あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、Windows etc...お得情報やHow toブログ

Amazon 2021年秋発表の新製品 まとめ【astro/drone/Thermostat/EchoShow15/Glow/HaloView】

スポンサーリンク

Amazonの秋の製品発表イベント(2021年9月28日)で発表された新製品をまとめます。

※Amazon 2021/9/28のイベントの動画は以下にて。(1時間3分45秒)

Amazon 2021秋 新製品

Amazon Astro

発表された時点でAstroにできることはこんなこと。

  • Astroは、Alexaを搭載したホームセキュリティ(兼ペット)ロボットです。
  • カメラ内蔵、家をパトロールするようにプログラムできます。
  • ペリスコープを伸ばし、デスクの上など高い場所もチェックできます。
  • 一緒にダンスができます。
  • ビデオ通話をかけることができます。

離れた家族の見守りやホームセキュリティ、Alexaスキルの拡張に使えます。

数量限定で米国にて予約販売開始、999ドル。(日本発売日不明)

Ring Always Home Camera Drone

2018年にAmazonが買収したRing社(スマートドアホンや屋外セキュリティカメラ開発・販売)からドローンタイプのホームセキュリティカメラが出ました。

249ドルで米国のみ販売。(日本発売日不明)

Ring Alarm Pro

2019年にAmazonが買収したEero社(Wi-Fiルーター開発・販売)とRing社の技術を掛け合わせて作られたスマートホームセキュリティ監視システム『Ring Alarm Pro』。

  • Wi-Fi 6のルーター内蔵
  • 外出中侵入者がきたらアラームを鳴らしたり、といったことができます。
  • その他のRing社のデバイスと連携できます(窓センサー、スマートドアベル、屋外カメラなど)
  • 停電時、最大24時間稼働
  • 64GB SDカードスロットあり
  • 有料プラン『Protect Pro(月額20ドル・年額200ドル)』加入でセキュリティシステムを利用可能に。

249.99ドルで米国発売。(日本発売日不明)

Amazon Smart Thermostat

Amazon-Smart-Thermostat

AmazonとHoneywell社(電子制御システムや自動化機器の製造・販売)との協業により実現した『Amazon Smart Thermostat』。

  • HVAC(Heating, Ventilation, and Air Conditioning; 空調管理システム)です。
  • Alexa搭載。温度や湿度をユーザーの好みを学習し自動調整します。
  • 家から外出するときにエネルギーを節約してくれます。
  • 帰宅時の空調を自動で調整します。

60ドル(C-Wire付きで75ドル)で米国発売。(日本発売日未定)

Hey Disney!

Amazon-kids-plus_Hey-Disney

子供が楽しめるコンテンツを提供するAmazonのサブスク『Amazon Kids+』に、ディズニー社との提携により『hey! disney』が追加。

  • お気に入りのディズニーキャラクターと対話できる子供向けプラットフォーム。

Echo Show 15

Amazon-Echo-Show

Amazon Echo Showの最新モデル。

  • 15.6インチ、フルHDディスプレイ
  • Alexa搭載
  • 縦、横、どちら向きでも使える
  • 電話の発信が可能
  • Prime VideoやNetflix、Huluなど視聴可能
  • Ringホームセキュリティデバイスなどと連携可

日本では29,980円で予約販売開始。

Echo Show 15 | Amazon.co.jp

Amazon Glow

子供向けのビデオ通話+プロジェクターマットの『Amazon Glow』。子供とビデオ通話ができるように工夫されたデバイス。

  • 8インチディスプレイでビデオ通話可能
  • 子供と読書、描画、パズルなどゲームをしながら会話ができる
  • AmazonがDisneyやMattel、Sesame Workshop、Nickelodeonと協力、より多くのコンテンツをAmazon Glowに投入予定

米国にて250ドルで予約販売開始。(日本発売日不明)

Amazon Halo View

Amazon-Halo-View_Fitness-Tracker

Fitnessトラッカーの『Amazon Halo View』。Apple WatchやFitbit(Google)の競合品です。

  • 最大7日間のバッテリー寿命
  • 防水性あり。泳ぐことも可能。
  • 複数のバンドでデザイン交換可。
  • トレーニングビデオ『Halo Fitness』付属。※2021年終わり頃提供予定
  • 食事の計画やカロリー摂取量追跡『Halo Nutrition』提供予定。※2022年初め頃を予定

80ドルで提供開始。(日本発売日不明)

Blink-Video-Doorbell

Amazonが2017年に買収したBlink社(ワイヤレス対応のスマートホームセキュリティカメラなど製造・販売)から『Blink Video Doorbell』を発表。

  • ビデオ付きのドアベル
  • 1080HD
  • 配線なしの2年間バッテリー寿命
  • 電話にアラート送信機能

本体は50ドル。

互換性のある屋外照明『Blink Floodlight Camera』と太陽光充電『Solar Power Mount + Camera』も同時発売(2021年10月21日)。日本発売日不明。

 

おわりに

真新しい製品の開発に足踏みしているその他テック企業(Apple、Google、Microsoft)と比べ、Amazonは豊富な製品と新しい技術を発表しました。

2020年9月頃に『Alexa for Residential』を発表したAmazon。家をスマートホーム化し、不動産の管理を楽にし(事業者向け)およびホームデバイスのAlexaによる自動制御やアップグレード(居住者向け)をおこなってくれて、情報収集により管理費と賃貸費両方安くなるであろうという不動産業界大激震の同サービスですが、今回発表された製品類は米国向け、個人購入向けなので、Amazonのスマートホームに住めるのはもうちょっと先になりそうです。

自分で買い揃えるのも面倒なので早いところ家(部屋)ごと提供してほしいです。