And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

【2017年6月】コスパ最強使い放題モバイルWi-Fiルーター徹底比較!【RaCoupon・WiMAX・Fuji Wi-Fi・GWiFi】

スポンサーリンク

2017年6月時点で私的に最もおトクと思う使い放題のモバイルWi-Fiルーターの総費用・維持費などを比較してみました。

比較したのは、

①RaCoupon WiMAX [ギガ放題]
②GMOとくとくBB WiMAX(カカクコム経由)[ギガ放題]
③Fuji Wi-Fi [100GBプラン]
④GWiFi [100GBプラン]

の4つです。

①と②はWiMAXです。WiMAXのギガ放題プランは3日間10GBの使用で速度制限がかかります。単純計算で月に100GB高速通信を行えるので(3日間10GB×10→30日間100GB)、100GBプランのある③Fuji Wi-Fiと④GWiFiの総費用を比べてみました。

③と④は速度制限なしなので固定回線代わりに検討するのもアリだと思います。

目次

1.モバイルWi-Fiルーター総費用・維持費比較
1-1.RaCoupon WiMAX
1-2.GMOとくとくBB WiMAX(カカクコム経由)
1-3.Fuji Wi-Fi
1-4.GWiFi
2.モバイルルーターの総費用・選び方
2-1.WiMAXのエリアは必ず確認
2-2.短期契約なら最安のFuji Wi-Fi
2-3.対応エリアは世界!国内使用も最安クラスのGWiFi
2-4.更新月に必ず解約するならGMOとくとくBB WiMAX
2-5.1年半以上使用、更新月に解約するならRaCoupon WiMAX

1.モバイルWi-Fiルーター総費用・維持費比較

価格は全て税込みです。

なお、試算結果の内容を保証するものではありませんので、契約をご検討の際は何卒ご自身にて料金・条件面をお確かめのこと。

1-1.RaCoupon WiMAX

f:id:ahiru8usagi:20170618170948p:plain

楽天運営のクーポン販売サービス『RaCoupon』より『WiMAX2+ Speed Wi-Fi Triprouter、ギガ放題プラン』のキャンペーン実施中です。期間は2017年6月30日まで。

期間中に同ルーター(Triprouter)を契約すると月額維持費が、

・2017年6月:無料
・2017年7月~2018月5月:2,158円(税込)
・2018年6月~2019年5月:2,896円 (税込)
・2019年6月~:4,140円 (税込)

2年契約となり解約金もかかります。途中解約した場合にかかる総費用と実質月額維持費は以下表にまとめました。

f:id:ahiru8usagi:20170618165347p:plain

RaCouponは初期事務手数料(3,240円)の他にクーポン購入費用(2,158円)がかかります。ただし月額使用料は初月無料。

解除料の下がる14か月目か更新月の26か月目に解約すると総費用を安く抑えることができます。13か月目以降、25か月目以降と段階的に月額維持費が上がる料金設定となっているので、更新月を超えて契約はしないほうがよいでしょう。

 

1-2.GMOとくとくBB WiMAX(カカクコム経由)

f:id:ahiru8usagi:20170618171630p:plain

様々な料金を比較するサイト『価格.com』のWiMAXランキングで最も安い『GMOとくとくBB WiMAX』。他サイトからではなく『価格.com』を経由して申し込むことで30,800円のキャッシュバックと月額維持費3,897円でWiMAXギガ放題を利用することができます。

途中解約した場合の総費用と実質維持費は以下表のとおり。

f:id:ahiru8usagi:20170618165356p:plain

初期事務手数料は価格コム割引(▲1,080円)があるため2,160円です。月額使用料は初月無料。

キャッシュバック30,800円をもらった直後の12ヶ月目と解約金のかからない25か月目は総費用が大幅に下がります。月額使用料は3,897円と一定。表の計算にはいれていませんが、2か月目以降は毎月GMOポイントを100ポイントずつもらえます。

私も以前GMOとくとくBBのWiMAXを契約したことがあり、正常にキャッシュバックを受け取れました。しかし、キャッシュバック案内メールの確認方法が非常にわかりずらく、これを見逃すと30,800円がもらえなくなってしまうので、契約後11か月目下旬は必ずメールを確認しましょう。

 

1-3.Fuji Wi-Fi

f:id:ahiru8usagi:20170618172533p:plain

2016年11月に突如現れた『Fuji Wi-Fi』。当初月額3,218円でSoftbank回線を使い放題で速度制限ナシ!契約解除料もナシ!という文句なしのコスパ最強のモバイルWi-Fiルーターでしたが、現在は100GBプランが3,991円、使い放題プランは4,838円と値上げとなりました。

100GBプランの総費用と実質維持費は以下のとおりです。

f:id:ahiru8usagi:20170618165407p:plain

初期事務手数料は1,080円と格安。ルータはレンタルなので無料(維持費に込み)。契約解除料金もかからないため1年未満の契約なら最安です。回線はSoftbank。

2017年2月~4月にかけて契約してみたところ、WiMAXの届かないエリアでも快適な下り速度を実現してくれました。

 

