And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

iPhone 6sの学割を含めた維持費比較とプラン解説!【2016年1月版】

スポンサーリンク

このたびdocomo/au/softbankの学割が発表されたので、学割を含めたiPhone 6s 16GBの機種代金込み維持費を計算してみました。(2016年1月15日調べ)

目次

1.docomo/au/softbankのiPhone 6s 16GB維持費比較

2.docomoのiPhone 6s維持費

3.auのiPhone 6s維持費
3-1.au旧プランの維持費
3-2.au新プランの維持費

4.softbankのiPhone 6s維持費
4-1.softbank旧プランの維持費
4-2.softbank新プランの維持費 

 

1.docomo/au/softbankのiPhone 6s 16GB維持費比較

iPhone 6s 16GBを1人でMNP契約する場合の維持費です。プラン3社ともに『電話5分まで無料』+『データ5GB』のプランで比較。

○26歳以上(学割なし)の場合

f:id:ahiru8usagi:20160115222928j:plain

○25歳以下(学割あり)の場合

f:id:ahiru8usagi:20160115222934j:plain

料金とデータ容量を比較すると、docomoが一番維持費が安く、データ容量も多いことがわかりました。auとsoftbankはほぼ同等。また、softbankのギガ学割は『データ増量』か『月額費用割引』のどちらかしか選択できないようになっています。学割のみの比較ではdocomoよりもauやsoftbankの方がお得に見えたので意外な結果でした。iPhone 6sを契約するならdocomoかauにMNPするのがよいでしょう。

 

以下、各キャリアの料金内訳と最もお得なプランの推察。

2.docomoのiPhone 6sの維持費

機種代込みの最低維持費はカケホーダイ+データSパック(表-右)。

・26歳以上なら1年目5,094円/月、2年目6,552円/月
・25歳以下なら1年目4,554円/月、2年目6,012円/月

カケホーダイライト+データMパックの場合は、

・26歳以上なら1年目5,634円/月、2年目7,092円/月
・25歳以下なら1年目5,634円/月、2年目7,092円/月

f:id:ahiru8usagi:20160115173952j:plain

※ドコモの学割(▲1,404円/▲864円)とドコモにチェンジ割(▲1,458円)が重畳した場合、ドコモにチェンジ割の割引額が適用される。
※ドコモの学割の月額料金割引(▲1,404円/▲864円)とドコモにチェンジ割(▲1,458円)の適用期間は12ヶ月。
※ドコモの学割のボーナスパケット(+5GB)の適用期間は最大36ヶ月。
※ドコモの学割の+6GBという表示にはU25応援割の+1GBが含まれる。
※ドコモの学割はデータSパックの場合対象外。
※U25応援割はカケホーダイライトプランの場合、+1GBのみ(▲540円/月が適用されない)
※iPhoneボーナスパケットキャンペーン(+1GB)の適用期間は最大13ヶ月(実質12ヶ月間)。
※のりかえボーナスが21,600円なのは2016/1/25まで。それ以降は10,800円(450円/月)の割引となる。

 

家族のりかえ割や下取りプログラム利用で維持費を安くすることが可能です。

詳細:
キャンペーン・イベント情報 : 下取りプログラム | NTTドコモ
キャンペーン・イベント情報 : 家族まとめて割 | NTTドコモ

 

ちなみにカケホーダイ+データMパックで契約した場合、

・26歳以上なら1年目6,714円/月、2年目8,172円/月
・25歳以下なら1年目6,174円/月、2年目7,632円/月

f:id:ahiru8usagi:20160115174000j:plain

維持費は上がりますが、ドコモの学割が適用になるのでボーナスパケットが大幅にアップします。電話かけ放題かつスマホでネットをたくさん使いたい場合はこちらのプランがよいかもしれません。

 

sources:
キャンペーン・イベント情報 : ドコモの学割 | NTTドコモ
対象となる割引 | 料金・割引 | NTTドコモ
iPhoneボーナスパケットキャンペーン | iPhone | NTTドコモ
ドコモにチェンジ割 | iPhone | NTTドコモ
キャンペーン・イベント情報 : 家族まとめて割 | NTTドコモ
のりかえボーナス | iPhone | NTTドコモ

 

3.auのiPhone 6s維持費

3-1.au旧プランの維持費

機種代込みの最低維持費はLTEプラン+LTEフラット。

・26歳以上なら1年目6,930円/月、2年目7,938円/月
・25歳以下なら1年目6,930円/月、2年目7,938円/月

f:id:ahiru8usagi:20160115191120j:plain

※LTEプランはauの学割/iPhoneボーナスパケットキャンペーン対象外。
※auにのりかえ割の適用期間は12ヶ月。

au家族でのりかえキャンペーンや下取りプログラム利用で維持費を安くすることが可能です。

詳細:
au家族でのりかえキャンペーン | キャンペーン | au
下取りプログラム(乗りかえ) | 下取りプログラム | au

 

3-2.au新プランの維持費

新プラン(スーパーカケホ+データ定額5)で契約した場合は、

・26歳以上なら1年目6,930円/月、2年目8,010円/月
・25歳以下なら1年目6,930円/月、2年目8,010円/月

新プラン(カケホ+データ定額5)で契約した場合は、

・26歳以上なら1年目8,010円/月、2年目9,090円/月
・25歳以下なら1年目8,010円/月、2年目9,090円/月

f:id:ahiru8usagi:20160115191631j:plain

※auのりかえ割とauの学割が重畳した場合、auの学割の月額割引料が優先される。
※よって、25歳以下でも維持費は変わらず、+5GBのみの適用となる。)
※auの学割の適用期間は12ヶ月。

