And Reframing Things

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

無料でOfficeを使う!?Office互換ソフト(無料版のwordとかExcelとか)一覧

PC PC-ソフトウェア
スポンサーリンク

あらゆる企業で最も使われているであろうソフトウェア『Microsoft Office』。しかし、Officeの製品版を購入すると数万円の金額がかかるので、今回は自宅のPCにOffice製品が入っておらず、普段そんなめちゃくちゃWordやExcelを使い倒しているわけじゃないけど、ちょっとは使いたいのでPCにインストールしておきたい、という人向けに使えるOffice互換ソフト(無料で使えるOfficeに似たソフト)をまとめておきたいと思います。(最終更新日:2017/2/4)

f:id:ahiru8usagi:20150719201453j:plain

目次

1.Microsoft Officeのソフト一覧!?
2.MicrosoftOfficeパッケージ版の料金!?
3.Office互換ソフト一覧とシェア!?
4.無料で使える互換性Office!?
5.Chrome拡張機能で使えるOfficeアプリ!?

1.Microsoft Officeのソフト一覧!?

Office製品といえば『Word』や『Excel』、『PowerPoint』あたりが有名ですが、他にもいろいろソフトがあります。一応再確認。

①『Word』・・・文書作成ソフト

f:id:ahiru8usagi:20150719222652j:plain

ビジネス文書作成などに使用。年賀状や暑中見舞い、休業案内など紙文化の残る企業に多数FAXや郵送の必要がある場合は、差し込み文書が便利。でもExcelがあればWordはいらないという人もチラホラ。

②『Excel』・・・表計算ソフト

f:id:ahiru8usagi:20150719222700j:plain

四則演算はもちろん文書作成、売上管理、顧客管理、住所録作成、データ集計、簡易な統計解析などOfficeの中でも特によく使われるエクセル。VBAができると日々の業務を一部自動化できてさらに便利。

③『Outlook』・・・メールソフト

f:id:ahiru8usagi:20150719222707j:plain

メールの送受信や友人、仕事関係者の連絡先管理、予定表作成などに使用。しかしたまに脆弱性が発見されたりする。他社製で有名なメーラーといえば『Thunderbird』。

④『PowerPoint』・・・プレゼンテーション用ソフト

f:id:ahiru8usagi:20150719222715j:plain

パワポの愛称で知られる営業の方がよく使われるソフト。スクリーンとプロジェクターがあれば、作った資料のスライドショーを映し出せる。図形やアニメーションの設定も簡単。

⑤『OneNote』・・・情報収集・共有ソフト

f:id:ahiru8usagi:20150719222723j:plain

メモやメール、画像、ファイル、音声、手書き、スキャンなど簡単に保存・スクラップでき、いろんなデバイス(スマホなど)に共有もできるソフト。Windows 10にはプリインストールされているものの製品版とUIが若干違います。似たようなアプリとしてはevernoteやkeepが有名。

⑥『Publisher』・・・本格的でオシャレな文書が作成できるソフト

f:id:ahiru8usagi:20150719222732j:plain

パンフレットや雑誌、チケットなどを作成するには使えるかも。

⑦『Access』・・・データベース管理ソフト

f:id:ahiru8usagi:20150719222741j:plain

エクセルよりもさらにデータ管理に特化したソフト。少量のデータならExcelで管理してもいいかも。

参照:家庭向け Microsoft Office 製品のラインアップ

2.MicrosoftOfficeパッケージ版の料金!?

f:id:ahiru8usagi:20150719223024j:plain

主な2016年版個人向けOffice製品の料金、ライセンスの期間、インストールできる台数、使用できるソフトは以下のとおり。(全て税込表示)

WindowsPC向け

(1)Office 365 Solo:¥12,744[1年ライセンス/2台迄] / 上記①~⑦まで使える
(1')Office 365 Solo:¥1,274[1ヶ月ライセンス/2台迄] / 上記①~⑦まで使える
(2)Office Personal 2016:¥32,184[2台迄] / 上記①~③まで使える
(3)Office Home & Buisiness 2016:¥37,584[2台迄] / 上記①~⑤まで使える

Mac向け

(1)Office 365 Solo:¥12,744[1年ライセンス/2台迄] / 上記①~⑦まで使える
(1')Office 365 Solo:¥1,274[1ヶ月ライセンス/2台迄] / 上記①~⑦まで使える
(2)Office Home & Student 2016 for Mac:¥25,704[永続版/2台迄] / 上記①②④⑤が使える
(3)Office Home & Buisiness 2016 for Mac:¥37,584[永続版/2台迄] / 上記①~⑤まで使える

参考:Office - Microsoft Store 日本

*以前の料金のログ

2013年版*の料金(Windows)*2017/2/28サポート終了
(1)Office Personal2013:¥32,184 / 上記①~③まで使える
(2)Office Home & Business 2013:¥37,584 / 上記①~⑤まで使える
(3)Office Professional 2013:¥64,584 / 上記①~⑦まで使える
(Office 365 Solo:¥1,274月 / 上記①~⑦まで使える)
2011年版の料金(Mac)
(1)Office for Mac Home and Student 2011:¥18,360 / 上記①②④⑤が使える
(2)Office for Mac Home and Business 2011:¥35,640 / 上記①~⑤まで使える
(Office 365 Solo:¥1,274/月 / 上記①~⑦まで使える)

ということで、PCにOfficeインストールしてないけど、自宅でちょこっとエクセルいじりたいってときは、購入するとわりとお高い料金かかってしまいます。そんなときに使えるのが無料で使用できるOffice互換ソフト。

3.Office互換ソフト一覧とシェア!?

