And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

【simロック解除】softbankもsimロック解除は181日目から可能!?あと、他社(docomo/au)との比較

スポンサーリンク

ついに本日(5/19)、softbankからsimロック解除についての正式な発表がありました。

他社(docomo/au)と同様、購入日から181日目でSIMロック解除を受け付けるとのことです。対象となる端末は5/29に発売されるGalaxy S6 edge以降の全ての機種になるとこのこと。

また、Y!mobileの機種については、対象端末を発売日に告知するとか。

f:id:ahiru8usagi:20150519214148p:plain

1.softbankのSIMロック解除の概要まとめ

2.他社(docomo/au)との比較

おわりに

1.softbankのSIMロック解除の概要まとめ

まとめると以下のようになります。

対象機種:

2015年5月29日(Galaxy S6 edge)以降に発売された機種

利用期間:

購入日から180日の利用(購入日から181日目以降から可能)

※2015年4月迄に発売された機種は、購入日からSIMロック解除可能。

 (対象機種は、BLADE Q+、301F、201HW、009Z、008Z)

解約手数料:

2015年5月以降の機種→Webなら無料/店頭ならSIMロック解除手数料3,240円(税込)

2015年4月迄の機種→店頭のみ可、SIMロック解除手数料3,240円(税込)

解約済機種の場合:

解約後90日以内。

※解約済み端末のSIMロック解除は、契約者本人のみ可。

その他:

・安心遠隔ロックなど機能制限をするサービス利用の場合、このサービスを解除してからSIMロック解除という流れになる。

・故障・水濡れがあったらSIMロック解除不可。修理してからSIMロック解除できる。

・ネットワーク利用制限のあるものはSIMロック解除不可。

参考URL:http://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/

 

2.他社(docomo/au)との比較

3社ともほぼ同様の内容となっている模様。

●docomoの場合

利用期間:

180日

対象機種:

2015年5月以前の機種でも対象機種はSIMロック解除可。

解除手数料:

2015年5月以降の機種→Webなら無料/店頭・電話ならSIMロック解除手数料3,240円(税込)

※一部店頭や電話でも無料の場合も。詳しくは→2015年5月に発売された機種の手続き | お客様サポート | NTTドコモ

2015年4月迄の機種→ショップのみ対応、SIMロック解除手数料3,240円(税込)

*以前は対象機種が支払い済であれば、180日の縛りなしですぐにSIMロック解除できたdocomo。事実上の改悪です。

●au

利用期間:

180日

対象機種:

2015年5月以降発売の機種のみ。4月迄の機種は不可。

解除手数料:

Webなら無料/店頭ならSIMロック解除手数料3,240円(税込)

 

おわりに

docomoがこっそり改悪しているところが笑える結果となっています。

それにしても、以前の記事でも紹介した通り、SIMロック解除しても端末とキャリアの周波数が合わないと使えない可能性も出てくるので、SIMロック解除ってあんまり意味ない気もするんですよね。やはりキャリアと端末は揃えた方が、通信環境としては安定して使えると思います。

もしくは最初からSIMフリー端末買ったほうが無難ですね。

 

また、docomo系とau系のMVNO(格安SIM)は出ていますが、softbankのMVNO(格安SIM)は現在もないようです(Y!mobileが格安SIMという位置付けだが、SIMロックのかかっているsoftbank端末でY!mobileのSIMカードは使用不可)。

これを考えると、softbank端末は、Band1(周波数2.1GHz帯のこと)がdocomoの周波数帯と被っているので、SIMロック解除してdocomo系のSIMカードを挿せば使用できるかもしれない。3Gの通信方式もdocomoと同じW-CDMAなので、通話もできるかもしれない。が、保証ももちろんない。

softbank端末+docomo系格安SIMという人とは違ったスマホの運用をしたいのなら、SIMロック解除解禁となる181日目以降に試みることができるだろう。

© 2014 And Reframing Things