LTEプラン+LTEフラットとスーパーカケホ+データ定額5の維持費は1年目同じ。2年目72円の差額。データ容量はスーパーカケホの方が多く使えるのでこちらの方が得策といえます。加えて電話かけ放題の方がよいのであれば、カケホを選択する形になりますね。

 

sources:
キャンペーン・割引特典 | スマートフォン・携帯電話 | au
今年は何かが違う。auの学割 | au
auにのりかえ割 | キャンペーン | au
au家族でのりかえキャンペーン | キャンペーン | au
iPhoneデータ増量キャンペーン | iPhone 6s / iPhone 6s Plus | iPhone | au
下取りプログラム(乗りかえ) | 下取りプログラム | au

 

4.softbankのiPhone 6s維持費

4-1.softbank旧プランの維持費

機種代込みの最低維持費はパケットし放題for 4G LTE。

ホワイトプラン+パケットし放題 for 4G LTEで契約した場合は、

・26歳以上なら1年目4,791円/月、2年目4,791円/月
・25歳以下でギガ学割のデータ増量選択なら1年目4,791円/月、2年目4,791円/月
・25歳以下でギガ学割の割引選択なら1年目3,783円/月、2年目3,783円/月

ただし、15.5MBの通信でデータ定額代が6,000円となるため実用的ではない。

7GB使えるホワイトプラン+パケットし放題 for 4G LTEフラットで契約した場合は、

・26歳以上なら1年目6,912円/月、2年目7,920円/月
・25歳以下でギガ学割のデータ増量選択なら1年目7,920円/月、2年目7,920円/月
・25歳以下でギガ学割の割引選択なら1年目6,912円/月、2年目6,912円/月

f:id:ahiru8usagi:20160115214123j:plain

※ギガ学割は『データ+6GB』か『月額料金割引』のどちらか一方を選択する。両方はできない。
※ギガ学割とのりかえ割の併用はできない。
※のりかえ割の適用期間は12ヶ月。
※パケットし放題for 4G LTEはiPhoneデータ増量キャンペーンの対象外
iPhoneデータ増量キャンペーンの適用期間は最大13ヶ月(実質12ヶ月間)

のりかえ下取りプログラム利用で維持費を安くすることが可能です。

詳細:のりかえ下取りプログラム | キャンペーン・プレゼント一覧 | キャンペーン・プレゼント | モバイル | ソフトバンク

 

4-2.softbank新プランの維持費

新プラン(スーパーカケホ+データ定額5)で契約した場合は、

・26歳以上なら1年目6,599円/月、2年目7,992円/月
・25歳以下でギガ学割のデータ増量選択なら1年目7,992円/月、2年目7,992円/月
・25歳以下でギガ学割の割引選択なら1年目6,372円/月、2年目6,372円/月

新プラン(カケホ+データ定額5)で契約した場合は、

・26歳以上なら1年目7,452円/月、2年目7,452円/月
・25歳以下でギガ学割の割引選択なら1年目5,832円/月、2年目5,832円/月

f:id:ahiru8usagi:20160115215226j:plain

※ギガ学割はデータ定額小容量(2GB)の場合、パケット増量を選択できない。
※データ定額小容量(2GB)はのりかえ割対象外。
※スマ放題ライトは2GBプラン選択不可。

スマ放題の場合、のりかえ割の割引額は1,393円ですがデータ定額5GBと2GBの差額は1,620円。よって、5GBよりも2GBの方が維持費が安く、のりかえ割のなくなる2年目はさらに維持費の差がでます。

旧プランの『ホワイトプラン+パケットし放題 for 4G LTE』は実用的ではないため、新プラン推奨ですが、データ容量重視なら『スマ放題ライト+データ5GB』。電話かけ放題がよいなら『スマ放題+2GB』を選択するとよいでしょう。電話かけ放題でデータ容量も多いほうがいいなら『スマ放題+5GBプラン』にすればギガ放題のデータ容量も選択可能となります。ネット重視なら選択の余地あり。

 

まとめ

よって、iPhone 6sを契約したいと考えているなら、

今docomoを契約している⇒auのスーパーカケホ(電話5分間無料)+データ定額標準(5GB)プランにMNP!

今au/softbankを契約している⇒docomoのカケホーダイ(電話無料)+データSパック(2GB)にMNP!

を当ブログでは推奨します。もちろん使用目的によっては電話かけ放題がいい場合やデータ容量重視の場合もあるでしょうから、あくまで目安としてお考えください。

 

関連記事:

2016年学割の3社比較なら!⇒docomoの学割とauの学割とsoftbankはギガ学割を発表!?特典の違いを解説!【2016年版】 - And Reframing Things
格安スマホを使ってみたいなら!⇒格安スマホ徹底比較!?コスパの高いSIMフリー端末を選ぼう!【2016年冬版】 - And Reframing Things
スマホの通信料金を劇的に安くするなら!⇒格安simの速度&利用者数比較!?おすすめMVNO 5選!!【2016年1月版】 - And Reframing Things

© 2014 And Reframing Things