『Office互換ソフト』とはMicrosoft Officeに似せたソフトのことです。正規のOfficeで作成したファイルと『互換ソフト』で作成したファイルは相互に編集できますが、場合によってはレイアウトが崩れたりします。

互換ソフト一覧表

Office互換ソフトには無料で使えるものや有料のものがあり、調べてみる限り以下のようなものが見つかりました。

f:id:ahiru8usagi:20170204080751p:plain

参考:WPS Office(WPSオフィス)|キングソフトのオフィスソフトを30日間無料体験版ダウンロード
参考:カタログ|オフィス統合ソフト JUST Office 3[ジャストオフィス 3]
参考:Microsoft Officeと高い互換性を持つオフィスソフト「Thinkfree Office NEO」|ソースネクスト|ソースネクスト
参考:EIOffice MSオフィス2010対応版|製品情報|イーフロンティア

見つけたものだけで有料版5種・無料版2種・Webアプリ2種。こんなにあるんですね。『Word』『Excel』『PowerPoint』はどのOffice互換性ソフトでも使用可能のようです。

Office互換性ソフトのシェア

ちなみにOffice互換性ソフトのシェアは下のとおり。

f:id:ahiru8usagi:20150719214505j:plain

参照:ITpro会員100万人に聞く!ICT大調査 - Office互換ソフト利用者は35%、オープンソース製品がシェア1位と2位に:ITpro

『Apache OpenOffice』が一番人気。2位は『Libre Office』、3位に有料の『KINGSOFT Office』がランクインしています。

4.無料で使える互換性Office!?

無料で使える互換性Officeを簡単に紹介します。

Apache OpenOffice

f:id:ahiru8usagi:20150719215817j:plain

中古PCを買うとたまに入れてくれていたりする『Apache OpenOffice』。普通にExcelやWordの代替として使えます。が、関数の区切りが”,(カンマ)”ではなく";(セミコロン)"であったり微妙にmicrosoft officeと異なる記号の使い方に戸惑います。

Apache OpenOffice - Official Site - The Free and Open Productivity Suite

LibreOffice

f:id:ahiru8usagi:20150719215826j:plain

Linuxディストリビューションをインストールすると最初から入っていることがある『LibreOffice』。こちらもMicrosoftOfficeと似た操作感で使用できます。セル内での改行がAlt+EnterではなくCtrl+EnterであったりExcelと操作方法が異なる部分がありますが普通に使用できます。ただし、OpenOffice同様PowerPointの互換性ソフトImpressが若干使いづらく、Calc(Excel)で関数やマクロを組みまくるとエラーが出やすくなったりします。簡易な使用なら使いやすいので、無料版の最有力候補。

ホーム | LibreOffice - オフィススイートのルネサンス
関連記事:LibreOffice Calcのフォント全体を一括で変更/置換する方法!

WPS Office(KINGSOFT Office)

f:id:ahiru8usagi:20170204081948p:plain

有料版Office互換性ソフトで最も人気なKINGSOFT Office。後継版はWPS Officeに名称変更となりました。1ライセンス¥3,880~¥9,880と比較的安価なので中古PCなどにMicrosoft Officeの代わりとして付属していたりします。互換性もそれなりに評判〇。しかし、どうせなら本家MicrosoftOfficeを買ったほうがいいかもしません。また、KINGSOFT Office利用者は2017年9月30日迄ならWPS Officeに無料移行可能です。

【KINGSOFT Office】オフィス互換ソフト販売本数No.1、30日間無料体験!

5.Chrome拡張機能で使えるOfficeアプリ!?

Chromeブラウザの拡張機能として使えるOfficeアプリもあります。Chromeブラウザ上で動作するので、PCにインストールせずに使えますが、Webアプリであるためどうしても動作は鈍くなります。

【Google Apps】ドキュメント、スプレッドシート、スライド

f:id:ahiru8usagi:20170204070736p:plain

Chromeブラウザ拡張機能として使用できるGoogle提供の『ドキュメント』『スプレッドシート』『スライド』。Googleドライブへの保存が簡単であったり、Web上にスプレッドシートを公開したり、ブログにiframeタグで埋め込んだりと共有はとてもしやすい作りになっています。関数をたくさん組んだりといった重い作業には向いていませんが、簡単な編集や情報共有には使いやすいです。

Office Editing for Docs, Sheets & Slides - Chrome Web Store

【Microsoft】Office Online

f:id:ahiru8usagi:20170204065042p:plain

Microsoft提供のChromeブラウザ拡張機能です。『Word Online』『Excel Online』『PowerPoint Online』『OneNote Online』『Sway』を利用可。また利用にはmicrosoftアカウントが必要です。製品版よりも少し機能は制限されています(Excel Onlineだと図形が貼れない・表示されないなど)。Officeが入っていないならとりあえず『Office Online』で代替可能。

Office Online - Chrome Web Store

まとめ

ということで、頻繁にOfficeを使うならやはり本家MicrosoftOfficeを買ったほうがいいでしょう。OfficeがPCに入っておらずちょこっとExcelとかを簡単に編集したいだけの場合はChromeブラウザで使える『Office Online』や『Googleスプレッドシート』などが手軽に使えて便利。Webアプリでは動作が遅すぎて使いにくい場合は、互換ソフトLibreOfficeが使いやすいのでオススメです。

関連記事:【AP】Windows7/8/8.1を無線親機にしてWi-Fiを飛ばす!?
関連記事:Firefoxを高速化する設定!?
関連記事:Wi-Fiルーターの速度が遅い!?ルーターの設定変更で速度アップさせる方法!

© 2014 And Reframing Things