And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

docomoでもauでも使えるSIMフリースマホ『mode 1』4月20日ついに発売!

スポンサーリンク

携帯電話ショップ『テルル』を運営する株式会社ピーアップから国内3キャリア(docomo/au/softbank)で使えるsimフリースマホ『mode 1』ついに発売へ。4月20日からAmazonで販売開始となりました。(最終更新:2016年4月21日)

目次

1.『mode 1』は4G(LTE) / 3G(W-CDMA / CDMA2000)の両方に対応
2.docomo/au/softbankの周波数に対応
3.『mode 1』のスペック
4.『mode 1』の価格

f:id:ahiru8usagi:20151203161907j:plain

1.『mode 1』は4G(LTE) / 3G(W-CDMA / CDMA2000)の両方に対応

これまでのsimフリー端末はほぼCDMA2000に対応していないので、au回線での通話ができませんでした。しかし『mode 1』はCDMA2000にも対応。auのsimカードでも通話可能です。またau系格安simでも使用できる可能性アリ。

2.docomo/au/softbankの周波数に対応

公式サイトによるとmode 1の対応周波数は以下のとおり。

f:id:ahiru8usagi:20160421211547j:plain

参考:Mode1

国内キャリアの周波数と照らし合わせてみると、

【4G(LTE)】
docomo:Band 1/Band 3
au:Band 1/Band 26
softbank(Y!mobile含む):Band 1/Band 3

【3G(W-CDMA/CDMA2000)】
docomo:Band 1
au:(1XMC/1XEV-DO)BC0/BC6
softbank(Y!mobile含む):Band 1

周波数帯の参考:
LTE対応周波数帯を調べてSIMフリースマホを買おう
LTE Band・周波数帯一覧 docomo/au/SoftBank/Y!mobile SIMフリー機の選び方 | 格安スマホ回線研究所
http://www.ymobile.jp/plan/smartphone/shareplan/index.html

以上のように3キャリアの周波数に対応しています。 

3.『mode 1』のスペック

f:id:ahiru8usagi:20151203165646j:plain

『mode 1』のスペックは下記表の通り。

f:id:ahiru8usagi:20160421212018j:plain

画像引用元:mode1公式サイト

CPUはSnapdragon 410(MSM8916)でメモリは1GB(RAM)、内蔵ストレージは8GB(RAM)と控えめなスペック。5インチというコンパクトサイズな持ちやすさとデザイン性にこだわりが感じられます。

 

4.『mode 1』の価格

4月20日からAmazonにて販売開始です。

色はブラック/ホワイトの2種類で、価格は双方34,992円。(4/21時点)スペックに対するコストは割高な印象を受けます。

その他『mode 1』についての詳細情報は公式サイトやFacebook、Twitterにて。

公式HP:http://mode1.jp/
プレスリリース:ピーアップのプレスリリース/プレスリリース配信・掲載のPR TIMES
facebook:https://www.facebook.com/mode1.jp

おわりに

『mode 1』はスペックこそ控えめなもののスタイリッシュでオシャレなデザインであるため、所有欲は満たせそうな一品です。国内3キャリア対応のスマホ購入を検討しているなら候補のひとつとしてもよいかもしれません。

関連記事:

© 2014 And Reframing Things