仮想通貨時価総額No.2(2018年1月18日時点)の『Ethereum』がハードフォークし『EtherZero (ETZ)』が誕生します。Whitepaperもすでに公表されており、ハードフォークの時間は、 ・グリニッジ標準時で、2018年1月19日 19:00-21:00頃(日本時間で、2018年1月20…

MEW (MyEtherWallet)にEthereumを入金する方法!

MEW (MyEtherWallet)で作成したEthereumウォレットにEthereumを入金する方法をシェアします。 MEWでウォレットを作成する方法については前回の記事をご参照のこと。 ahiru8usagi.hatenablog.com 目次 0.MEWにて入金アドレスをチェック 1.Ethereumを送金する…

MEW (MyEtherWallet)でEtherreumのオンラインウォレットの作成とログインする方法!

2018年1月時点で1000以上あると言われる仮想通貨の中で、時価総額2位に君臨する『Ethereum(イーサリアム)』。今回はこのEthereumのオンラインウォレットを作ってみたので、やり方をシェアします。 ※ウォレット⇒銀行でいうところの銀行口座みたいなもの。Et…

【e-Residency】エストニア国民になる方法!申請からカード受け取りまでの流れ!

エストニアに仮想居住者になれる『e-Residency』に申請してみたので、申請方法とICカード受け取り方法をシェアしたいと思います。画像は2018年1月13日時点のものです。 『e-Residency』になるとエストニアで起業したりビジネス用銀行口座を作ったりオンライ…

e-residencyとは?エストニアに仮想居住するメリットとできないこと!

エストニア政府が運営するサービス『e-Residency』について調べてみたので、e-Residencyを取得するメリットなどをシェアします。 目次 1.e-Residencyとは? 1-1.e-Residencyでできること(メリット) 1-2.e-Residencyでもできないこと 1-3.エストニアがe-Res…

【妄想】2017年12月の仮想通貨暴落の理由をひとつだけ邪推してみる【コラム】

仮想通貨について、2017年12月24日時点の妄想をはじめます(笑) 2017年12月17日:1BTC=19,286USD2017年12月22日:1BTC=12,001USD 仮想通貨ビットコインが一時37%もの歴史的大暴落を記録しました。 2017年12月17日のBTC/USD相場 2017年12月22日のBTC/USD相場 …

【Windows 10】モナコインのマイニング方法!monacoinを受け取るまでの流れ!【プール】

モナコインのマイニング実験をしてみたので、マイニング方法とmonacoinを受け取るまでの流れをシェアします。 今回の実験結果 ・マイニングした期間:2017年12月11日~12月17日の7日間・採掘できた量:0.99979259MONA (記事執筆時点レートで約1650円)・使っ…

仮想通貨がバブルなのか、法定通貨がハイパーインフレなのか?仮想通貨暴騰の裏で損したのは誰なのか?【2017年12月15日の妄想】

ブロックチェーン技術を応用したビットコインを初めとする仮想通貨全体が暴騰し続けている。 2017年1月初頭、1BTC=10万円前後であったビットコインが、度重なる暴騰を重ね2017年12月15日現在、1BTC=200万円に到達している。 たった一年で20倍の価値に膨れ上…

bitFlyerの口座開設だけで7000円分のビットコイン(or 6300ANAマイル)をもらう方法!

人気ポイントサイトハピタスにて国内ビットコイン取引所『bitFlyer』口座開設キャンペーン開催中です。通常ビットコイン取引所の口座をポイントサイト経由で開設しても50円分くらいのポイント(笑)しかもらえないのですが、 画像引用元:http://dokotoku.xxv.…

ビットコイン一時50万円到達!?時価総額は7.4兆円とKDDI並みに!bitcoinの使い道と税金【2017年8月】

2017年8月15日、Bitcoinが一時『1BTC=50万円』に到達したというニュースがありました。8月1日のハードフォーク問題も無事ビットキャッシュとビットコインに分裂するということで収束し、そのあと31.6万円→約50万円(+約58%)という驚異的な伸び率を見せてい…

ビットコイン(仮想通貨)の売買益は50万円までに抑えたほうが無難!?

