And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

格安sim選びに重要!?MNO/MVNE/MVNOの違い!!

スポンサーリンク

実は格安simの通信品質・サービスの質にかかわってくるMVNEについて。改めて調べてみたので簡単にまとめてみました。

f:id:ahiru8usagi:20151211184543j:plain

目次

1.MNO(Mobile Network Operator/移動体通信事業者)とは?

1-1.国内の主なMNO

1-2.MNOの役割

2.MVNO(Mobile Virtual Network Operator/仮想移動体通信事業者)とは?

2-1.国内の主なMVNO

2-2.MVNOの役割

2-3.なぜMVNOは安いのか。

3.MVNE(Mobile Virtual Network Enabler/仮想移動体サービス提供者)とは?

3-1.国内の主なMVNE

3-2.MVNEの役割

4.MNO/MVNE/MNOの簡易表

 

1.MNO(Mobile Network Operator/移動体通信事業者)とは?

携帯電話やPHS等の物理的な(移動体)回線網を自社で保有しているところ。

1-1.国内の主なMNO

docomo/au/softbank/Y!mobile/UQコミュニケーションズなどの大手。

1-2.MNOの役割

MNOは自社で通信設備をもってるし、顧客に直接サービスを提供することもできます。

(スマホは大体docomo/au/softbank/Y!mobileあたりで契約してるよね。)

参考:http://simchange.jp/mvne/

 

でもご存知の通りスマホの通信料金って高い!

docomo/au/softbankが通信事業を寡占しているのでなかなか安くなりません。

そこで登場したのがMVNOです。

2.MVNO(Mobile Virtual Network Operator/仮想移動体通信事業者)とは?

スマホなどの(移動体)通信サービスを行う事業者。

自社で通信設備をもっていないので、それをMNOから借りて通信サービスを提供する。

2-1.国内の主なMVNO

DMM mobile/So-net/BIGLOBE/OCN/IIJmio/nifmo/mineo/楽天モバイル/UQモバイルなど多数。

2-2.MVNOの役割

MNOよりも安い使用料で顧客に通信サービスを提供する。

(いわゆる格安sim。)

2-3.なぜMVNOは安いのか。

通信設備をMNOから借りてサービスを提供している。つまり通信事業の小売をやっているのがMVNO。

通常は小売価格の方が卸売価格よりも高くなるが、なぜMNOよりMVNOの方が安いのか。

それはMNO(docomo/au/softbank)は、街中にたくさんショップがあるし、店員の人件費もかかるから。MVNOはカスタマーサービスにかかる費用を大幅にカットしているので、安い価格で通信サービスを提供することができるのです。

(docomoショップとかauショップはたくさん見かけるけど、OCNショップとかIIJmioショップとかは見たことがないよね。)

参考:http://webshufu.com/mvno-mvne-mvna-mno-2/

 

MVNOのおかげでMNO(docomo/au/softbank)の寡占状態が崩れ、スマホの料金が安くなるかもしれない!

しかし、MVNOには通信サービスを提供するためのノウハウが足りない!

そこでそれを提供するために出てきたのがMVNEです。

3.MVNE(Mobile Virtual Network Enabler/仮想移動体サービス提供者)とは?

MVNOに通信サービス事業のノウハウを提供します。

3-1.国内の主なMVNE

OCN/IIJ/freebit/日本通信/NTT PC コミュニケーションズ/So-netなど

3-2.MVNEの役割

MVNOにたいして、

MNOとの交渉や端末調達/課金システムの構築・運用/アプリケーションプラットフォーム提供/ユーザーサポート業務の提供/MNOと接続

などを行います。このMVNEのサポートによって、MVNOの参入障壁が低くなり、MNO(docomo/au/softbankなど)に対抗できるMVNOを作ろうという趣旨になっています。

参考:http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/keyword/36137.html

 

以上のMNO/MVNE/MVNOの関係を図で表すとこんな感じ。

f:id:ahiru8usagi:20151211175731p:plain

(とはいえ帯域幅は割り当てされるのでMNOの優位性は変わらない。競売にでもすればいいのに。)

 

このMNO(docomo/au/softbank)によっても通信品質に違いはでてくるのはもちろんですが、MVNEも実力によっても通信品質・サポートの質に違いが出てくるという訳です。

4.MNO/MVNE/MNOの簡易表

違いがわかったところでMNO/MVNE/MVNOを列にとった場合の簡易表を作ってみました。とはいえ現状au系MVNOは『mineo』『UQmobile』のみで、softbank系MVNOは未発足のため、MNOがdocomoの場合のみの表となります。

f:id:ahiru8usagi:20151211183232p:plain

https://blogram.net/2014/09/09/docomo-mvne-mvno/より抜粋し表作成)

となっているようなので、格安simを選ぶ際はMVNEの評判も考慮してみると、サービスの質を予見できるかもしれません。もちろん使ってみなければわからないことはたくさんありますが。

 

以上、MNO/MVNE/MVNOの違いまとめでした。

関連記事:

© 2014 And Reframing Things