And Reframing Things

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

【ネタバレ】スターウォーズ エピソード1~6のバグ(矛盾点)まとめ

スポンサーリンク

エピソード4から公開された9部作からなる超大作SF映画スターウォーズ。現在エピソード7公開中だが、過去作品を見る場合どの順番で見たほうがよいだろう。一般的には映画公開順の4→5→6→1→2→3が良いとされています。その理由はエピソード順(1→2→3→4→5→6)に見るとストーリーの矛盾点に気づいてしまうから。スターウォーズは9部作という超大作であるため、話の整合性が取れなくなっている部分があります。そこで今回はスターウォーズをエピソード順に見てストーリーがよくわからなくなってしまった人向けに矛盾点をまとめておきたいと思います。【注意】ネタバレしてもいいという人以外は絶対に読まないでください。

目次 

1.エピソード4より:オビ=ワンがR2-D2を知らない素振りを見せる。

2.エピソード4より:ルークが生まれる前にオビ=ワンを名乗っていたと言う。

3.エピソード6より:レイアが母のことを覚えていると言う。

4.エピソード4~6より:最後あたりまでダースベイダーはレイアが娘だと気づかない。

5.エピソード4より:オーウェン・ラーズがC-3POのことを覚えていない。

6.エピソード3→4以降にかけてオビ=ワンとヨーダが老けすぎ。

7.エピソード4にて。ルークはなぜスカイウォーカーを名乗っていたのか(敵から隠す気はあるのか)。

8.エピソード2→3にかけて。アナキンの顔になぜいきなりキズがついていたのか。(映画の中で説明が無いぞ。)

9.最大の謎:アナキン・スカイウォーカーはどうやって生まれたのか。

 

1.エピソード4より:オビ=ワンがR2-D2を知らない素振りを見せる。

オビ=ワンとR2-D2はエピソード1の頃から面識があります。エピソード1にてオビ=ワンたちは惑星ナブーから宇宙船で脱出する際に敵艦隊の攻撃を被弾。そのとき損傷部を修理し、シールドを回復させた優秀なドロイドがR2-D2です。また、エピソード3でオビ=ワンはR2-D2に対して「敵の真ん中の赤い部分を狙え」と指示を出すシーンもあります。ところがエピソード4でオビ=ワンがR2-D2をみたとき「怖がらずにこっちにおいで」とまるで初めて会ったドロイドかのような対応を見せます。その後「(このドロイドを)もったことはない」と言うなど、終始オビ=ワンとR2-D2はお互いに初対面かのようなやり取りが続いていきます。エピソード順に見ると3を見たあとに4を見るので、記憶が新しい分余計に矛盾点に気づいてしまいます。

好意的解釈:R2-D2のことは知っているが、知っていることを話すことでルークに危険が及んでしまうということがないよう知らない演技をしていた(でもオビ=ワンがR2-D2に「怖がらずにこっちにおいで」といったときルークは気絶してたけど)。

 

2.エピソード4より:ルークが生まれる前にオビ=ワンを名乗っていたと言う。

R2-D2の記録再生により、オビ=ワン・ケノービという人名を知ったルーク。ケノービという姓がベン・ケノービと同じだったため、ルークはベンに直接「オビ=ワン・ケノービという人知ってる?」と聞くシーンがあります。それを聞いたベン(オビ=ワン)の反応がコチラ。

f:id:ahiru8usagi:20151226023321j:plainf:id:ahiru8usagi:20151226023338j:plain

「昔 オビ=ワンと名乗っていた」「君が生まれる前にね」というオシャレな回答をするベン(オビ=ワン)でした。それではエピソード3のルークとレイアの御産シーンを見てみましょう。オビ=ワンの名前を呼ぶルークとレイアの母・アミダラ女王。

f:id:ahiru8usagi:20151226023636j:plain

オビ=ワンと呼びかけたその先には・・・?

f:id:ahiru8usagi:20151226023737j:plain

抱いてるぅぅぅ~~~~!!オビ=ワンがルークのすぐ次に生まれた双子の妹レイアを抱いてるぅぅぅ~~~~!!

という訳でオビ=ワンがベンを名乗り始めたのはルークが生まれたです。なぜ嘘ついたし。

好意的解釈:ルークに真実を告げることで余計な危険が及ばないよう何かと嘘をつくようにしている(ちょっと無理がある)。

 

3.エピソード6より:レイアが母のことを覚えていると言う。

エピソード6の新デススター突入前のシーン。レイアが双子の妹だと知ったルークは直接母親のことを覚えているか聞いています。

f:id:ahiru8usagi:20151226025657j:plainf:id:ahiru8usagi:20151226025912j:plain

「君は覚えてる?本当のお母さんのことを」『少しだけ 小さい時に死んだから』と誠実に回答するレイア。それでは先ほどエピソード3のルークとレイア御産シーンをもう一度見てみましょう。レイアを抱きかかえていたオビ=ワン。

f:id:ahiru8usagi:20151226030136j:plain

二児を出産したアミダラ女王をもう一度見ると・・・?

f:id:ahiru8usagi:20151226030235j:plain

・・・・・・(ガクッ)・・・・・・死んでるぅぅぅ~~~!!!出産後すぐ力尽きてるぅぅぅ~~~~!!!