英国が2016年6月23日(現地時間)に行った国民投票でEU離脱が決まり、円高急加速したことは記憶に新しいですが、BrexitがBitcoin相場に影響を与えたのかどうか、ふと気になってチャートを見てみたところ、 画像引用元:https://www.coingecko.com/en/price_c…

krakenでEthereumとRippleのオンラインウォレットを作成してみた

Bitcoinを始めとする暗号通貨。(2016/2/17)現在1,000種類以上の暗号通貨が作られていますが、その中でもBitcoinに次いで時価総額の高いEthereum(イーサリアム)とRipple(リップル)のオンラインウォレットを作ってみました。 目次 1.Ethereum(イーサリア…

ドージコイン(Dogecoin)の相場とオンラインウォレットの作り方【BTCBOX編】

暗号通貨の時価総額第5位(2016/2/17時点)のドージコイン(Dogecoin)。日本国内企業では『BTCBOX』というところがドージコイン(Dogecoin)を取り扱っており、2016/1/23にiPhoneアプリもリリースされました。そこで今回は、ドージコインの現在の相場とBTC …

ライトコイン(Litecoin)の相場とソフトウェアウォレットを作り方

1,000種類以上ある暗号通貨の中で時価総額4位のライトコイン(2016/2/15時点)。今回はライトコイン(Litecoin)のソフトウェアウォレットを作成してみたので、その流れとライトコインの現在の相場情報なんかを簡単にシェアしていきます。 目次 1.Litecoinの流…

無料で4,500円分のビットコインを手に入れる方法!?

ビットコインを購入するには国内だと『bitFlyer』や『Zaif』『coincheck』といった取引所で交換できますが、いずれもビットコイン購入には本人確認が必要となります。そこで今回は「できれば個人情報を入力せずに試しにビットコインを手に入れたい」「日本円…

Zaifで暗号通貨モナーコインの(オンライン)ウォレットを作ってみた

暗号通貨といえば真っ先に思いつくのはビットコイン(bitcoin)ですが、実はその他にも1,000種類以上(!)の暗号通貨が存在しています。中には国産の暗号通貨も存在しており、今回は日本発祥の暗号通貨『モナーコイン(Monacoin)』のウォレットをつくって…

bitFlyerでビットコインの(オンライン)ウォレットをつくってみた

『bitFlyer』でビットコインの(オンライン)ウォレットをつくってみました。手順も簡単で、ビットコインの入金・送金のみなら本人確認せずにできます。今回は『bitFlyer』についての簡単な説明とビットコイン(オンライン)ウォレットをつくるまでの流れをシェ…

モッピーのポイントをビットコインに交換してみた【bitFlyer編】

ポイントサイト『モッピー』のポイントがビットコインに交換できるようになったという噂を聞いたので、早速交換してみました。(ありがたいことになぜか1500Pくらい貯まってた。)今回はビットコイン交換までの流れを画像付でシェアしたいと思います。 目次 …

BitcoinのPaperWallet(紙の財布)の作り方・使い方

流行りの仮想通貨『Bitcoin』。ブロックチェーン技術を用いたセキュリティの高い仮想通貨として有名ですが、今回BitcoinのPaperWallet(≒口座番号と暗証番号)を作ってみました。今回はPaperWalletを作るにあたって少し勉強したこととか作り方とかを書いてい…

個人がドローンを購入して初フライトするまでの流れ まとめ

個人がドローンを『購入』⇒『保険加入』⇒『許可・承認』⇒『初フライト』するまでの流れをまとめてみました(2016年1月19日調べ)。個人的メモです。 目次 1.ドローンを『購入』する1-1.ドローンのメーカー トップ201-2.ドローンのスペック比較1-3.ドローンの…

【2045年に向け】今後つぶしがきく職業!?

2045年に人工知能が人間の知能を追い越すと言われています。このことを『技術的特異点』と呼び、人間は仕事をしなくて良いような夢の世界が到来すると言っても荒唐無稽な話ではなくなってきています。 とはいえ現状仕事はしなくてはならないし、今ある仕事が…

【無人航空機】ドローンで人をケガさせたりしても保険は効かない!?

2016/1/19追記:個人向けドローン保険が販売開始されました。詳細は次回の記事にて。個人がドローンを購入して初フライトするまでの流れ まとめ 昨今話題の無人航空機『ドローン』。数日前(4/22)に首相官邸にドローンが落下したというニュースが報道されて…

人間の知能を超える人工知能『DQN』!?

Googleが新たな企業を買収。買収したのはイギリスのベンチャー企業『DeepMind』社。同社の開発する人工知能『DQN(Deep Q-Network)』は、「インベーダーゲーム」や「ブロック崩し」などのゲームを人間が教えなくても自ら学びながら上達する。将来的には人間…

2045年、人工知能が人間の知能を超える!?

2015年1月現在、将棋の世界ではほとんどのプロが人工知能に負けている。 国立情報学研究所(NII)とNTT(持ち株会社)が開発している『東ロボくん』は 代々木ゼミナール大学入試センターの模擬試験で英語の偏差値が50.5をマークした。 Googleが開発している…

© 2014 And Reframing Things