And Reframing Things

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

docomo月々サポート改悪!?適用上限回数設置とルータプラン対象外に。

スポンサーリンク

止まらぬdocomoの改悪祭り。月々サポートの適用条件が2015/9/1から厳しくなります。具体的には下記2点が変更。

①月々サポートの適用回数に上限が設けられる(何度もdocomoにMNPしている人は月々サポートが受けられない)

②スマホ/タブレットをデータプラン(ルーター)に変更すると月々サポートの対象外となってしまう。

これはまぁ契約満了月まで2年間使い続ける一般ユーザーにとってはあまり影響のない試作かもしれませんが、頻繁にMNPをする人にとっては大ダメージ。月々サポートの適用外となる可能性の増大とルータ化できないことによる維持費の割増が懸念されます。

f:id:ahiru8usagi:20150708220254j:plain

 

1.①適用回数の上限の詳細は未発表。

2015/9/1からの適用となる月々サポートの適用回数ですが、詳細は未発表。『月々サポート』のみならず、『のりかえボーナス』や『家族まとめて割』なども対象となるとのこと。

■適用回数に上限を設ける主な割引
月々サポート および 月々サポートを増額するキャンペーン
家族まとめて割
のりかえボーナス
端末購入サポート 等

参照:ドコモからのお知らせ : 割引適用条件の変更に関するお知らせ | お知らせ | NTTドコモ

おそらく数ヶ月でdocomoと他社をMNPで行ったりきたりする人が対象でしょう。

頻繁にキャリアを変える人は要注意。

次期発売されるiPhone6s 16GBとかそのまま買うと本体代9万円~12万円くらいしますからね。

iPhone 6sとiPhone 6s Plusの価格がリーク! : ギズモード・ジャパン

 

2.②スマホもしくはタブレットをデータプラン(ルーター)にしたら月サポ対象外!?

たとえば、通常docomoでスマホ1台+タブレット1台を契約したとすると、

・スマホ:かけホーダイ(2700円)+データSパック(3500円)+spモード(300円)

・タブレット:データプラン[スマホ/タブ](1700円)+シェアオプション(500円)

スマホは7,020円(税込)、タブレットは2,376円(税込)という月額料金になります。

(スマホとタブレットの本体代金や月々サポートは考慮していません。)

 

この月額料金を安くする裏技がありまして、

タブレットのデータプラン[スマホ/タブ](1700円)を

↓↓↓

データプラン[ルーター](1200円)

に変更することによって月額料金が500円ほど浮くのです。

 

ただし、このデータプラン[ルーター]は本来PCなどで使うWi-Fiルーターなどで使用する際に用いるプランなので、データプラン[ルーター]に変更後、そのままタブレットで使ってしまうとデータプラン[スマホ/タブ](1700円)の料金が請求されてしまいます。

そこで、データプラン[スマホ/タブ](1700円)をデータプラン[ルーター](1200円)に変更後はそのままSIMカードだけを抜いて放っておくことで月額料金を安くしていたわけです。

 

しかし、2015/9/1からはデータプラン[ルーター](1200円)にプラン変更すると、月々サポート適用外。[本体代金-月々サポート]で相殺されていた(スマホやタブレットなどの)本体代金がそのままかかってしまうので、データプラン[ルーター](1200円)に変更して維持費を安くするという裏技が使えなくなってしまいます。

 

まぁこちらも一般ユーザーにはあまり関係のない試作といえそうですね。

 

おわりに

docomoとsoftbankは契約内容がどんどん改悪になっているので、普通に安くするなら格安simやY!mobileに変更するほうがよいと思われます。

電話を多くするなら、ガラケーとスマホ(格安SIMデータプラン)の2台持ちでいきましょう。

関連記事:

© 2014 And Reframing Things