And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

【これは使える?】mineoで9月からドコモ回線が選択可能に!?

スポンサーリンク

本日(5/26)格安SIMを販売しているMVNO『mineo』による発表。通常au回線網を使ってデータ通信や音声通話ができるmineoの格安SIMですが、9月からはdocomo回線も選択可能になるとのこと。まだ詳しい料金体系などは発表されていませんが、9月前には詳細発表をするとのことです。

f:id:ahiru8usagi:20150526233339p:plain

1.mineoのSIMカード1枚でdocomoのスマホとauのスマホ、両方使えるようになるわけではない!?

2.3Gの通信方式は違うけど、音声通話はできるの!?

3.softbank回線は対応しないの!?

4.パケットを分け合える『パケットシェア』と『パケットギフト』!?

5.プリペイドSIMの販売も開始!?

1.mineoのSIMカード1枚でdocomoのスマホとauのスマホ、両方使えるようになるわけではない!?

あくまで今回の施策は、docomo回線プランを選択できるというものであって、mineoの格安SIMを契約すれば、docomoスマホとauスマホ、両方で使えるようになるわけではないです。

docomo回線プランを選択すれば、docomoのスマホでmineoの格安SIMが使えて、au回線プランを選択すれば、auスマホで使える、という施策です。よってdocomoとau、両方の回線を使いたければ、mineoのSIMカードを2枚契約しなければなりません。別にmineoじゃなくてもそれぞれdocomo系格安SIMとau系格安SIMを計2枚契約するのと変わりません。

もしくはSIMカード1枚で途中で回線をdocomo→au、au→docomoに変更できればよいですが、プランが分かれているということは現状簡単には変更できないようになっているでしょう。簡単に(スマホの画面をタップするだけとかで)変更できれば、au回線が弱いところではdocomo回線にしたり、docomoの電波が届かないならau回線に切り替えたりといった使い方ができて便利なんですけどね。

将来的には1枚のSIMカードで各キャリア(docomo・au・softbank)に対応する(自動で回線を切り替える)ような構想(マルチキャリア)も表明されているようですが、今年度9月時点での実現は難しそうです。

参考:mineoがドコモ回線を9月より提供 - ケータイ Watch

2.3Gの通信方式は違うけど、音声通話はできるの!?

auの3G音声通話の通信方式は『CDMA2000』。docomoの3G音声通話の通信方式は『W-CDMA』となっているため、これまではau系SIMカードをdocomoスマホに挿して音声通話するということはできませんでした(SIMロック解除したとしても)。しかし、mineoのSIMカードであればどちらの通信方式にも対応できます。というかただdocomoプランかauプランかを選ぶだけなので、通常の格安SIMをdocomo系で契約するかau系で契約するかということと変わりありません。

3.softbank回線は対応しないの!?

softbank回線対応については『時期をみて検討』するそうです。当面はauの次にdocomo回線の対応急くようですね。

参考記事:iPhone 6で使えない原因は「つかめていない」が──格安SIM「mineo」がドコモ回線も導入、「マルチキャリアMVNO」で挽回 - ITmedia ニュース

4.パケットを分け合える『パケットシェア』と『パケットギフト』!?

異なるキャリアを使っている家族間でも余ったデータ量を交換できる『パケットシェア』。

余分なデータ量を家族以外との人にも分けられる『パケットギフト』。

このようなデータ量交換も便利になるようなサービスが2015年9月から始まるようです。これはデータ量を無駄なく使えていいシステムですね。

f:id:ahiru8usagi:20150527000028p:plain

参考記事:料金は市場価格と同水準:「mineo」でドコモ回線を使用したサービスを9月に開始 - ITmedia Mobile

5.プリペイドSIMの販売も開始!?

mineoの店舗を設け、海外渡航者や訪日外国人向けにプリペイドSIMの販売も行うようです。前者は9月から、後者は10月からの予定。

 

まとめ

といったところで。そのうちマルチキャリア構想がうまくいけば、au回線とdocomo回線が込み具合によって自動で切り替わる、なんてサービスが出てくるわけですので、ありがたい限りですね。今回はその第一歩として、docomo回線対応を無事成し遂げてもらいたいものです。

© 2014 And Reframing Things