And Reframing Things

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

Chromebook flip C100PAで最初にした設定まとめ

スポンサーリンク

Chromebook flip C100PAを購入後ひとおおりの初期設定を終え、一週間ほど使用しています(現在も使用中)。

私的に使いやすい設定にしてみたので、最初にした設定をまとめておきます。

 

0.リカバリUSB作成

一番最初にChromebookに不具合が生じたときのためのリカバリUSBを作成しました。これを作っておけば万が一のときは安心。


1.開発者モードにする

次に開発者モードで起動してみました。Chromebookをそのまま使うなら不要な操作ですが、開発者モードにすると内部ストレージが一旦すべて消えるので、LinuxやAndroid studioを導入するなら最初にやっておいたほうがよいです。

 

2.Linuxの導入

開発者モードで起動したあとはLinux(Xubuntu)を導入してみました。これでLibreofficeやthunderbirdなどのLinuxデスクトップアプリを使用できます。

 

thunderbirdのプロファイル移行

Linux導入後はthunderbirdもデスクトップアプリとして使えます。普段使ってPCからプロファイルを移行すれば環境そのままで使えて便利。

 

thunderbirdのプロファイルを外部ストレージに移行

C100PAは内部ストレージが16GBしかないのでthunderbirdを使っていたら容量不足になってしまいましたので、SDカードにプロファイルを移行しました。

 

3.その他基本設定

あとはChromebookの基本的な設定を整えていきます。

 

3-1.キーボード設定

キーボード設定は画面右下の『通知領域』をクリックし、アカウントの下のキーボードをクリック。

f:id:ahiru8usagi:20170226135540j:plain

 

『言語ち入力方法をカスタマイズ』をクリック。

f:id:ahiru8usagi:20170226135554j:plain

 

ここでキーボードの入力方法を設定できます。

私の持っているC100PAはUSキーボードなので『Google日本語入力(USキーボード用)』で設定。

f:id:ahiru8usagi:20170226135606j:plain

 

英語の方は『英語(米国)のキーボード』で設定しています。

f:id:ahiru8usagi:20170226135618j:plain

 

3-2ディスプレイ解像度

次にディスプレイ解像度を調整しました。

『通知領域』をクリックし一番下の『設定』をクリックすると設定画面がでます。

『ディスプレイの設定』をクリック。

f:id:ahiru8usagi:20170226135634j:plain

 

ここで解像度を変更できます。

f:id:ahiru8usagi:20170226135648j:plain

C100PAの場合1280x800が見やすいですが、1440x900(最大)にすると画面を広く使えます。好みに応じて調整。

 

3-3.トラックパッドの設定

『トラックパッドの設定』をクリック。

f:id:ahiru8usagi:20170226135705j:plain

 

ここで『純正のスクロール』と『逆スクロール』を選択できます。

f:id:ahiru8usagi:20170226135719j:plain

ブラウザをスクロールするときにマウスのホイールだと上から下に転がし、スマホやタブレットでは下から上にスワイプします。ホイールの挙動が『純正スクロール』、タッチパネルの挙動に近いのが『逆スクロール』になります。どちらも使っていればすぐなれますが、やりやすい方で設定しましょう。

 

3-4.アイコンの変更

ユーザーの画像はアイコンをクリックすることで変更できます。

f:id:ahiru8usagi:20170226135731j:plain

 

元々ある写真から選んだり、画像をアップロードしてその写真で設定することができます。

f:id:ahiru8usagi:20170226135745j:plain

 

3-5.シェルフの調整

タスクバーをChromebookでは『シェルフ(棚)』と呼びます。

左下のすべてのアプリから、シェルフに固定したいアプリを右クリックすれば、ショートカットを作成できます。ChromeアプリもAndroidアプリも作成可。

f:id:ahiru8usagi:20170226135758j:plain

 

3-6.smart lock for chromebookを設定

この設定をONにすると、bluetoothで接続したスマホが解錠状態にあるときに、ChromebookにPWなしでログインできます。

f:id:ahiru8usagi:20170226135828j:plain

 

指紋認証などを搭載しているスマホであれば実質chromebookに指紋認証でログインできるようになるのでとても便利。しかししばしば反応しないときがあるのでgoogleアカウントのPWは一応控えておいたほうがいいかも。

 

3-7.Google Playを有効にする

Google Playを有効にすることでAndroidアプリを使えるようになります。

f:id:ahiru8usagi:20170226135840j:plain

f:id:ahiru8usagi:20170226135851j:plain

 

詳しい設定方法や使い勝手についてはこちらに記載。

 

Kindle for Android(KindleのAndroidアプリ)なんかをインストールすると快適にKindle電子書籍も読めます。

 

3-8.保存先の変更

chromebookに保存したファイルはローカルの『Downloads』に保存されるようになっています。

内部ストレージは少ない端末が多いので、SDカードなどに変更したい場合は変更しておきましょう。

f:id:ahiru8usagi:20170226135927j:plain

 

おわりに

最初にした設定はこんな感じです。

あと数ヶ月Chromebookを使うつもりですがなかなか使い勝手がよく重宝しています。

Chromebook flip C100PAだと一日充電が持ち、AndroidアプリとLinuxデスクトップアプリを併用していい感じ。お気に入りの一機となりました。

関連記事:ASUS Chromebook flip C100PAを半月ほど使ったのでレビューと感想!

© 2014 And Reframing Things