1-4.GWiFi

f:id:ahiru8usagi:20170618173621p:plain

2017年7月21日からサービス開始となるBroadLink社提供の『GWiFi』。料金はチャージ制となっており、3,980円で100GBチャージでき30日間有効。事務手数料はないがルーター『G3000』(21,384円)を最初に購入する必要あり。

f:id:ahiru8usagi:20170618165420p:plain

チャージ制であるため事務手数料や解約金はナシ。最初に負担する端末代21,384円とチャージ費用が加算されているというシンプルな料金体系です。国内使用の場合、回線はdocomoとSoftbankの通信状態が良い方に自動で切り替わります。海外でのチャージも可能。ルーターにはmicro SIMスロットもあるためSIMフリールーターとしても使用可能という優れものです。

 

2.モバイルルーターの総費用・選び方

以上、解約したときにかかる総費用と実質維持費をまとめると以下のようになります。

f:id:ahiru8usagi:20170618165430p:plain

 

2-1.WiMAXのエリアは必ず確認

モバイルルーターを契約する際に必ず必要なのは対応エリアの確認です。WiMAX2+は山間部や離島などの僻地は対応エリア外の場所が多いです。使用したい場所で使えなければ契約する意味はないので必ず対応エリアを確認しておきましょう。

サービスエリア | UQ mobile / UQ WiMAX

またWiMAX2+は2.5GHzという高い周波数帯を利用しているため、建物内に電波が届きづらいというマイナス面もあります。15日間レンタルも可能なので、時間があるならTry WiMAXで快適に使用できるか試しておきましょう。

Try WiMAXレンタル|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

 

WiMAXの対応エリア外の場合、選択肢はFuji Wi-FiかGWiFiとなります。

2-2.短期契約なら最安のFuji Wi-Fi

Fuji Wi-FiはSoftbank回線であるため、WiMAXの電波が届かないところでも快適に使用できました。また、事務手数料は1,080円、ルーター代なし(維持費込み)、解約金なしであるため、使用期間が11か月以内であればWiMAXよりも安上がりという驚異的なコスパを誇っています。

速度制限をしているような部分も特に見受けられなかったので、山間部や離島などによく行くという場合や、国内のみで使用する、いつでも解約できる方がいい、という場合には最適のルーターだと思います。ただし、UP速度が若干遅かったので動画や画像をたくさん投稿するならあまりオススメできないかも。解約手続きは非常にスムーズでした。

詳細:FUJI Wifi @ biz

2-3.対応エリアは世界!国内使用も最安クラスのGWiFi

初期費用なし、国内なら100GB3,980円と維持費最安の『GWiFi』。チャージ制であるため使わない時期は料金が発生しません。しかも回線はdocomoとSoftbankの通信状況が良い方に自動であわせてくれるため対応エリアは最も広いです。海外でのパケットチャージにも対応はしているもののやや料金高め。しかしmicro SIMスロットがあるので、現地の安価なsimカードを挿して使うこともできるという優れもの。

ルーターはレンタルではなく購入(21,384円)する必要があるため総コストはFuji Wi-Fiを上回ってしまうものの、それを考慮しても余りあるくらい利便性の高いサービスです。

国内ではルーターを使わない時期がある、海外旅行でWi-Fiルーターをよく使用する、という場合は最適な選択肢となるのではないでしょうか。2017年6月時点で未リリースのサービスであるため、回線速度やルーターの使い勝手などの実力は未知数です。

詳細:GWiFi – BroadLine株式会社

2-4.更新月に必ず解約するならGMOとくとくBB WiMAX

WiMAX2+対応エリア範囲内である場合、WiMAXルーターも選択肢に入ります。

契約してから更新月である25ヶ月目に解約した場合、最安となった『GMOとくとくBB WiMAX(価格コム経由)』。ただし、キャッシュバックを受け取り損ねると維持費は最も高くなってしまうというリスクがあります。キャッシュバック案内メールは必ず確認し、更新月に絶対解約するなら選択してもよいでしょう。

詳細:GMOとくとくBB WiMAX2+ (通常プラン)【Speed Wi-Fi Next W04】 | プロバイダ(モバイル)比較 - 価格.com

2-5.1年半以上使用、更新月に解約するならRaCoupon WiMAX

契約から18ヶ月目~24ヶ月目、更新月(26か月目)に解約した場合『RaCoupon WiMAX』が最も安い維持費となりました。維持費を値引きしてくれるためキャッシュバックを逃すというリスクはありません。2年間国内のWiMAX2+が届くエリア内で使用するという目算が立っているのなら良い選択だと思います。Triprouterのキャンペーン期間は2017年6月30日までです。

詳細:WiMAX2+ Speed Wi-Fi Triprouter、ギガ放題プラン

おわりに

以上、2017年6月版コスパ最強モバイルWi-Fiルーター徹底比較でした。

私的には上記4つのルーターがコスパ最強であると思っています。しかし特にWiMAXなんかはキャンペーンや契約窓口が無数にあるので、全ての維持費を網羅的に把握しているわけではありませんので気になるキャンペーンがあったら試算してみてはいかがでしょうか。

使用目的に応じてコスパの高い最適なWi-Fiルーターを選択していきましょう!

© 2014 And Reframing Things