And Reframing Things

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

【6/30迄】キャッシュバックをもらえる格安sim!?exciteモバイルは安いのか!?

スポンサーリンク

インターネット情報サービスを提供する『エキサイト株式会社』が2016年7月1日から新たな格安simサービスの提供開始を発表。サービス名は『エキサイトモバイル』でこれまで提供していたBB.exciteモバイルとは並行して提供していく模様です。

『エキサイトモバイル』では通信量に応じて料金が変わる『最適料金プラン』と予め通信量が定められている『定額プラン』の2種類が用意されています。また、2016年6月20日~30日の間に申し込むと最大25,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンも実施。

実際におトクなのかみてみましょう。

目次

1.『エキサイトモバイル』2つのプランの料金設定

2.エキサイトモバイルキャッシュバックキャンペーン

 

1.『エキサイトモバイル』2つのプランの料金設定

エキサイトモバイルでは『最適料金プラン』と『定額プラン』があるので、それぞれの料金設定をみていきます。

最適料金プラン(SIM1枚)

最適料金プランは使った通信量に応じて料金が変わるプランです。料金設定としては、

0GB(低速のみ):500円
~500MB:630円
~1GB:660円
~2GB:770円
~3GB:880円
~4GB:1,150円
~5GB:1,450円
~6GB:1,600円
~7GB:1,900円
~8GB:2,120円
~9GB:2,200円
~10GB:2,380円
※全て税抜き

となっています。

この料金に音声通話を追加すると+700円、SMSのみを追加すると+140円となっています。

 

競合との比較

使った分だけプランといえば『0 SIM by So-net』や『FREETEL』が有名なので、データsimの場合の料金を比較してみました。キャンペーンは考慮していません(FREETELは『使った分だけプラン』の料金、太字は最安値)。

f:id:ahiru8usagi:20160626230148j:plain

500MB未満だと『0 SIM by So-net』は0円であるため、どうしても料金面では敵わないものの、1GB以降はなかなか健闘しています。

ただし、FREETELは半年間(スマホ同時購入の場合1年間)499円割引を行っているので、キャンペーン価格を考慮するとFREETELの方に軍配が上がります。

0 SIM by So-net

FREETEL

 

定額プラン

定額プランは従来どおり予め使えるデータ容量が決まっているプランです。料金設定は、

1GB:670円
2GB:770円
3GB:900円
9GB:2,250円
20GB:4,750円

こんな感じ。

また6月20日~30日のキャンペーン期間中のみ、

30GB:6,980円
40GB:9,980円
50GB:13,800円

の特別容量プランを申込可能。

 

競合との比較

それでは定額プランの方は最近何かと話題の『イオンモバイル』と比べてみます。

f:id:ahiru8usagi:20160626231702j:plain

価格設定としては『イオンモバイル』とほぼ同じでした。

ただし『イオンモバイル』は3ヶ月間2GB増量キャンペーンを行っているので、3ヶ月間はイオンモバイルの方がコスパ高め。

イオンSIM_ データ専用SIMカード

 

2.エキサイトモバイルキャッシュバックキャンペーン

6月20日~30日までにエキサイトモバイルを契約するとキャッシュバックがもらえるキャンペーンも実施中です。キャッシュバック額は以下のとおり。

f:id:ahiru8usagi:20160626232250j:plain

画像引用元:格安SIMならエキサイトモバイル | 選べる2つの料金プランで提供中

大容量プランだとキャッシュバック額多めですが、※1に記載あるとおり『6ヶ月継続利用いただいた場合の適用』となっている点に注意。

また、最適料金プランの1,500円(と20GB以下の定額プランの2,000円)キャッシュバックは開通翌月の適用ですが、初期事務手数料3,000円がかかるので、初期事務手数料の負担が減ると考えたほうがよいでしょう。

 

エキサイトモバイルのキャッシュバックは利用料金や手数料の負担軽減のみです。半年無料のDTI SIMや12GB3ヶ月無料のBIGLOBE SIMのようなおトク感はないのでご注意あれ。

 

おわりに

なかなか価格設定を頑張っている『エキサイトモバイル』でした。

しかし、500MB未満0円のSo-netや国産格安スマホを提供するFREETEL、実店舗を用いて顧客サポートをするイオンモバイル、さらに今夏格安simサービスに参入予定のLINE MOBILEなど様々な競合がひしめく中シェアを伸ばしていくことができるのでしょうか。

今後の動向に注目です。

【使った分だけお支払い!】エキサイトモバイル

© 2014 And Reframing Things