And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

【オススメ】格安sim比較の末、最も安いのはmineoに決定!?【2015年10月版】

スポンサーリンク

ついにmineoドコモプランを契約しました。現状(10月31日まで)調べうる限り格安simの中で最も料金が安く、通信品質(速度や安定性)も優れていというウワサだったのでmineoにしました。

料金の内訳や他社との比較を自分用のメモとして残しておきます。

f:id:ahiru8usagi:20151015010715j:plain

目次

1.データ専用プラン、docomo回線、3GBではmineo最安

2.mineo/Dプランの3GB、6ヶ月間の月額維持費108円(税込)、初期費用(最安)740円、契約解除料無料

2-1.月額維持費108円(税込)

2-2.初期費用(新規契約事務手数料など)は、ブロガーなら740円、一般なら1,600円

2-3.解約事務手数料無料

3.他社との比較

 

1.データ専用プラン、docomo回線、3GBではmineo最安

探していた格安simの条件としては、データ専用でdocomo回線、高速通信3GBくらいのもの。この条件で探すところ、毎月864円割引を10月31日まで行っているmineoのドコモプランが最も安いようです。

2.mineo/Dプランの3GB、6ヶ月間の月額維持費108円(税込)、初期費用(最安)740円、契約解除料無料

2-1.月額維持費108円(税込)

まずはmineoのDプラン(docomo回線のプラン)の料金がコチラ。

f:id:ahiru8usagi:20151014233307j:plain

3GB、データ通信のみで税込972円/月

そして、『ドコモ回線プラン スタート記念キャンペーン』より10月31日までの申し込みであれば、864円x6ヶ月分割引

f:id:ahiru8usagi:20151014234338j:plain

よって、972円-864円=108円(税込)/月

7ヶ月目からは割引がなくなり、972円(税込)/月となります。

参考:スマホの料金が今よりグッとオトクに!?【格安スマホはmineo】

2-2.初期費用(新規契約事務手数料など)は、ブロガーなら740円、一般なら1,600円

月額維持費108円(税込)/月の時点でだいぶ安いですが、通常だと新規契約1回線ごとに初期費用3,240円(税込)がかかります。これをもっと安くしちゃいましょう。

mineo Dプランの事務手数料一覧は下記のとおり。

f:id:ahiru8usagi:20151014235809j:plain

 ①ブロガーの場合(初期費用3,240円→740円)

ASP『A8.net』にて本人申込OKのmineo広告があるのでこれを自分のブログ/HPに貼り付けて申し込みをすれば2,500円の成果報酬がもらえます。

(↑こういうやつですね。) 

よって、

  新規契約事務手数料3,240円

-)成果報酬2,500円

--------------------------------------

 初期費用740円

 

・他のASPであればもっと成果報酬が高いところもあるかもしれません。

・振込手数料は計算にいれていませんが、他行あて3万円未満は540円です。

・A8.netでは報酬支払額を1,000円以上or5,000円以上を選択できるようになっています。mineoの本人申込だけで成果をもらう計画なら設定を1,000円以上で支払いに変更しましょう。

②エントリーコード使用の場合

ブログとかサイトとか持ってない、もしくは分給2,500円などいらぬ!という高額所得ブロガーさん向けのお得な申込方法はコチラ。

amazonで『mineoエントリーパッケージ』を買うことで新規契約事務手数料が0円になるエントリーコードをゲットすることができます。ただし、『mineoエントリーパッケージ』自体が972円かかるので、

 

  新規契約事務手数料3,240円

-)エントリーコード3,240円

+)mineoエントリーパッケージ972円

--------------------------------------

  初期費用972円

 

という結果になり、初期費用を740円 or 972円まで安くすることができます。

 

ASP広告とエントリーパッケージを併用すればむしろ+1,528円キャッシュバックじゃね?と思われるかもしれませんが、エントリーコード使用の場合、広告報酬の対象外となる旨が明記されています。

f:id:ahiru8usagi:20151015005540j:plain

あと、『同一人物からの複数申込』も対象外になるので、5回線同時に契約して、mineoの『複数回線割引▲50円』を使って維持費を安くしようとしても、初期費用が余計にかかるので結局は高くつきます。

f:id:ahiru8usagi:20151015005906j:plain

2-3.解約事務手数料無料

最近のトレンドでは格安simの解約事務手数料が0円となっています。mineoも例外ではなく解約時の違約金発生なし。(2-2の表参照)

ただし、音声通話(電話番号が付くタイプ)のsimカードの場合、12ヶ月以内にMNP転出をすると、12,420円(税込)の転出料がかかってしまうので注意。

よって、6ヶ月間使用してイマイチだったら解約することも可能ということに。

私の場合だとトータル費用1,388円(税込)で6ヶ月間3GBのdocomo系格安simが使えてしまうわけですね。(初期費用740円+108円×6ヶ月=1,388円)

ほぼノーリスクに近いです。

 

3.他社との比較

もはや比較の必要がないくらいの安さな訳ですが、一応その他キャンペーンも見ておきましょう。

○Biglobe(初期費用3,240円、維持費1,566円、3,000円キャッシュバック)

6GB(ライトSプラン)以上のプラン申し込み and 6ヶ月継続利用で3,000円キャッシュバック。6ヶ月間利用のトータル費用9,636円

○FREETEL(初期費用3,240円、維持費972円、10月31日まで322円で10GB)

『爆速体感キャンペーン』より10月31日までは322円(最低料金)で10GBまで高速通信を楽しむことができる。通常3GBまでの料金は972円/月。6ヶ月間利用のトータル費用8,422円。

○DMMモバイル(初期費用3,240円、維持費918円、利用料金の10%分のDMMポイントが毎月もらえる)

格安sim業界最安値のDMM。元々の料金は安いがキャンペーンが利用料金10%分のDMMポイントなので結果他社よりトータルコストが高くつく。6ヶ月間利用のトータル費用8,748円。ポイントを勘案するならトータル費用8,197円

 

と、あくまで一例ですが、mineoのキャンペーンを超えるところはないようです。格安スマホを同時に契約したい場合は、楽天モバイルがスマホ半額キャンペーンをたびたびやっているのでそのときが狙い目かもしれません。

 

おわりに

mineoの864円×6ヶ月間のキャンペーンは10月31日までの申し込みなので、格安simをお探しの方はこのキャンペーンに便乗しておくのが吉と思われます。「ご好評につきキャンペーン期間延長!」とかにならなければですが。

 

関連記事:

© 2014 And Reframing Things