あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、Windows10 etc...お得情報やHow toブログ

【Android】OperaBetaWebブラウザで無料VPNを使う方法、接続場所変更方法、通常タブで使う手順

スポンサーリンク

Opera Beta Webブラウザが無料VPN接続に対応したので、VPN接続設定をする方法と接続場所を変更する方法、通常タブでもVPNを使う手順、を案内します。(アプリのバージョンは50.0の例です)

Opera Beta Webブラウザをインストール

『Opera Beta Webブラウザ』をインストールします。通常のOperaブラウザではVPN設定の項目がありませんでした。iPhone(iOS)には提供されていない模様。

Opera beta Web ブラウザ
Opera beta Web ブラウザ
開発元:Opera
posted withアプリーチ

 

Opera Beta Webブラウザの初回起動画面はこんな感じです。『続行』をタップしてブラウザを起動しましょう。

OperaBeta、起動画面

 

Opera Beta Webブラウザで無料VPNを使う方法

画面右下の『Operaのロゴ』をタップし、『設定』をタップします。

OperaBeta、設定

 

『VPN』の設定項目があるのでONにします。「プライペードタブで有効になりました。」という表示が出ます。

OperaBeta、設定、VPN

 

続いて画面右下の『タブの数』をタップし、画面右上の『プライベート』をタップ。画面下中央『+』マークをタップし、プライベートタブをつくります。

OperaBeta、タブ、プライベード、追加

 

以上でプライベートタブでのVPN接続完了です。適当に検索してみましょう。

OperaBeta、プライベートタブ、検索

 

画面左上に『VPN』と表示されており、VPN接続できていることを確認できます。

OperaBeta、プライベートタブ、検索、VPN接続

 

Opera Beta Webブラウザで接続場所を変更する方法

VPNの接続サーバーを変更にするには画面左上の『VPN』マークをタップします。

OperaBeta、プライベートタブ、VPNロゴ

 

『設定』をタップします。

OperaBeta、VPN、設定

 

『仮想の位置情報』をタップします。

OperaBeta、VPN、設定、最適な場所

 

ここで接続場所を変更できます。「アメリカ」「ヨーロッパ」「アジア」とかなりざっくり。

OperaBeta、VPN、設定、接続場所変更

 

Opera Beta WebブラウザでVPNを通常タブで使う手順

VPNの設定画面で『プライベートタブでのみVPNを使用する』のチェックを外します。

OperaBeta、VPN、プライベートタブ以外

 

するとプライベートタブでない通常のタブでもVPN接続ができます。

OperaBeta、通常タブ、VPN

 

注意点

何点か気になった点を記載します。

Opera Beta Webブラウザ以外はVPN接続ではない

Opera Beta WebブラウザのVPN接続設定していても、その他のアプリはVPN接続とはなりません。例えばChromeブラウザを開くとVPN接続とはなっていないことがわかります。

OperaBeta、Chromeブラウザ、VPNなし

Operaの買収元

Operaの開発はノルウェーですが、2016年6月に中国企業コンソーシアムに買収されています(Wikipediaより)。

VPN接続で通信を暗号化しても接続経由地点でデータを盗られてしまっては意味がないですよね。OperaはVPN利用時にユーザーの情報を取得しないとしていますが、VPNの提供元が安全であるかどうかは自分で判断する必要があると思います。

 

おわりに

無料VPN対応となり、より便利になったOperaブラウザ(Beta)でした。

ただし、いろんなアプリ接続には使えない、接続先のざっくり具合、買収元、といった不安点はあるので、個人的には『NordVPN』を使用するようにしています。今後のOperaブラウザの進化に期待。

日本公式サイト【Nord VPN】