And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

nanacoカード発行後、クレジットカードチャージできるのは最短11日後!?あと2枚以上利用時の上限額や回数など

スポンサーリンク

nanacoを新たに発行したので、発行からクレジットチャージできるまでの日数をカウントしてみました。

・2017年6月17日:nanacoカード発行
・2017年6月27日:クレジットカード事前登録完了
・2017年6月28日(24時間後):クレジットカード登録完了
・2017年6月28日:nanacoにチャージ&nanacoで支払い完了

nanaco発行からクレジットカードでチャージ、支払いをするまでに最短で11日かかりました。あと利用額上限や支払いルールなども調査(2017年6月末時点)。

税金や保険等納付書支払いのためにnanacoを複数枚発行するときなどにご参考頂ければと思います。

f:id:ahiru8usagi:20170629165320j:plain

目次

1.nanaco発行~クレジットカードチャージまでの流れ
1-1.nanacoカード発行当日
1-2.nanacoカード発行10日後にクレジットカード登録
1-3.クレジットカードチャージ実施
2.nanacoカードのチャージ上限金額、回数
3.同じクレジットカードで複数のnanacoカードにチャージする場合
3-1.解約(解除)方法
3-2.再登録は24時間経過後
4.nanacoカードでの納付(支払い)ルール・上限額など
4-1.nanacoカード1枚で最大10万円を支払う方法
4-2.nanacoでの支払いは5回(25万円)が上限

1.nanaco発行~クレジットカードチャージまでの流れ

1-1.nanacoカード発行当日

nanacoカード発行当日に会員ページにログインし、『nanacoクレジットカードチャージ』を選択してみます。

f:id:ahiru8usagi:20170629170650p:plain

 

チャージできないとのエラーが発生。

f:id:ahiru8usagi:20170629170614p:plain

…カードの場合は入会から10日後、モバイルの場合は入会・機種変更から4日後にクレジットチャージを行っていただくようにお願いいたします。

との表示が出てしまいました。

念のためカード発行日(6/17)から9日後の6月26日にクレジットチャージを試してみましたが上記同様のエラー画面が表示されました。

 

1-2.nanacoカード発行10日後にクレジットカード登録

nanacoカードを発行してから10日後(6/27)に再度クレジットカードチャージをクリック。

f:id:ahiru8usagi:20170629170650p:plain

 

今度は正常にクレジットカード登録画面にいくことができました。

f:id:ahiru8usagi:20170629170709p:plain

 

クレジットカードの事前登録が完了しました。

f:id:ahiru8usagi:20170629170728p:plain

クレジットチャージは、事前登録完了後24時間経過後からご利用いただけます。

とのことなので、クレジットカードチャージをするにはあと24時間待つ必要があります。

私の場合は6/27のお昼12時台にクレジットカード登録を行ったので、6/28 13:00~からクレジットチャージ利用可能となります。

 

1-3.クレジットカードチャージ実施

事前登録を完了し、24時間経過後、性懲りもなくnanaco会員メニューにログイン、クレジットカードチャージをクリックします。

f:id:ahiru8usagi:20170629170747p:plain

 

ようやくnanacoカードにクレジットチャージを行うことができました。

f:id:ahiru8usagi:20170629171036p:plain

 

以上より、

・nanacoカードは発行してから10日後にクレジットカード事前登録ができる
・nanacoモバイルは入会、機種変更してから4日後にクレジットカード事前登録ができる
・クレジットカード登録が完了するのは事前登録してから24時間後

すなわち、

①nanacoカードにクレジットチャージできるのは最短11日後
②nanacoモバイルにクレジットチャージできるのは最短5日後

となります。

クレジットカードの事前登録をし忘れると、チャージしようと思ったときに後24時間待たなければならないのでご注意。

納税等でnanacoカードを発行する場合は納付期限に間に合うように調整しましょう。

 

2.nanacoカードのチャージ上限金額、回数

nanacoカードの1回のチャージ可能額は29,000円→30,000円までになっていました(2017年6月28日時点 / センター預かり上限は50,000円のまま / モバイルアプリはチャージ上限29,000円迄のまま)。

f:id:ahiru8usagi:20170629172937p:plain

Source:クレジットチャージ|電子マネー nanaco 【公式サイト】

チャージ上限額(50,000円まで)と利用金額上限(1ヶ月20万円まで)が変わっていないのであまり意味はありませんが、複数の納付により端数が出た場合にチャージ回数が少なく済むことはあるかもしれません。

ちなみに利用金額上限はnanacoカード1枚につき20万円なので、例えば2枚あれば40万円/月チャージ可。ただし、楽天カード[JCB]の場合は1ヶ月20万円を超えてもチャージ可能であったものの、その他のクレジットカードは試していないので、1枚のクレジットカードを使いまわしたい場合は予めお調ください(カード会社によって制限をかけている場合があるそうです)。

 

3.同じクレジットカードで複数のnanacoカードにチャージする場合

1枚のクレジットカードで複数のnanacoにチャージすることも可能です。

クレジットカードとnanacoカードは1対1で紐づけされているので、1枚のクレジットカードで複数のnanacoカードにチャージしたい場合は、一旦nanaco(1枚目)からクレジットカードの紐づけを解除したあとに、nanaco(2枚目以降)に登録しなければなりません。

