あんりふ!

スマホ、タブレット、PC、Amazon、Windows10 etc...お得情報やHow toブログ

Outlook.comでGmailをIMAP設定するまでの手順

スポンサーリンク

この記事では、Outlook.comでGmailをIMAP設定する手順を案内します。

前準備

GmailのIMAP機能を有効にしておく

GmailのIMAP機能を有効にしておきます。

無効の場合は、以下のGmailヘルプをご参照のこと。

他のメール プラットフォームで Gmail のメールをチェックする - Gmail ヘルプ

 

【2段階認証導入済みの場合】Gmailのアプリパスワードを発行しておく

Gmailアカウントに2段階認証を導入している場合は、そのままのパスワードではIMAP設定ができません。

Outlook.com設定用の『アプリパスワード』を発行しておきましょう。手順は以下のとおり。

まずはGoogleアカウントにログインし、

https://myaccount.google.com/

『セキュリティ』の『アプリパスワード』をクリックします。

Gmail、セキュリティ設定

 

『デバイスを選択』から『その他(名前を入力)』をクリック。

Gmail、アプリパスワード、デバイスの選択

 

デバイス名の入力画面になるので「Outlook.com」などわかりやすい名前をつけて『生成』をクリック。

Gmail、アプリパスワード、デバイス名

 

16桁のアプリパスワードが生成されます。この画面は開いたままにしておきましょう。

Gmail、アプリパスワード、発行

 

Outlook.comでGmailをIMAP設定するまでの手順

まずはOutlook.comにサインインします。

http://outlook.com/

画面右上の『設定マーク』から『Outlookのすべての設定を表示』をクリック。

Outlook.com、設定、全般

 

『メール』→『メールを同期』から『その他のメールアカウント』をクリック。

Outlook.com、他のメールアカウント

 

一番下の『アカウントを手動で構成する(POP、IMAP、または送信専用アカウント)』にチェックを入れて『OK』。

Outlook.com、IMAP設定

 

以下のような詳細設定画面が開くので、IMAP設定をしていきましょう。

Outlook.com、IMAP設定、Gmail

  • 表示名:(任意)
  • メールアドレス:Gmailのアドレス(例:xxxxx@gmail.com)
  • ユーザー名:Gmailのアドレス(例:xxxxx@gmail.com)
  • パスワード:Gmailアカウントで発行したアプリパスワード(例:aaaabbbbccccdddd)
  • メール保存場所の選択:(任意)
  • 接続の種類の設定:IMAP/SMTP接続の設定
  • 受信(IMAP)サーバー:imap.gmail.com
  • 受信サーバーのポート:993
  • 認証:Basic
  • 暗号化:SSL
  • 送信サーバーの選択:(任意)
  • 送信(SMTP)サーバー:smtp.gmail.com
  • 送信サーバーのポート:465

IMAP設定値 参考:https://support.google.com/mail/answer/7126229?hl=ja

全て入力できたら『OK』をクリック。

 

これでIMAP設定完了です。

Outlook.comの受信ボックスにGmailが追加されていることを確認しましょう。

Outlook.com、メールアカウント追加済

  • タグや子ディレクトリを作っている場合も反映されます。
  • IMAP設定であるため、受信/送信メール・既読などの情報は同期されます。
  • メール数が多い場合はメールの反映まで時間がかかる場合があります。
  • IMAP設定したGmailを使って自分にメールの送信をし、送信/受信できるかどうか確かめてみましょう(届くまで1分前後かかる場合があります)

おわりに

以上、Outlook.comでGmailをIMAP設定する手順でした。

2段階認証設定している場合はアプリパスワードを発行してIMAP設定していきましょう。

関連記事:

ahiru8usagi.hatenablog.com

ahiru8usagi.hatenablog.com