And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

Windows10は7/29リリース!?WindowsPhoneと連携しよう!

スポンサーリンク

PCでWindowsを使っている人はタスクバーに現れたWindowsのマークが気になっていることでしょう。噂になっていたWindows10へのアップデートがついに予約開始となりました。実際にアップデートできるのは2015/7/29。どんなOSになるのか楽しみのような怖いような気分ですね。

f:id:ahiru8usagi:20150604211633j:plain

1.Windows10予約手順!?

2.合わせてWindowsPhoneを手に入れよう!?

3.microsoftの業績!?

 

1.Windows10予約手順!?

・Windows10アップグレードへの不安

『Windows7・8・8.1のユーザーはWindows10がリリースされてから1年間は無料でアップグレードできる』と発表がありましたが、1年間だけ無料で2年目以降は料金がかかるのか、はたまた1年間の内にアップグレードしてしまえば永年無料で使用できるのか、謎であります。

また、新しいOSにはバグがつきもの。安定動作で使い慣れたOSを捨てるのは勇気がいるし、リスクが大きいと思います。

しかし「人柱上等!」。満を持してWindows10へのアップグレード予約を行ってみました。

・Windows10アップグレードの予約は、メアドを登録するだけ。

f:id:ahiru8usagi:20150604212106j:plain

Windows7・8・8.1ユーザーのタスクバーにはこのようなWindowsマークが出ているので、アップグレード予約をするにはクリックします。

するとこのような画面が。

f:id:ahiru8usagi:20150604212216j:plain

いろいろとWindows10の良さをプレゼンされる画面が次々と出てきます。画面を右に動かし続けると最終的に次の様な画面に。

f:id:ahiru8usagi:20150604211426j:plain

『無料アップグレードの予約』をクリックするとメアド登録画面に。メアド登録をすると、後日microsoftからメールが届きます。

f:id:ahiru8usagi:20150604212656j:plain

差出人は『Windows』となっていますね。

「おめでとうございます。Windows 10のご予約が成立しました」だ、そうです。

あとは7/29リリースを待ちましょう。

 

2.合わせてWindowsPhoneを手に入れよう!?

・WindowsPhone 8.1も無料アップグレードの対象!?

日本でも世界でも存在感のない『WindowsPhone』。

スマホの搭載OSといえば『Android』か『iOS』ですが、実はWindows搭載の『WindowsPhone』なるものも存在しています。この『WindowsPhone』もWindows10への無料アップグレードの対象になっているとのこと。

PCのWindows10などとの連携もしやすいので、新しいもの好きなら先に手に入れておきたいところである。

・日本国内のWindowsPhone!?

所有率5%以下という不遇のスマホ『WindowsPhone』。誰かが持っているのを見つけるのが大変という状況。実は日本でも3メーカー程から発売予定です。以下、国内WindowsPhoneのリスト。

製品名 MADOSMA Ninja DuraForce
メーカー マウスコンピューター freetel 京セラ
OS Windows Phone 8.1 Windows Phone 8.1 Windows Phone 8.1
CPU Snapdragon410 MSM8916
(クアッドコア / 1.2GHz)
(クアッドコア) Snapdragon 400
(クアッドコア / 1.2GHz)
メインメモリ 1GB(RAM) 1GB(RAM)  
内部ストレージ 8GB 8GB  
SDカード micro SD メモリーカード (16GB 同梱)    
バッテリー容量 2,300mAh 2,500mAh  
連続待受時間 460時間    
連続通話時間 9時間    
充電時間 3時間    
液晶 約5.0インチ 約5.0インチ 約4.5インチ
解像度 1280×720 1280×720 1280×720
方式 IPS 方式    
本体サイズ 142.8×70.4×8.4mm    
重量 125g    
3G/WCDMA Band 1 (2100MHz)・ Band 8 (900MHz)
Band 19 (800MHz、Band 6 を含む)
   
4G / LTE Band 1 (2100MHz)・Band 3 (1800MHz)
Band 19 (800MHz)/ CAT4
   
SIM スロット Micro SIM    
Bluetooth Bluetooth® V4.0 (EDR / A2DP 対応)    
無線 LAN IEEE 802.11 b/g/n 対応    
背面 800万画素 800万画素  
前面 200万画素 200万画素  
発売予定日 2015/6/18以降 2015年夏  

京セラのスマホは未発表部分が多いですが、概ねメモリ1GB(RAM)搭載のクアッドコアが主なようです。つまり「こいつ…動くぞ!」レベルの端末である。

WindowsPhoneの画面にはWindows8のスタート画面で見た四角いタイルが出てきます。

f:id:ahiru8usagi:20150604220707j:plain

(左:マウスコンピューター/中央:freetel/右:京セラ)

画面を見ると割りと使いやすそうでですね。PCのタッチパネル非対応端末だとやたら使いにくく不評だったスタート画面ですが、スマホだとこのデザイン、真価を発揮しそうです。

まだ1GB(RAM)メモリのWindowsPhoneしかリリースされないようなので、あまり購入意欲が湧きませんが、ちょっと使って見たい気もします。

 

3.microsoftの業績!?

スマホ業界ではAndroidとiOSの2強。モバイル分野ではWindowsRT(SurfaceとSurface2)が不振だったmicrosoft。PCのOSは現在もWindowsが主流といえどもWindows8で大ゴケしたmicrosoft。GoogleとAppleが存在感を増す中で、影を潜めているmicrosoft。ちゃんと儲かっているんでしょうか。IT大手企業の2015年1-3月期の業績表を引用。

(項目)GoogleYahoo!MicrosoftAppleAmazonFacebook
売上 172億5800万 12億2600万 217億2900万 580億1000万 134億600万 35億4300万
TACを除く売上 139億1300万 10億4300万        
純利益 35億8600万 2100万 49億8500万 135億6900万 △5700万 5億1200万
1株利益 5.20 0.02 0.61 2.33 △0.12 0.42

引用元:http://www.seoragnarok.com/blog/20150428163921.html

Appleの利益が飛び抜けて高い。なんと次点がmicrosoft。Office 365やAzure、Lumia、Surfaceなどで売上を伸ばしていたようです。それよりもAmazon赤字っていうのがきになる表ですね。

さすがのmicrosoft。モバイル分野で先行しているAndroidやiOSの牙城を崩せるとは思えませんが、未だPCのOSで高いシェア率を誇るWindows。このシェア率を利用してPCとの連携ができるという売り文句でWindowsPhoneの普及にmicrosoftが本気を出すとなると面白いことになりそうですね。

Windows10がWindows8やWindowsRTの二の舞いになったら次こそPCのOSは完全にUbuntuに切り替えます。ひとまずはWindows10リリース祭りを楽しみに待ちましょう。

 

まとめ

・Windows10は2015/7/29リリース!

・WindowsPhoneもWindows10へのアップデート対象

・WindowsPhoneを発売するメーカーが国内で現在3社(マウス・freetel・京セラ)

・microsoftは今だに儲かっている

 

関連記事:

© 2014 And Reframing Things