And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

iPhone SE 32GB/128GBのY!mobileとUQmobile維持費・プラン比較!

スポンサーリンク

2017年3月25日、16GBと64GBのみだったiPhone SEの容量がアップし、32GBと128GBの内部ストレージを搭載したiPhone SEがリリースされました。

同時にau系格安simの『UQ mobile』とSoftbankサブブランドの『Y!mobile』も容量がUPしたiPhone SEの取扱を開始したので、どちらで契約したほうがお得なのか、維持費を比較してみました。

f:id:ahiru8usagi:20170325140950j:plain

1.iPhone SE 32GB/128GB維持費比較表

Y!mobileのスマホプランS/M/LとUQ mobileのぴったりプランS/M/L、おしゃべりプランS/M/Lは同じデータ容量となっています(順に2GB/6GB/14GB)。無料通話時間の設定が若干異なりますが、プランのデータ容量ごとに維持費を一覧にすると下記表のようになりました。(すべて税込表示)

f:id:ahiru8usagi:20170325140933j:plain

※2017/3/25時点でUQ mobileは128GBを取り扱っておりません。

※維持費にはiPhone SE 32GB/128GBの分割支払い分も含まれています。
※維持費はY!mobileのスマホプランS/M/LとUQmobileのおしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/Lの料金を参考にしています(おしゃべりプランとぴったりプランの維持費は同じ)。
※Y!mobileのワンキュッパ割、UQmobileのイチキュッパ割の割引額は1,080円。割引期間はともに1年間であるため、契約後2年目の維持費は1,080円高くなります。
※Y!mobile機種変更の場合ワンキュッパ割は適用されないため、2年目の維持費も同じです。
※Y!mobileのiPhone SE 128GBの月額割引(端末代の割引)はMNPで1,620円、新規契約・機種変更で1,080円であるため、新規契約よりもMNPのほうが維持費が安くなります。
※Y!mobileのiPhone SE 32GBの月額割引(端末代の割引)はMNP・新規契約で1,620円、機種変更で1,080円となります。ゆえに32GBではMNPと新規契約の維持費は同じとなります。
※MNPであってもSoftbankからのMNPの場合月額割引は1,080円となります。Y!mobileはSoftbankの運営するサブキャリアであるため乗り換えても優遇措置を得られません。
※auからUQmobileにMNPした場合、イチキュッパ割対象外となります。キャンペーン中でスマトク割は適用されますが通常は対象外となります。UQ mobileはauのサブブランドであるため、auからのMNPではあまり優遇措置を受けられません。

比較できるのは『iPhone SE 32GB』を新規契約もしくはMNPした場合のみですが、維持費は全く同じでした。128GBがよいならY!mobile一択となります(ただし2017/3/25時点で未入荷)。

 

2.Y!mobileとUQmobileのプラン内容比較

維持費は同じだったので、後はプラン内容を比較し、どちらが有利かを判断しましょう。

2-1.Y!mobileのスマホプランS/M/L

Y!mobileのスマホプランの内容は以下のとおり。

スマホプランS:データ容量2GB、通話10分まで無料(回数無制限)
スマホプランM:データ容量6GB、通話10分まで無料(回数無制限)
スマホプランL:データ容量14GB、通話10分まで無料(回数無制限)

スーパーだれとでも定額(月額+1,080円)のオプションを付けると完全にかけ放題(時間制限なし)にできます。

2-2.UQ mobileのおしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L

UQ mobileのおしゃべりプランの内容は以下のとおり。

おしゃべりプランS:データ容量2GB、通話5分まで無料(回数無制限)
おしゃべりプランM:データ容量6GB、通話5分まで無料(回数無制限)
おしゃべりプランL:データ容量14GB、通話5分まで無料(回数無制限)

UQ mobileのぴったりプランの内容は以下のとおり。

ぴったりプランS:データ容量2GB、ひと月あたり60分まで通話無料
ぴったりプランM:データ容量6GB、ひと月あたり60分まで通話無料
ぴったりプランL:データ容量14GB、ひと月あたり60分まで通話無料

 

維持費が同じにもかかわらず、Y!mobileのほうが無料通話時間が10分までと長いので、Y!mobileで契約したほうがお得です。たまに10分を超えて通話してしまうということがあるならUQ mobileのぴったりプランも選択余地が出てきます。

3.Y!mobileとUQ mobileどちらで契約すべき?

以上より基本的にはY!mobileで契約したほうがコスパが高いと判断します。しかし現在の契約状況によってはUQ mobileを選択したほうがよい場合があります。

現在Softbankで契約しているならUQ mobileもアリ

SoftbankからY!mobileにMNPをした場合、月額割引が1,080円(docomo/auからだと1,620円)と割引額が下がってしまうため、この場合だとUQ mobileにMNPしたほうが維持費が安くなります。このケースで無料通話時間が少なくなってもよいならUQ mobileを選択してもよいでしょう。

現在auで契約しているなら絶対Y!mobile

auからUQ mobileにMNPした場合、イチキュッパ割(12ヶ月間1,080円割引)対象外となります。(スマトク割(24ヶ月1,080円割引)も従来対象外とされていましたが3月1日からのキャンペーンでau→UQ mobileへのMNPでも対象となります。)

このケースの場合、維持費はY!mobileよりも高くなり、プラン内容(通話時間)はY!mobileより少ないという結果になってしまうので、現在auで契約しているならY!mobileを選択したほうがよいでしょう。

 

おわりに

以上、新型iPhone SE(32GB/128GB)の維持費比較でした。データ容量が少なくてもよいということであればなかなかコスパの高いプランといえるのではないでしょうか。

4インチサイズのスマホのほうが使いやすいという場合はご検討あれ。

関連ページ:ワイモバイルオンラインストア / 格安スマホならUQ mobile
関連記事:iPhone 7 (PRODUCT) REDのSIMフリー版を少しだけ安く買う方法!【Apple公式サイト】
関連記事:新型iPad(第5世代)の維持費比較!【docomo・au・Softbank】

© 2014 And Reframing Things