あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、ふるさと納税etc...お得情報やHow toブログ

Twitter APIのKeyとAccess Tokenを取得するまでの手順

スポンサーリンク

この記事では、Twitter APIを使うときに必要な、

①Consumer Key (API Key)
②Consumer Secret (API Secret)
③Access Token
④Access Token Secret

を取得する方法シェアします。

f:id:ahiru8usagi:20180412202641p:plain

Twitter APIのキーとトークン取得の手順

Twitterにログインした状態で『Application Management』にアクセスします。

https://apps.twitter.com/

 

『Create New App』をクリック。

f:id:ahiru8usagi:20180412200504p:plain

 

以下4つの項目を埋めて『Create your Twitter application』をクリックします。

①Name:アプリケーションの名前(自由に設定)
②Description:アプリケーションの説明(自由に設定)
③Website:サイトのURLを入力(サイトやブログを持っていない場合は自分のTwitterのURLでもOK)
・Collback URL:OAuth認証後のコールバック先URL(空欄でもOK)
④Developer Agreement:開発者利用規約に同意

f:id:ahiru8usagi:20180412200520p:plain

 

Twitterアカウントに電話番号を登録していない場合はエラー画面になるので、SMS認証をおこなってからCreate New Appしましょう。

f:id:ahiru8usagi:20180412200538p:plain

ahiru8usagi.hatenablog.com

 

アプリケーションの作成が完了した時点でキーは確認できますが、別途アクセストークンを発行する必要があります。『Keys and Access Tokens』のタブを開き、画面下の『Create my access token』をクリックします。

f:id:ahiru8usagi:20180412200551p:plain

 

以上で、

①Consumer Key (API Key)
②Consumer Secret (API Secret)
③Access Token
④Access Token Secret

を取得することができました。

f:id:ahiru8usagi:20180412200605p:plain

※キーとトークンが流出すると悪用される恐れがあるので、必ず厳重に保管します。

環境変数ファイル(.env)などに保存しておきましょう。

おわりに

Twitter APIのキーとアクセストークンの取得の流れについてでした。