あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、Windows etc...お得情報やHow toブログ

2023年から電話番号のMNPが楽になるかも?【MNP乗換ワンストップ化】

スポンサーリンク

一例として、docomoからSoftbankに電話番号そのままで移行するときは、docomoで『MNP予約番号』なるものを発行し、Softbankの契約のときに『MNP予約番号』を伝える(あるいはWebフォームに入力する)といった流れになります。

回線契約をしているキャリアがどこであれ電話番号そのままで他社に移行(MNP)する場合、上記例のように面倒な手間がかかるのが2022年4月現在の状況です。しかし、2023年からMNPの手間が簡潔になるかもしれません。

総務省が『MNPワンストップ化』を各キャリアで導入するよう働きかけています。内容をみていきましょう。

MNPワンストップ化、イメージ

MNP乗換ワンストップ化の導入について

内容は総務省の資料を基にしています。

検討状況

MNPワンストップ、ワンストップ化の検討状況

検討状況の資料から、MNP乗換ワンストップ制度がどのような仕組みになるかの大まかな内容がわかります。

  • 令和3年5月から2年以内(2023年5月以内)に実施
  • 1つの窓口で、移転元契約の解除、移転先への契約申込み、回線切替えが完結する仕組み
  • Web手続きを優先して検討(構築)
  • 当分の間ツーストップ式と併存

MVNO(格安simの業者)はすぐにワンストップの環境に対応できない業者もあることに配慮して、しばらくは『ツーストップ式』(現在のMNP予約番号を発行する方式)は併存させる模様です。

ワンストップフローのイメージ

ワンストップのMNPの流れをイメージできます。

MNPワンストップ、ワンストップフローのイメージ

MNP乗換ワンストップは以下のような流れでMNPできそうです。

  • 新しいキャリアのWebページのSIMカード契約画面を開く
  • →途中で今契約しているキャリアのHPに遷移してログインする
  • →色々注意事項の画面が出てまた新しいキャリアのHPが表示される
  • そのまま進めば手続き完了

こんなイメージかと思います。

事前にMNP予約番号を発行しなくていいので楽ですね。

MNP乗換ワンストップ化のスケジュール

3枚目の資料でスケジュールが確認できます。

MNPワンストップ、想定スケジュール

試験運転・運用開始は最短でも2023年4月~。

おわりに

MNPを簡素化することで、各キャリアがMNP転出の引き止めをするのを防ぎたいのが総務省の狙いのようです。

スマホはMNPを条件として割引を大きくするショップが多いですが、このMNP乗換ワンストップの制度がこれを助長するのか、それとも阻害するのか、あるいは影響なしか、気になるところですね。