And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

ベーシックインカムは日本で導入できるのか?財源を簡単に試算してみた

スポンサーリンク

ニュースやTVで度々話題にのぼっては消えていくベーシックインカム(略称:BI)ですが、月○○万円の現金を全国民に無条件で支給するということは実際に可能なのでしょうか。そこで今回は、財源の試算を簡単にやってみたいとおもいます。(とはいえ筆者は専門家じゃないのでシムシティのゲーム実況を見るくらいの感じで読んでいただければと思います。)

ベーシックインカムとは?

政府が国民の生活を最低限保障するため、年齢・性別等に関係なく、一律で現金を給付する仕組みのことです。

目次

1.公務員給与と社会保障給付費
2.ベーシックインカム財源試算
パターン①:公務員の人員はそのままで社会保障給付費は医療費のみに。
パターン②:公務員の行政職員を二分の一に。社会保障給付費は医療費のみに。
パターン③:公務員の行政職員を二分の一に。社会保障給付費は年金と生活保護のみカット。
3.結論:月4~6万円くらいなら税収そのままで導入できそう

1.公務員給与と社会保障給付費

ベーシックインカムを導入すると年金や生活保護を一本化することができ、それらに関る仕事をしていた公務員は削減できるので、まず現在の①公務員給与と②社会保障給付費③日本の人口を確認しておきたいと思います。

①地方+国家公務員の給与(2015年度)は27兆4000億円
②社会保障給付費(2014年度)は115兆2000億円
③日本の人口(2013年度)は1億2730万人

 

f:id:ahiru8usagi:20160216082200j:plain

source:https://www.mof.go.jp/budget/fiscal_condition/related_data/201503/201503_kakuron10.pdf

 

f:id:ahiru8usagi:20160216102413j:plain

source:http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/shakaihoshou/dl/05.pdf
source:https://www.google.co.jp/publicdata/explore?ds=d5bncppjof8f9_&met_y=sp_pop_totl&idim=country:JPN:RUS:CAN&hl=ja&dl=ja

 

それではこれらの財源をベーシックインカムに割り当てていきたいと思います。 

2.ベーシックインカム財源試算

パターン①:公務員の人員はそのままで社会保障給付費は医療費のみに。

一番導入しやすそうなパターン。人員そのままで年金・生活保護・福祉・介護などをカットする。この場合だと、

f:id:ahiru8usagi:20160216125635j:plain

年間約78兆円の財源を確保できるので、国民一人あたり毎月5万1191円のベーシックインカムを支給することができます。

・78兆円 ÷ (1億2730万人 × 12ヶ月) = 5万1191円

あれ、今の財源でやりくりできちゃった?

毎月5万円で生活は難しいので、最低でもバイトで10万円ちょっと稼げばやっていけそうですね。

 

パターン②:公務員の行政職員を二分の一に。社会保障給付費は医療費のみに。

今度は行政職員の半分にフリーランスになってもらって、社会保障は先ほどと同じく医療費のみにするパターン。

f:id:ahiru8usagi:20160216125646j:plain

年間83兆円の財源確保!国民一人あたり毎月5万4466円支給できます。

・83兆円 ÷ (1億2730万人 × 12ヶ月) = 5万4466円

さきほどよりも3,000円ほどアップしました。人員削減よりも社会保障給付費削減の方が効果が大きそうですね。

パターン③:公務員の行政職員を二分の一に。社会保障給付費は年金と生活保護のみカット。

今度は行政職員を減らしつつ、不平等感の出やすい年金と生活保護費のみをカットするという先ほどより社会保障がちょっと手厚いパターン。生活保護費は3兆7000億円で試算。(source)この場合だと、

f:id:ahiru8usagi:20160216125655j:plain

年間64兆円の財源確保。この場合は一人あたり毎月4万2356円の支給。

・64兆円 ÷ (1億2730万人 × 12ヶ月) = 4万2356円

これでも結構もらえるのでやはり年金(56兆円)の占める割合はかなり大きいようです。

 

3.結論:月4~6万円くらいなら税収そのままで導入できそう

以上より一人あたり月4~6万円なら増税せずにベーシックインカムが導入できそうですね。4~6万円以上の年金か生活保護をもらっている人以外はベーシックインカムの方が得しそうな気がしますが、投票者は前者の方が多いのでしょうか。

 

おわりに

ベーシックインカム導入により国全体の労働力が低下するのではないかという意見もありますが、私的にはテクノロジーが発展した現代においてそんな全員が全員働く必要はなくなっているのではないかと思う派です。食料の生産も効率化されていますし、衣服も住居も余っている、分ければ足りる。お金が必要だから必要のない余計な仕事を作って働いてるだけなんじゃないかとね。

オランダの都市・ユトレヒトでは試験的にベーシックインカムの導入がはじまっており、フィンランドやスイスでも導入を検討しているとのことなので、今後この流れが波及するといいなぁ、と個人的にはおもってたりします。好きなことだけしてていい社会なんてロマンスがありあまる

© 2014 And Reframing Things