あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、Windows etc...お得情報やHow toブログ

シュノーケリング道具の名前(マスク・シュノーケル・フィン・曇り止めetc...)

スポンサーリンク

このページでは、シュノーケリングに必要な道具の名前をまとめます。

シュノーケリングの道具の名前

必須3点+1点セットの名前

まずはシュノーケリングに必須の3点+1点セットの名前を覚えていきましょう。

※以下は、ビーチ近くのマリンスポーツ店でレンタルできる場合が多いです。

シュノーケル3点セット
REEF TOURER
 
シュノーケル

息をするためのJ字型のパイプを『シュノーケル』と言います。口に加える部分をマウスピースといいます。マウスピースの大きさは50mm前後が一般的。

マスク

海中を見るためのゴーグルよりも大きい『マスク』。フレームが真ん中で分かれているゴーグルに近いマスクを『二眼タイプ』、分かれていないタイプを『一眼タイプ』と言います。一眼タイプのほうが仕切りがないので海中がよく見えます。

マスク曇り止め

曇り止め無しだとマスクはほぼ確実に曇ってシュノーケリングの楽しさ半減。曇りを防ぐ『マスク曇り止め』を塗ったほうがよいです。

SASアンティフォグ
シュノーケルマスク用曇り止め
 
フィン(もしくは足ひれ)

所謂あしひれのことを『フィン』と言います。海中での推進力が上がります。足をかかとまですっぽりと覆う『フルフット』タイプとベルトで固定する『ストラップ』タイプがあります。後述するマリンシューズを履く場合はストラップ型がおすすめ。

服装の名前

シュノーケリングをするときの服装の名前をまとめます。

水着

当たり前ですが海に入るときの服装として『水着』が必要です。

ラッシュガード

海でも使えるナイロンもしくはポリエステル素材の上着を『ラッシュガード』といいます。シュノーケリングをすると確実に日焼けします。首の後ろも日焼けするのでハイネックかパーカー付きのラッシュガードがおすすめ。

レギンス/トレンカ

水着の下に着て下半身を覆う『レギンス』、土踏まずまで覆うものを『トレンカ』と言いますが、足の日焼けも防ぐために着用したほうがよいです。普通の1000円くらいので十分。

マリンシューズ

履いたまま海に入れるシューズを『マリンシューズ』と言います。マリンシューズを履いたまま着用できるフィンもあるので、足の怪我を防ぐためにもマリンシューズは履いたほうがいいです。

マリンシューズ
PONTAPES 男女兼用
 
マリンソックス

履いたまま海に入れるソックスを『マリンソックス』と言います。足首の日焼けも完全に防ぎたい場合に着用します。

マリングローブ/手袋

同じく手の甲の日焼けを防ぐのに役立つ『手袋』。軍手でもOKですが見た目を気にするなら工具用の手袋とかでもアリ。岩盤で一休みしようとよじ登るときの手の怪我を防ぎます。

ウェットスーツ

水着の上から着用する『ウェットスーツ』。水温が低いときに着用します。沖縄の暖かいとき(7~8月)なんかは無くても余裕です。

ドライスーツ

基本的にシュノーケリングでは使いません。スーツの中まで濡れるウェットスーツに対し、水の侵入を許さないのが『ドライスーツ』。保温効果が高いものの浮力も付くため素潜りには向いていません。

シュノーケリングベスト

浮力を得るためのベストを『シュノーケリングベスト』と言います。ライフジャケットよりも動きやすいように作られています。無くてもOKですが、泳ぎに自信がない場合はあったほうが安心。

その他小道具の名前

その他シュノーケリングにあったら便利なアイテムの名前をまとめます。

タオル

当たり前ですが『タオル』はあったほうがいいです。競泳などに使われる薄くて吸水性の高い『スイムタオル』の方がかさばらないのでオススメ。

スイムタオル
MIZUNO 高吸水
 
浮き輪

シュノーケリングベストの代わりに『浮き輪』でも浮力を得られます。

日焼け止め

服装を揃えても顔だけは露出するのでウォータープルーフの『日焼け止め』があれば完璧です。

(スマホ用)防水ケース

スマホで水中撮影する場合は『防水ケース』必須。必ず家で試してから使った方がいいです。

WATER PROOF CASE SHELLBOX
潜水最大15メートル
 
(スマホ用)ジップロック

防水ケース代わりにジップロックでも良いです。

大きめのゴミ袋

色んな用途に使えてあったら便利。濡れた衣類を入れたり、シーツ代わりに使ったり、車のシートを濡らさないようにごみ袋をひいたり。

おわりに

シュノーケルセットはかさばるので、シュノーケル+マスク+曇り止め+フィンだけは現地でレンタルするのもアリです。快適にシュノーケリングを楽しんでいきましょう。