あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、Windows10 etc...お得情報やHow toブログ

NetlifyとGitHubでHello Worldを表示するまでの流れ

スポンサーリンク

この記事では、GithubとNetlifyを連携し”Hello World”(HTMLファイル)を表示させるまでの流れを案内します。

前準備

  • Githubアカウントあり
  • HTMLファイル入りのリポジトリを作っている(PrivateでもOK)

状態から始めます。

 

NetlifyでHello Worldを表示するまでの流れ

Netlifyの公式サイトにアクセスします。

https://www.netlify.com/

『Get started for free』をクリック。

Netlify、アカウント作成

 

最初はNetlifyのアカウント作成します。 今回はGithubアカウントを使用。

Netlify、GitHubログイン

 

『Authorize netlify』をクリックすればNetlifyアカウント作成完了です。

GitHub、Netlify、Auth

 

『Next』をクリック。

Netlify、Next

 

『New site from Git』をクリック。 

Netlify、NewSite

 

『GitHub』をクリック。

Netlify、GitHub使用

 

再びGitHubの認証画面が開くので『Authorize Netlify by Netlify』をクリック。

GitHub、Netlify、認証

 

『Only select repositories』の『Select repositories』をクリック。

Netlify、GitHubリポジトリ

 

GitHubに保存しているリポジトリが表示されるので選択します。

Netlify、GitHubリポジトリ選択

 

『Install』をクリック。

Netlify、Githubリポジトリ、インストール

 

先程選択したリポジトリがNetlify上に表示されるのでクリック。

Netlify、リポジトリ選択

 

OwnerやBranch to deploy、Build commandなどの設定はあとで変更できます。

『Deploy site』をクリック。

Netlify、サイトデプロイ 

 

以上でもうサイトができました。

画面左上をクリックしてみましょう。

Netlify、デプロイ完了、サイト閲覧

 

"Hello World"と表示されました。

Netlify、HelloWorld

 

サイトを更新したい場合は、GitHubのリポジトリにPushするだけで、自動でNetlifyに反映されます。

Netlify、GitHub Push、反映

 

ドメイン名は『Site settings』→『Change site name』から可能です。

Netlify、Site Settings

Netlify、ChangeSiteName

 

カスタムドメインは設定画面の『Domain management』→『Domains』→『Add custom domain』から可能。

Netlify、CustomDomain

 

以上、NetlifyでHello Worldを表示するまでの流れでした。

おわりに

これ無料で使えていいの?ってくらい便利なNetlifyでした。

最初からHTTPSにも対応しているので、Lighthouseの指示に従ってタグとmanifest.jsonとService Wokerを追加し、オール100スコアをゲットして遊んでみました。

Lighthouse、Max Score

 

Puch通知以外を実装してMicrosoft PWA Builder 2.0のスコアは95点にしてみました。PWA対応Webサイト/SPAの雛形としてつくっておくと便利そうです。

Micosoft、PWA Builder 2.0