あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、ふるさと納税etc...お得情報やHow toブログ

Nexus 5Xのブートループが直るかも!?ブートローダーのパッチを当てる方法!【要Platform-Tools】

スポンサーリンク

Nexus 5Xを起動したときにGoogleのロゴが現れ、しばらくすると再起動がかかりまたGoogleのロゴが表示される。こういった症状に陥ったときの対処方法のうちのひとつをシェアします。

fastbootコマンドを受け付ける状態であればXDAフォーラム記載のパッチを当てることでNexus 5Xが起動する可能性があります。

f:id:ahiru8usagi:20170921061258j:plain

目次

0.用意するもの

0-1.Nexus 5Xの状態

1.Nexus 5Xのブートループを改善する手順

1-1.必要ファイルをダウンロード

1-2.コマンドでパッチファイルを当てる

2.失敗したパターン

免責事項:当記事ではあひるうさぎが試してみてうまくいった方法を一例として記載しています。当該情報に基づく行動において不利益を被ったとしても当方では一切責任とれませんのであらかじめご了承ください。

0.用意するもの

今回Nexus 5Xのbootloaderのパッチを当てるために用意したものはこちら。

・PC(Windows 10):Platform-Tools導入済み
・Nexus 5X本体:OEMロックの解除を有効済み
・microUSB Type-C to USBケーブル

PCにPlatform-Toolsを導入する方法については以下の記事をご参照のこと。

ドライバも必要ですがNexus 5Xをつなげば自動でインストールされるはず。

ドライバの手動インストールが必要な場合はGoogle USB ドライバを入手する | Android Studioからダウンロード。

0-1.Nexus 5Xの状態

・Nexus 5Xがブートループ(Googleのロゴが何回も再表示され起動できない)状態
・開発者オプションより『OEMロック解除を有効にする』にチェックを入れている
・bootloader(音量↓+電源長押し)は起動できる
・fastbootコマンドを受け付ける

こういった状況であればブートループを改善できる可能性があります。

 

1.Nexus 5Xのブートループを改善する手順

1-1.必要ファイルをダウンロード

まずはNexus 5Xのbootloaderのパッチファイルをダウンロードします。

https://www.xda-developers.com/nexus-5x-bootloop-fix-boot-phone/

にアクセスし『N2G47Z_4Cores.img』というリンクをクリック。

f:id:ahiru8usagi:20170921063813p:plain

 

ファイルを保管しているdropboxが開くので、『ダウンロード』→『直接ダウンロード』と順にクリックします。

f:id:ahiru8usagi:20170921063841p:plain

 

適当な場所に保存します。

f:id:ahiru8usagi:20170921063932p:plain

 

『N2G47Z_4Cores.img』のダウンロードが完了したら、『切り取り』もしくは『コピー』します。

f:id:ahiru8usagi:20170921061345p:plain

 

Platform-Toolsのフォルダ直下に『N2G47Z_4Cores.img』を貼り付けします。

f:id:ahiru8usagi:20170921061356p:plain

以上で必要なファイルの用意ができました。

1-2.コマンドでパッチファイルを当てる

Platform-Toolsのフォルダのアドレス欄で『cmd』と入力し『Enter』キーを押します。コマンドプロンプトが起動します。※Windows 10では右クリックをしてもWindowsPowerShellしか起動できないため

f:id:ahiru8usagi:20170921061415p:plain

 

Nexus 5Xの方は『電源ボタン』+『音量↓』を同時押ししてbootloader(ドロイド君のお腹が開いた画面)を起動しておきます。

f:id:ahiru8usagi:20170921061447j:plain

 

この状態でUSBケーブルをつないでおきましょう。

f:id:ahiru8usagi:20170921061506j:plain

 

ではコマンドを入力していきます。

まずは、

fastboot devices

と入力。

f:id:ahiru8usagi:20170921061526p:plain

端末のシリアル番号が表示されたら接続がうまくいっています。この要領で以下3つのコマンドを入力していきます。

fastboot flashing unlock
※ブートローダーをアンロック※端末内のファイルがすべて消去されます

fastboot flash boot N2G47Z_4Cores.img
※ブートローダーにパッチ(N2G47Z_Cores.img)を当てる

fastboot reboot
※ブートローダーを再起動

以上、うまくいけばNexus 5Xが勝手に再起動することなく、普通に起動するようになります。

 

2.失敗したパターン

ちなみにブートローダーをアンロックしようと(fastboot flashing unlockを入力)したら

FAILED (remote: oem unlock is not allowed)
※失敗(OEMロック解除が許可されていません)

f:id:ahiru8usagi:20170921065059p:plain

と表示された場合、そのあとのコマンドも受け付けてくれないのでパッチを当てることが不可能となります。

これはNexus 5X起動後の『設定』→『開発者向けオプション』→『OEMロック解除を有効にする』にチェックをいれていないため発生するエラーです。すなわちブートループが慢性的に発生してしまった場合はこのパッチを当てることができなくなります。

Nexus 5X電源を何度も押して、たまたま起動したときは『OEMロック解除を有効にする』にチェックを入れておき、データのバックアップをとりましょう。

起動しない場合や端末内のファイルを消したくない

「どうしてもNexus 5Xが起動しない」場合や「ブートローダーロック解除でスマホのファイルを消したくない」場合、あと私の場合の「OEMロック解除を有効にしていたにもかかわらずFAILED…と表示されてしまった」といったときは、最終手段があります。

Nexus 5Xのマザーボードをオーブンにかけることで一時的な起動に成功しました。その後fastbootコマンドも受け付けるようになりました。

 

おわりに

同症状は海外サイトでも広く知れ渡っており、Nexus 5Xに搭載されているチップ『Qualcomm Snapdragon 808』がブートループの原因になっていると言われています。当記事の方法はXDAの有志が開発したパッチを当てることにより改善を試みたものになります。

私の場合はパッチを受け付けない状態になっていたため、オーブンにかけてみたら起動。その後データのバックアップを取りました。そのあとまた急にシャットダウンしブートループが再発したので、bootloaderのパッチを当て、Android 8.0→7.1.2にダウングレードしたところで再び起動を確認できています。

再発の可能性もあるので、うまく端末内のデータを残しつつ起動に成功した場合は速やかにバックアップを取ることをおすすめします。特にGoogleの2段階認証アプリとか。