という訳でレイアと母が一緒にいたのはものすごく小さいときのごく一瞬です。本当に覚えているのであればレイアが物心ついたのは生後数秒です。

好意的解釈:レイアの育ての親であるオルデランのオーガナ夫人のことを覚えていると話した(でもルークは「覚えてる?『本当の』お母さんのことを」と聞いているし、それ以前にこのシリアスな場面でレイアが勘違い回答をしましたという意味のない展開がありうるのだろうか)。

 

4.エピソード4~6より:最後あたりまでダースベイダーはレイアが娘だと気づかない。

エピソード4でデススターの設計図を奪って逃走するレイア姫。彼女を捕まえ拷問にかけるダースベイダー。しかしお互いフォースを持つ身であるにも拘らずダースベイダーは目の前にいるレイアが娘だと気づかない。ルークに関しては宇宙空間を隔てた惑星(ホセ)にいても気づくことが出来るのに。結局ダースベイダーはエピソード6でフォースを使い、ルークの心を読むことで、レイアが娘であることを読み取ったのでした。そのときのダースベイダーさんの感想がコチラ。

f:id:ahiru8usagi:20151226032735j:plain

「オビ=ワンめ うまく隠したものだ」

娘を目の前にしても気づかないお茶目さと敵への賞賛を惜しまない高貴さ。そんなカリスマ性あふれるダースベイダーさんが大好きです。

好意的解釈:エピソード4当時のレイアのフォースは弱かった(しかし、「お前の家系は皆フォースが強いのだ。」エピソード5・ヨーダより)。

 

5.エピソード4より:オーウェン・ラーズがC-3POのことを覚えていない。

エピソード2でシミ・スカイウォーカーと結婚したと同時にC-3POも引き取ったはずであるオーウェン・ラーズ。しかしエピソード4で再びC-3POに出会ったときはそ知らぬ顔で「お前は通訳と式典用か?」などと聞く。C-3POはエピソード3で記憶が消されているので覚えていなくて正解ですがオーウェン・ラーズまで忘れているのはおかしい。

好意的解釈:C-3PO型のロボットは宇宙にたくさん存在しているので、昔一緒に暮らしたC-3POだと気づかなかった(だとしても式典用かどうかを聞くあたり)。

 

他にもこんなバグ(矛盾点)が。

6.エピソード3→4以降にかけて。オビ=ワンとヨーダが老けすぎ。

7.エピソード4にて。ルークはなぜスカイウォーカーを名乗っていたのか(敵から隠す気はあるのか)。

8.エピソード2→3にかけて。アナキンの顔になぜいきなりキズがついていたのか(映画の中で説明が無いぞ)。

 

そしてバグ(矛盾点)ではありませんが、最も大きな謎であるアナキン・スカイウォーカー出生の秘密について。

9.最大の謎:アナキン・スカイウォーカーはどうやって生まれたのか。

クワイガンがアナキンを発見した最初の日。アナキンの母、シミ・スカイウォーカーに「父親は?」と聞くと「自然に身ごもって産んだ子」と答えます。

f:id:ahiru8usagi:20151226041332j:plain

結局作中でアナキンの出生の秘密は明示されていません。また、遺伝以外でフォースを持つ者がどうやって生まれてくるのかも明示されていません。先のシミの話を聞いたクワイ=ガンは、アナキンが強いフォースを持つことから「創造主はミディ=クロリアンかと」と報告をしています。

f:id:ahiru8usagi:20151226041451j:plain

現在最も有力な説はダース・プレイガスがアナキン・スカイウォーカーを創ったというもの。エピソード3でのパルパティーン(ダース・シディアス)のセリフに「(ダース・プレイガスは)ミディ=クロリアンにフォースを用いて影響を与え--生命を--創造した」 というものがあります。

f:id:ahiru8usagi:20151226042750j:plain

f:id:ahiru8usagi:20151226042809j:plain

これをヒントにすると、ダース・プレイガスがミディ=クロリアンを用いてシミ・スカイウォーカーにアナキンを孕ませた、という仮説が出来ます。これが正しいとすれば、シミ・スカイウォーカーという『奴隷』を被験対象にしたことの説明がつきます。また、ダース・シディアスはナブー侵攻の黒幕でもあります。アナキンの存在を知っていたダース・シディアス(ないしは当時のシスのだれか)が、ジェダイたちにアナキンをスカウトさせるため、まず「フォースのバランスをもたらす者が生まれてくる」という予言を吹聴。次にナブー侵攻役としてアナキンのいる惑星タトゥーインに支配の及ばない通商連合を選択。彼らを惑星タトゥーインへわざと逃がす。そしてアナキンを予言の子としてジェダイ側に高い評価を与えつつ、暗黒面へといざなっていく、という陰謀だったと読むことができます。いずれにしても説明として自然になるかと思います。

別の説ではドゥークー伯爵が父親であるという説。これはエピソード2でドゥークー伯爵がアナキンの右腕を切って戦意喪失をさせるシーンとエピソード5でダースベイダーがルークの右腕を切って戦意喪失をさせるシーンが被っているため、両者は親子対決の暗示だとする説です。しかし、これではシミ・スカイウォーカーの自然にみごもったという発言の説明が不十分にはなります。

いずれの説にせよ明示はされていないので、憶測にすぎません。単なるミディ=クロリアンのきまぐれでもいいと思いますし。

 

まとめ

以上がスターウォーズの矛盾点でした。好意的解釈でもいいですし、超大作なので設定に無理が生じたと解釈することもできます。結構皆さん同じところでツッコむので疑問を共有できれば納得もできるかと。いずれにせよ創作物なので作中で語られることが全てと言ったところですかね。「ジョージ・ルーカスめ!うまく(真実を)隠したものだ!」

画像引用元:

スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス [DVD]
スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃 [DVD]
スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐 [DVD]
スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 リミテッド・エディション [DVD]
スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲 リミテッド・エディション [DVD]
スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション [DVD]

関連記事:

© 2014 And Reframing Things