あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、Windows etc...お得情報やHow toブログ

AppleストアでiPhoneを買って→売ると儲かる!?買取価格、異常に高騰中

スポンサーリンク

スマホの買取業者として実績のある『モバイルミックス』や『モバイルステーション』でiPhoneシリーズの買取価格が高騰しています。モバイルミックスの2022/4/20時点の買取価格は以下のとおり。

モバイルミックス、iPhone、買取価格

Appleストアの定価と比較すると、いくつかの機種は定価よりも高く買い取ってくれるという事態が発生しています。定価と買取価格を表にすると以下のとおり。

機種 容量 モバミ Apple 損益
iPhone 13 Pro Max 256GB 153000 146800 6200
iPhone 13 Pro Max 128GB 141000 134800 6200
iPhone 13 Pro 256GB 139000 134800 4200
iPhone 13 Pro 128GB 128000 122800 5200
iPhone 13 256GB 105000 110800 ▲5800
iPhone 13 128GB 96500 98800 ▲2300
iPhone 12 128GB 76500 92800 ▲16300
iPhone 12 64GB 66500 86800 ▲20300

モバイルステーションの買取価格も概ね同じです。

機種 容量 モバステ Apple 損益
iPhone 13 Pro Max 256GB 152000 146800 5200
iPhone 13 Pro Max 128GB 140000 134800 5200
iPhone 13 Pro 256GB 138000 134800 3200
iPhone 13 Pro 128GB 127000 122800 4200
iPhone 13 256GB 104000 110800 ▲6800
iPhone 13 128GB 84000 98800 ▲14800
iPhone 12 128GB 73000 92800 ▲19800
iPhone 12 64GB 62000 86800 ▲24800

すなわち、Apple公式ストアでiPhone 13 ProかiPhone 13 Pro Maxを購入して、モバミかモバステに売るだけで儲かるという謎の事態が発生しています。

業者の中の人がApple公式ストアで買えばいいのにw

ただし、2022年4月20日時点の買取価格なので、4月21日~の買取価格がどうなるかはわかりません。

iPhone 13 Pro Max、イメージ

iPhoneをさらに安く購入する方法

ということで、少なくとも4/20時点ではiPhoneをApple公式ストアで購入して売るだけで利益が出ますが、さらに新品の『iPhone 13 Pro』と『iPhone 13 Pro Max』を公式ストアより安く購入する方法を2つ紹介します。

楽天市場(楽天モバイル公式楽天市場店)で買う

楽天市場でiPhoneを購入することで、楽天ポイントが付きます。

楽天市場では以下のようなポイント付与のキャンペーンがあるので、とりあえずエントリーしてポイントを数倍にしてiPhoneを購入すれば楽天ポイントが付与されてお得です。

内訳 付与率 付与上限
通常ポイント 1% なし
お買い物マラソン (最大)9% 7000
SPU (最大)13% 各5000ずつ
39ショップ対象 1% 3000
5と0のつく日 4% 3000
楽天ウェブ検索 1% 150
勝ったら倍 (最大)3% 1000
内訳クリックでエントリーページが見れます
キャンペーン終了しているものもあります
通常ポイントの1%は税抜きの金額から計算されます
その他のポイントは通常ポイントを元にした倍率で計算されます
実際に付与されるポイントは異なる場合があります

さらに回線契約をして条件を満たした場合+20,000ポイントをもらえます。

ただし、楽天モバイル公式楽天市場店ではiPhoneの在庫がよく無くなるので、在庫チェックは都度必要です。

楽天市場でAppleギフトカードを買って、Appleストアで買う

楽天市場の『Apple Gift Card 認定店』でAppleギフトカードを購入すると、SPU(ポイント最大14倍)のポイントが付与されます。

Apple Gift Card認定店、楽天

Appleギフトカードは、iPhoneの購入にも使えます。

AppleストアのほうがiPhoneの在庫は多いでしょうから、こちらの方法の方がスムーズに購入できるでしょう。

高価買取の理由?

Appleストアの定価以上の価格で買い取ることで、業者側にどんなメリットがあるのか?w 簡単に予想してみました。

上海ロックダウンによる供給力不足

2022年3月末から中国・上海で、感染症を抑えるためのロックダウンがはじまっています。

参考記事:「上海ロックダウン」でアップル製品の生産中断 | 東洋経済オンライン

上海にあるiPhone製造を請け負う向上の一つである『ペガトロン』もロックダウンの影響で4/12に操業停止したことにより、iPhoneの供給力が下がることが予想されます。

ウクライナ情勢悪化などによる為替円安

ウクライナ情勢悪化などの影響により、2022年3月1日時点で1ドル114.83円だったのが、4月20日時点で1ドル127.64円と短期間で急激な円安となっています。

iPhoneの値上げがくるかも?

供給力が減ることと円安により、iPhoneが値上げされるかもしれません。値上げされることを前提とすれば、多少高めの金額でもiPhoneの在庫を増やして、後で売ることで、スマホ買取業者は利ざやを稼ぐことができる…という狙いなのかもしれません。

おわりに

2022年3月末で一旦落ち着いたかと思ったiPhone祭りの二次会みたいになっていますw

iPhone 13 ProやiPhone 13 Pro Maxが手元にある場合は、モバミやモバステを使ってみてもいいかもしれません。