And Reframing Things

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

【自動車保険】人身傷害と搭乗者傷害の違い!?(ってか搭乗者傷害とかいる?)

スポンサーリンク

自動車に乗る際に加入されておられるであろう任意保険。加入されてますよね?されてない場合は危ないので加入して下さい。対人・対物賠償がないと相手様にケガさせてしまったときは目も当てられない状況となります。今回はご自身の身を守るためのおケガの補償である『人身傷害』と『搭乗者傷害』の補償内容の違いについて説明します。

f:id:ahiru8usagi:20150304194000g:plain

『人身障害』も『搭乗者傷害』も車に乗られている方、全ての方のおケガの補償をする特約となります。この2つの特約、どこが違うかというと、

①保険金の支払われ方
②補償範囲の選択

の2点が異なります。

①保険金の支払われ方

人身障害の保険金の支払われ方は、『実際の損害額』に合わせて保険金が降ります。治療費が1,000万円かかったなら1,000万円。治療費が2,000万円かかったなら2,000万円の保険金が降りるのです。

※実際の損害額の内訳は、
・ケガにより入通院する場合の損害額=治療費+休業損害+精神的損害
・後遺障害を被った場合の損害額=逸失利益+精神的損害+将来の介護料+その他の損害
・死亡された場合の損害額=葬儀費+逸失利益+家族の精神的損害+その他の損害 

一方、搭乗者障害は『定額払い』となります。4日以内の入通院であれば1万円、5日以上の入通院で軽傷であれば10万円、5日以上の入通院でかつ骨折や脱臼であれば30万円といった具合に保険会社によって症状・部位別に支払う金額が決まっています。

②補償範囲の選択

②-1:人身傷害の場合

人身傷害の場合は、2つの補償範囲が選べます。『車内のみ』補償するタイプと『車内車外ともに』補償するタイプです。

車内のみ』タイプは簡単ですね。お車に乗っている方全てが1名につきoooo万円の補償がつくタイプです。(保険会社によっては人身傷害「搭乗中のみ」補償などと書かれている場合があります。)

人身傷害(車内のみ)の補償範囲

f:id:ahiru8usagi:20150304201604j:plain

ペイントで5分で作った図ですご容赦下さい
この『車内のみ』の補償範囲を広げるのが『車内車外ともに補償タイプ』(保険会社によっては「人身傷害特約」とのみ書かれている場合がございます)。
車内・車外ともに補償タイプは友人の車に乗っているときや、歩行中の自動車事故のケガも補償されます。ただし、家族(同居親族)の車に乗っているときだけは補償されません

人身傷害(車内・車外ともに補償タイプ)の補償範囲

f:id:ahiru8usagi:20150304201851j:plain

こちらはペイントで6分で作った図ですよろしくお願いします

家族(同居親族)の車だけは『車内・車外ともに補償』タイプでも補償対象外なので、家族(同居親族)の車には、『車内のみ補償』タイプの人身傷害をつけます。これが保険会社で人身傷害の補償範囲の重複に注意と言われたる所以です。『車内・車外ともに補償』タイプの人身傷害は家族(同居親族)の持つ車で1つ付けていれば十分なのです。

②-2:搭乗者傷害の場合

搭乗者傷害の補償範囲は、車に乗られている方全てのみです。車外まで広げることはできません。

搭乗者傷害の補償範囲

f:id:ahiru8usagi:20150304202420j:plain

搭乗者傷害の場合は、保険金の支払われ方を2点から選択することができます。入通院の際は部位症状別の定額払の保険金がおりますが、死亡したとき・後遺障害を被ったとき、にも保険金を捻出することができるというタイプが選択できます。

区分けしてみると下記のような感じ

1.入通院一時金のみ

・ケガの場合→症状・部位別に定額払(骨折であれば30万円など)

2.入通院一時金+死亡・後遺障害(500万円)

・ケガの場合→症状・部位別に定額払(骨折であれば30万円など)
・死亡した場合/後遺障害を被った場合→500万円を限度に支払い

3.入通院一時金+死亡・後遺障害(1000万円)

・ケガの場合→症状・部位別に定額払(骨折であれば30万円など)
・死亡した場合/後遺障害を被った場合→1,000万円を限度に支払い

そもそも人身傷害で死亡・後遺障害は支払われる訳ですが、さらに別枠で搭乗者傷害から死亡・後遺障害の金額を頂くことができる訳です。そんな手厚くする必要がなければ搭乗者傷害の死亡・後遺障害の部分は外すという判断になります。搭乗者傷害の入通院一時金は人身傷害よりも支払いが早いため、病院に行ったあと自己負担を減らしたければ、搭乗者傷害の入通院一時金は加入しておいた方がよいでしょう。

まとめ

ざっくりとした説明でしたが、以上が自動車保険の人身傷害と搭乗者保険の違いです。これらの特約は使用しても等級が下がりません。

人身傷害は必須ですが搭乗者傷害っているの?って思うあなた。搭乗者傷害を付けておいて事故で軽度のケガをしたときに、5日以上通院するのがいいですよ。10万円もらえるし

© 2014 And Reframing Things