3-1.解約(解除)方法

クレジットカードの紐づけ解除方法は、

①nanacoの会員メニューからログイン
②クレジットチャージを選択
③(クレジットチャージパスワードを入力)
④解約をご希望の方

という項目から紐づけ解除画面に進むことができます。

f:id:ahiru8usagi:20170629174303p:plain

 

3-2.再登録は24時間経過後

2枚目以降のnanacoカードにクレジットカード事前登録を行った場合は、nanacoカード発行時と同様に、24時間経過後からクレジットカードチャージができるようになります。

1日のチャージ回数上限は3回、1回のチャージ上限額は3万円、チャージ上限額は5万円、センター預かり分上限は5万円なので、2枚のnanacoにカード+センターで10万円ずつ、合計20万円チャージするには計4日かかります。

・1日目:nanaco1枚目に3万円クレジットチャージ
・1日目:nanaco1枚目に2万円クレジットチャージ
・1日目:nanaco1枚目に5万円チャージ(残高照会)
・1日目:nanaco1枚目に3万円クレジットチャージ[1日の利用回数上限]
・2日目:nanaco1枚目に2万円クレジットチャージ[センター預かり分5万円]
・2日目:nanaco1枚目とクレジットカードの紐づけ解除
・2日目:nanaco2枚目にクレジットカード事前登録[クレジットチャージは24時間後]
・3日目:nanaco2枚目に3万円クレジットチャージ
・3日目:nanaco2枚目に2万円クレジットチャージ
・3日目:nanaco2枚目に5万円チャージ(残高照会)
・3日目:nanaco2枚目に3万円クレジットチャージ[1日の利用回数上限]
・4日目:nanaco2枚目に2万円クレジットチャージ[センター預かり分5万円]

 

4.nanacoカードでの納付(支払い)ルール・上限額など

4-1.nanacoカード1枚で最大10万円を支払う方法

nanacoカードに5万円チャージ、センター預かり分を5万円にした状態なら最大10万円分の支払いをすることができます。

例えばレジにて9万円分の納付書を提出し、

「支払いはnanacoでお願いします」

と言ってnanacoをかざすと"ピ-ッ!"という残高不足のアラームが鳴ります。店員さんが、

「5万円しかないのですが残りはどうされますか?」

などと仰るので、

「5万円分をnanacoで支払ってもらって、残高照会してチャージしてください」

などと言えば、"ピューイ!"っというnanacoのチャージ音がして、残りの分もnanaco支払いに対応してくれます。(手間取る可能性があるので、お客様が少ない時に臨んだ方がいいです。)

 

4-2.nanacoでの支払いは5回(25万円)が上限

1枚のnanacoで10万円の支払いができるので、5枚持てば50万円支払えそうですが、

・1回の支払いに利用できるnanaco決済は5回まで

という裏ルール(レジ端末の仕様)があります。

・nanaco1枚目(チャージ分5万円)→支払い[1回目]
・nanaco1枚目(センター預かり分5万円チャージ)→支払い[2回目]
・nanaco2枚目(チャージ分5万円)→支払い[3回目]
・nanaco2枚目(センター預かり分5万円チャージ)→支払い[4回目]
・nanaco3枚目(チャージ分5万円)→支払い[5回目]
・nanaco3枚目(センター預かり分5万円チャージ)→レジ端末にてエラー発生[6回目]

よって、nanacoで納付できる上限額は1回あたり25万円まで。

25万円超の納付をしたい場合、残りは現金支払いとするか、可能であれば請求元に納付書を25万円以下に分割してもらう必要があります。

ということで1回の支払い上限を上げるために3枚を超えてnanacoカードを所有する必要はありませんが、(センター預かり分確認による)レジ混雑を避けるために5枚持つとか1月あたりのチャージ上限額を上げるために保有するというのはアリだと思います。

 

おわりに

以上、nanacoチャージのルールや支払い方法、上限金額などについてでした。

ライフカードやリクルートカードプラスはnanacoチャージでのポイント付与対象外(前者2017年7月~ / 後者2016年9月~)となるなど高ポイント還元カードの改悪が多く続いております。

2017年6月末現在、ポイント高還元率なのは、リクルートカード[VISA/Master card](1.2%)、楽天カード [JCB](1.0%)、Yahoo!JAPANカード(ワイジェイカード )[JCB](1.0%)の3つ。楽天ポイントは楽天ふるさと納税、TポイントはYahoo!JAPANふるさと納税で使える(対象自治体のみ)ので、税金納付で貯まったポイントを節税に使うという面白いことができます。

楽天カードとYahoo!JAPANカードは私も作成しておりますが、作るタイミングによって入会ポイントが大きく増減するので、還元率・キャッシュバックが高めのときに作成されることをおすすめします。ご参考までに。

関連記事:【期間限定】楽天カード入会で約26,000円分のキャッシュバックをもらう方法!
関連記事:Yahoo!JAPANカード発券で11,111ポイント+9,750ポイントもらえる!?【11日迄】

© 2014 And Reframing Things