And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

MEW (MyEtherWallet)にEthereumを入金する方法!

スポンサーリンク

MEW (MyEtherWallet)で作成したEthereumウォレットにEthereumを入金する方法をシェアします。

MEWでウォレットを作成する方法については前回の記事をご参照のこと。

ahiru8usagi.hatenablog.com

目次

0.MEWにて入金アドレスをチェック

1.Ethereumを送金する手順

2.MEWの入金反映の確認

f:id:ahiru8usagi:20180118154847p:plain

0.MEWにて入金アドレスをチェック

MEWにEthereumを送金するためには、まずアドレスを確認しておきます。

MEWのView Wallet Infoからログインして確認しておきましょう。Your Addressと記載ある部分です。

f:id:ahiru8usagi:20180118150906p:plain

※アドレスとは銀行でいうところの口座番号みたいなものです。

1.Ethereumを送金する手順

MEWのアドレスを確認したら、そのアドレスにEthereumを送金します。

今回は国内取引所のZaifから送金してみました。

Zaifにログインしたら『アカウント』⇒『入出金と履歴』⇒『Ethereumのマーク』⇒『出金』と順に選択します。

f:id:ahiru8usagi:20180118150917p:plain

 

『出金アドレス』の入力欄に最初に確認した『MEWのEthereumのアドレス』を入力します。

f:id:ahiru8usagi:20180118150929p:plain

また『出金金額』に送金するETHの数量を入力。2段階認証を設定している場合は『2段階認証トークン(Google認証の番号)』を入力。

※アドレスを間違うと最悪の場合Ethereumが消失します。取引所の込み具合などの要因で送金が遅延する可能性もあるので、最初は少な目の金額で送金テストをした方がよいでしょう。
※「出金制限金額●●円を下回らない範囲でのみ出金することができます」と表示されている場合は、出金後の残高が日本円換算で●●円以上残る範囲でしか出金できませんので注意。

 

『出金』を選択すると「ETHの出金手続きを開始しました~~~」というメッセージが表示されます。

f:id:ahiru8usagi:20180118150948p:plain

 

先ほどの出金アドレス入力欄の下に出金履歴が表示されます。まずは「出金準備中」と表示されます。

f:id:ahiru8usagi:20180118151005p:plain

※各取引所ごとに出金の状態を確認できるフォームがあるので、そちらで出金の状態を確認しましょう。
ZaifのETH送金手数料は0.01ETHです(2018/1/18時点)。各取引所ごとに送金手数料は異なるので気になる場合は要ご確認(Binanceも0.01ETH [Fee Structure on Binance])。

 

しばらく待つと(2018年1月18日時点では15分ほど)出金完了のデータが表示されます。

f:id:ahiru8usagi:20180118151017p:plain

 

2.MEWの入金反映の確認

それでは再びMEWのView Wallet Infoにログインし、入金が反映されているか確認しましょう。

0.0ETH→0.1ETH

となっており、問題なく送金が完了していることがわかります。

f:id:ahiru8usagi:20180118151030p:plain

 

おわりに

Zaifの場合特に出金制限がかかっている可能性があるので注意。大きな価格変動があると日本円での出金が増えるでしょうから、国内小規模取引所の場合はある程度仕方がないとも捉えられます。

また送金先アドレスの入力ミスなどはないようご注意ください。

国内取引所:bitFlyer / Zaif / Coincheck
おすすめ海外取引所①:Binance(本社中国。通貨ペア最多、取引量世界No.1。仮想通貨取引をするなら必須の業者)
おすすめ海外取引所②:Cryptopia(本社ニュージーランド。草コインの取り扱い種類世界一。草コインを狙うなら必須となる業者)