あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、Windows etc...お得情報やHow toブログ

Pixel 7 Proのフィルム『NEOFLEX (Spigen)』をレビュー

スポンサーリンク

iPhoneケースなどで有名なメーカー『Spigen』が販売するフィルム『NEOFLEXフィルム』をPixel 7 Proに貼ってみました。

NEOFLEX for Pixel 7 Pro、貼付後

Spigen NEOFLEXフィルム
Pixel 7 Pro用
 

結論としては、

  • 貼付け難易度:★★★☆☆
  • 水張りキット同梱で綺麗に貼りやすい
  • ほこりの混入を防ぐのが難しい
  • グレアタイプで透明感あり
  • 指紋の跡は残りやすい
  • 指紋認証の精度は変わりなし
  • フィルムがディスプレイに対して少し小さくフチが3mm程度露出

といった感じです。それではレビューいってみましょう。

NEOFLEX (for Pixel 7 Pro)

NEOFLEXの外箱です。

NEOFLEX for Pixel 7 Pro、外箱

 

以下のものが同梱されています。

NEOFLEX for Pixel 7 Pro、中身

  • フィルム(グレアタイプ)×2
  • 貼付け方の説明書(URL)
  • クロス
  • ホコリ取り用シール×2
  • 霧吹き
  • ヘラ

Spigenのサイトで水張りのやり方の動画があるので、先に動画を見ておくとスムーズに貼れます。

https://install.spigen.com/

Pixel 7 Proに貼り付けてみた感想

シールと本体に霧吹きで水をかけて、水張りしてみた直後の画像がこちら。

NEOFLEX for Pixel 7 Pro、貼付後

水張りだと貼り直して位置調整ができるので、かなり正確に貼り付けることができました。

フィルム内にホコリは2箇所ほど混入してしまいました。(その他の部分はフィルム外側のホコリなど)

NEOFLEX for Pixel 7 Pro、ホコリ混入

インカメラ周辺は何度も微調整したりしていたのでホコリが混入してしまいましたが、その他の部分はかなり綺麗な仕上がりとなりました。ホコリを完全に防ぐには湯気だったお風呂場など湿気があるところでフィルム貼りをしたほうがよいかと思います。

NEOFLEXのフィルムはPixel 7 Proのディスプレイに対してサイズが少し小さく、フチが3mm程度露出します。※あれ、動画でみたフィルムとサイズ感違くない?w

NEOFLEX for Pixel 7 Pro、角、干渉なし

フィルムのサイズが少し小さいので、ケースと干渉して浮き上がることは無いのですが、これは好みが分かれそうです。

PDA工房の『Flexible Matte Shield』フィルムはディスプレイぴったりサイズでしたが、うまく貼らないとケースと干渉します。

Flexible Matte for Pixel 7 Pro、角、干渉あり
※これはFlexible Matte Shieldの画像です

NEOFLEX(Pixel 7 Pro用)の評価

  • ★★★☆☆(星3つ)

メリット

水張りキット同梱でフィルムが2枚入っており、貼付け動画まで用意してくれているので、フィルム貼りが苦手な人でも綺麗に貼れるよう工夫してくれているところが高評価。エッジディスプレイでも比較的綺麗に貼れます。また、グレアタイプでディスプレイがクリアに見えて、指紋認証の精度が変わらないところも◎。フィルム選びに迷ったときはとりあえずNEOFLEXを選んでおけば確実かも。

デメリット

アンチグレア(低反射)タイプが好きな人はそっちを買った方がいいです。あと、NEOFLEXは指紋の跡が若干残りやすいところは低評価。また、フィルムのサイズがディスプレイに対し小さくフチが露出するため、ディスプレイをなるべく全て覆ってしまいたい場合は他のフィルムを選んだ方がよいです。

おわりに

わりと綺麗に貼れて満足なNEOFLEXでした。いろんなフィルムを何度も試すのが面倒な人にNEOFLEXはおすすめできるかと思います。

Spigen NEOFLEXフィルム
Pixel 7 Pro用