あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、Windows etc...お得情報やHow toブログ

【クーポンあり】SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSレビュー【一万円以下ワイヤレスイヤホン】

スポンサーリンク

イヤホンやヘッドセットを主に製造・販売する『Soundpeats』が2022年10月22日に発売した完全ワイヤレスイヤホン『SOUNDPEATS Air 3 Deluxe HS』を提供していただいたのでレビューします。

似たような名前の製品が4種類ありますが、今回レビューするのは4つ目のDeluxe HSです。

Deluxeの名を冠する製品はLDAC対応です。定価は7,180円。2022/11/06 00:01 ~ 2022/11/13 23:59まではクーポン使用で5%オフで購入できます。

  • クーポンコード:A3DHSBLG12

それでは製品レビューいってみましょう。

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSの外観・デザイン

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSの外箱はApple AirPodsと同じサイズ感。

Soundpeats Air 3 Deluxe HS、外箱、表Soundpeats Air 3 Deluxe HS、外箱、裏

 

中身は『本体』『説明書』『予備的解説の紙』の3つとシンプルな内容。

Soundpeats Air 3 Deluxe HS、中身

 

充電ケースの表・裏はこんなデザインでした。

Soundpeats Air 3 Deluxe HS、本体、表Soundpeats Air 3 Deluxe HS、本体、裏

黒字にゴールドのロゴで高級感を演出するデザイン。ただし価格なりの質感といった印象。

充電バッテリーに『マルチボタン』が搭載されており、長押しすると「白色に点滅」しペアリングモードになります。

Soundpeats Air 3 Deluxe HS、Earbuds、本体

Earbuds本体はインナーイヤー型で(AppleのAirPodsと同じく)装着しやすい形状。

イヤホンタップで簡単な操作も可能です。説明書に操作方法の記載あり。

Soundpeats Air 3 Deluxe HS、ボタン操作

 

また、アプリをインストールすることでイコライザーを調整できます。

SoundPeats
SoundPeats
開発元:yong yang
無料
posted withアプリーチ

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HSレビュー

装着して使ってみた感想は主に以下のとおり。

メリット

  • 軽い
  • 装着感良し
  • 運動中も付けていられる
  • バーピージャンプをしても耳から落ちない ※耳の形にもよると思いますが
  • 周辺の環境音が聞こえるため外で使っても危なくない
  • インナーイヤー型でこの価格帯のわりには高音質
  • ENC(Environment Noise Cancellation)ノイズキャンセリング搭載で、通話の声が届きやすい

デメリット

  • カナル型のイヤホンに比べ没入感は劣る
  • 高音域はシャリシャリ聞こえる
  • 高音域・低音域のボリュームが大きめに聞こえるドンシャリ型
  • (スピーカー側の)アクティブノイズキャンセリング機能はない
  • 音漏れは多少する

SOUNDPEATS Air3 Deluxe HS聴き比べ

『SOUNDPEATS Air 3 Deluxe HS』とSONYの『WF-1000XM4』でクラシック音楽の聴き比べをしてみました。選んだ曲は、

  • ドヴォルザーク新世界より
  • モーツァルト交響曲第40番
  • レクイエム第2曲「怒りの日」

の3曲。全てAmazon MusicのUltra HDの音源を選択。

ドヴォルザーク新世界より

SONY WF-1000XM4
  • 低音域から高音域まではっきり聞こえ、曲の盛り上がりがよくわかる
  • 弦楽器の主旋律も副旋律もよく聞こえる
  • ホルンとティンパニの迫力がレベチ
  • 音がクリアなため管楽器・弦楽器両方のリズムをよく感じ取れる
Air3 Deluxe HS
  • 全体的に音がシャリシャリした印象を受ける
  • 高音域がやや割れて聞こえるため迫力減

モーツァルト交響曲第40番

SONY WF-1000XM4
  • ヴァイオリンの音が聞こえやすくメロディを追いやすい
  • 小音量から大音量まで聞き取りやすい
Air3 Deluxe HS
  • 弦楽器の主旋律は聞こえやすいが、副旋律の弦楽器の音は聞こえづらい
  • 小音量の部分は聞き取りづらく、大音量だと若干音割れして聞こえる印象

レクイエム第2曲「怒りの日」

SONY WF-1000XM4
  • ヴァイオリンの音の粒もよく聞こえる
  • 全音域クリアに聞こえる
  • 没入感が高い
Air3 Deluxe HS
  • バスドラは強く聞こえるがティンパニは弱く聞こえる
  • 高音域と低音域が強めのドンシャリ
  • 合唱(歌声)も弱く聞こえる
  • 音量が大きくなると音が少し割れる印象

総合比較

SONYのWF-1000XM4は33,000円(2022年11月時点定価)でカナル型でANC対応なのに対し、SOUNDPEATS Air 3 Deluxe HSは定価7,180円でインナーイヤー型のANC非搭載なので、さすがに音質ではXM4に敵わないものの、1万円以下のイヤホンとしては十分よい音質といった印象です。

また、SOUNDPEATS Air 3 Deluxe HSの軽くて装着感がいいので、シチュエーションによってはこちらのほうが使い勝手がよいです。

SONY WF-1000XM4のデメリット
  • 遮音性が高すぎて車の存在に気が付きにくくなる
  • 耳を密閉するため長時間装着するのはしんどい
  • 運動をするときは若干重く煩わしく感じられる
Air3 Deluxe HSのメリット
  • 適度に周辺の雑音が聞こえるため、外でも使いやすい
  • インナーイヤー型で軽いため比較的長い時間装着していられる
  • 運動をするときも軽いので付け続けやすい

音楽そのものを楽しむならやはりSONYのWF-1000XM4などのANC搭載カナル型イヤホンがよいと思いますが、テレワークでのオンライン会議、運動をするとき、あまり雑音の大きくない外出先、などの場合だと、装着感のよいAir3 Deluxe HSのほうが使い勝手がよいです。何よりリーズナブルですしね。

おわりに

価格を勘案すると十分な音質のSOUNDPEATS Air 3 Deluxe HSでした。正直無印AirPodsを買うくらいならAir3 Deluxe HSのほうがいいんじゃないですか?と思います。

1万円以下のイヤホン候補にどうぞ。

  • クーポンコード:A3DHSBLG12