あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、ふるさと納税etc...お得情報やHow toブログ

【9/30迄】ひかりTVショッピング最大12000ポイントクーポン使用でお得に買えるスマホのコスパ一覧表

スポンサーリンク

ひかりTVショッピングのメルマガにてお得なクーポン配布中です。スマホ購入時にクーポンを使うことで2000~12000円分のぷららポイントをもらえます。使用期限は9/30 23:59まで。

2017/9/30は土曜日なのでdケータイ払いプラスで決済すると『毎週おトクなd曜日』キャンペーンが適用。dポイントも5倍もらえます。

f:id:ahiru8usagi:20170930155647j:plain

目次

1.クーポン対象機種と実質価格 一覧

2.Amazon参考価格とコスパ

3.対象機種のピックアップ

3-1.CAT S40

3-2.Moto Z2 Play

3-3.ZenFone 3 Ultra

1.クーポン対象機種と実質価格 一覧

ひかりTVショッピングのクーポンの対象となっているスマホをまとめてみました。クーポン適用とぷららの購入ポイント、dポイントを差し引いた価格を実質価格としています。

端末 販売価格 クーポン ぷららポイント dポイント 実質価格
Mate 9 ¥51,800 12,000 6,216 2,590 ¥30,994
Mate 9 ¥51,800 12,000 6,216 2,590 ¥30,994
Mate 9 ¥51,800 12,000 6,216 2,590 ¥30,994
ZenFone 3 Ultra ¥46,630 12,000 0 2,330 ¥32,300
CAT S40 - ¥29,800 7,000 0 1,490 ¥21,310
Moto Z2 Play ¥54,060 7,000 8,100 2,700 ¥36,260
Nova 薔薇 ¥29,800 5,000 2,980 1,490 ¥20,330
Nova ¥31,093 5,000 3,100 1,550 ¥21,443
ARROWS M04 ¥31,980 2,000 3,190 1,595 ¥25,195
ARROWS M04 ¥31,980 2,000 3,190 1,595 ¥25,195

Mate 9なんかは合計2万円分くらいのポイントがつくのでかなりお買い得感あります。

ZenFone 3 UltraとMoto Z2 Playもポイント付与が大きく良機種なのでコスパ高め。

 

2.Amazon参考価格とコスパ

次にスマホの性能を測るアプリ『Antutuベンチマーク』のスコアを表にしてみました。「Antutuスコア÷実質価格」を算出することで性能対費用(コスパ)の高い機種を見分けようという目論見です。※Amazonの新品価格も参考までに記載。2017/9/30時点価格。同色の新品が販売されていなかった場合は別の色の価格を参考。※Antutuスコアは目安としてご照覧ください。

端末 Amazon参考価格 実質価格 Antutuスコア コスパ
Mate 9 ¥57,542 ¥30,994 138686 4.47
Mate 9 ¥54,797 ¥30,994 138686 4.47
Mate 9 ¥48,798 ¥30,994 138686 4.47
ZenFone 3 Ultra ¥47,500 ¥32,300 73500 2.27
CAT S40 - ¥28,800 ¥21,310 22000 1.03
Moto Z2 Play ¥49,378 ¥36,260 66427 1.83
Nova 薔薇 ¥28,240 ¥20,330 60000 2.95
Nova ¥28,240 ¥21,443 60000 2.79
ARROWS M04 ¥32,206 ¥25,195 27120 1.07
ARROWS M04 ¥32,206 ¥25,195 27120 1.07

Mate 9がコスパかなり高め。次いでHuawei NovaやZenFone 3 Ultraが性能対費用良好となりました。Antutuスコアは私的には40000点以上あればストレスなく使えるのでその点においてもこれらの機種がおすすめできると思っています。

 

3.対象機種のピックアップ

今回のクーポン対象機種で気になった機種をちょっとだけ解説。

3-1.CAT S40

日本の『オンキヨー&パイオニア株式会社』が発売しているタフネススマホ『CAT S40』(スペック詳細 | メーカーページ)。「高さ1.8mからコンクリートへの落下試験をクリア」「水深1mに60分浸しても起動可能な防水性能」「粉塵の侵入が完全に防護されている防塵性能」という触れ込みどおり非常にタフなデキ。

過酷な環境下でスマホを使う機会があるなら試してみたい一品。しかしハードの出来がよくてもAntutuスコアは2万点台なのでスペック不足で快適に使えないかも。

3-2.Moto Z2 Play

Lenovoがモトローラ社を買収して生まれたスマホブランド『Moto』シリーズ。Moto Z2 Playは『Moto Mods』と呼ばれる拡張デバイスを装着して機能/性能を追加できます。ズームカメラを装着すると10倍光学ズームをしたりできるみたいですが、この付属品だけで28,894円。高い。

デジカメみたいに使えてもAndroid端末なのでGoogleフォトに自動でアップロードできるところは快適。あとプリインストールアプリ少な目でsimスロット×2とmicro SDカードスロットが別々なところもよいです。

3-3.ZenFone 3 Ultra

ZenFone 3 Ultraは画面の大きいスマホ、いわゆるファブレット(smartPHone + tABLET)です。使い勝手とか最初の設定ってこんな感じ。

画面が大きいのでググるときはとても見やすいです。ただその分文字入力はしにくくなるのでやっぱりメインで使うスマホは5インチちょっとくらいがベストかなぁと。

おわりに

2017年9月にNexus 5Xが急死したので(笑)新しくメインで使うAndroid端末を探し中です。Mate 9がコスパ高くていい感じだったので購入するかどうか迷ってます。迷ってる理由は10月に発売されるGoogle Pixel 2がほしいため。

新しいスマホを探している場合は【ひかりTVショッピング】 ご参考あれ。