And Reframing Things

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

【かけ放題】今すぐガラケー/スマホの2台持ちで月額2,262円~!?

スポンサーリンク

※この記事は2015年4月24日に執筆した内容です。過去の情報としてご照覧ください。

主に現在docomoを契約している人向けの記事。

docomoに契約しているあなたは、今すぐガラケーとスマホの2台持ちにすることで、月額料金2,262円(税込)で利用することができます。ガラケーは電話専用(かけ放題:税込1,548円)、スマホはデータ通信専用(1GBなら税込714円)という使い方でもよければ、ですが。

f:id:ahiru8usagi:20150424222428j:plain

目次

1.料金の内訳は!?

2.どうやったら月額料金を安くできるの!?

3.auのガラケーにMNPで電話代が格安に!?

4.元々持っているスマホでWebやLINEを使えるようにする!?

5.その他注意点(初期費用とか)

 

1.料金の内訳は!?

ガラケー料金は下記の通り。

ガラケー(au)  
プラン 料金
電話かけ放題(ガラケー) 2200
EZ WIN  
小計 2200
小計(税込) 2376
毎月割(GRATINA2) -810
ユニバーサルサービス料 2
Web de 明細 -20
合計(税込) 1548

次にスマホの料金。

スマホ(DMM MobileのSIMカード)  
プラン 料金
データ通信プラン(1GB) 660
小計 660
小計(税込) 712
ユニバーサルサービス料 2
合計(税込) 714

 

・ガラケーは、電話専用機として使います。しかも電話かけ放題。
・スマホは、データ通信専用なので、WebやLINEを使う用です。

2台の料金を合わせると、税込2,262円。データ通信は1GBですが、プランを変えれば通信量を多くすることも可能。もちろんその場合月額料金も上がってしまいますが。

※2016年5月現在この方法を試すと2,080円となります。変化事項⇒『GRATINA2の毎月割が300円に減額』『Web de 明細の20円割引廃止』『格安simはDTI SIMの無料キャンペーンを利用(2円)』。

2.どうやったら月額料金を安くできるの!?

まず今のdocomoのスマホからauのガラケー(GRATINA2という機種)にMNP(乗り換え)をします。MNPをした後は、元々持っているスマホに格安sim(データ専用)を挿して使います。こうして格安運用が可能に。では一つ一つ方法をみていきましょう。

3.auのガラケーにMNPで電話代が格安に!?

冒頭のような格安運用を実現するためには、まずdocomoのスマホからauのガラケーにMNP(番号乗り換え)を行いましょう。

f:id:ahiru8usagi:20150424223957j:plain

auのガラケーで電話かけ放題で最も安い月額維持費を算出できるのは『GRATINA』という機種です。今回はその後継機にあたる『GRATINA2』での試算をしています。前者の方が月々90円程安く契約はできます。

・GRATINA2を一括0円で契約する

一括0円とは携帯電話の端末代を0円にしますよ!という意味です。GRATINA2を一括0円で契約すると、ひとまずGRATINA2の端末代は無料となります。auの電話かけ放題(ガラケー)プランは、2,376円ですが、ここから毎月割という端末代の割引が適用されるので810円(税込)の割引されます。となると、現段階で月々の料金は、

2,376円-810円=1,566円(税込)

※2016年5月現在、GRATINA2の毎月割は300円に減額となっています。

・ユニバーサルサービス料とWeb de明細

携帯電話を契約すると必ずかかるユニバーサルサービス料。これは2円。そして、明細をペーパーレス(明細の郵送を止めて、Webでのみ明細を見れるよう)にすることで、20円の割引となります。よって、

1,566円 + 2円 - 20円 = 1,548円(税込)

※Web de 明細の20円引きは2015年6月利用分までで終了となりました。

・EZ WIN(メール料金)

auのGRATINA2にMNPすると、EZ WINと呼ばれるプロバイダ接続料(≒メールするための料金)324円(税込)がかかります。いわゆる『~~~@ezweb.ne.jp』というメアドを使うための料金です。auのメールが不要であれば、EZ WINのみ解除しても差し支えないので、MNP後EZ WINは解除します。

 

こうして電話かけ放題なのにも関わらず、月額1,548円(税込)という格安ガラケーが誕生します。

4.元々持っているスマホでWebやLINEを使えるようにする!?

スマホからガラケーにMNPをしてしまうと、元々もっているスマホでは通信ができなくなります。現在Wi-Fiしか繋がらない状態。ここで、格安simをスマホに挿しこむことで、再びどこでもデータ通信(WebとかLINEとかyoutubeとか)が使えるようになります。

f:id:ahiru8usagi:20150424225903j:plain

・格安simを契約する

格安simの契約は全てインターネットだけでできます。インターネットで好みの格安simを注文すると、あなたの家に、上記図の様なちっさいカードが到着。それをスマホに挿してあるdocomoのsimカードと挿し換えることで、データ通信が行えるようになります。

・現状格安simで最も安いのはDMM Mobile

格安simを販売している業者を『MVNO』といいますが、数多くのMVNOが格安simを販売しています。(Biglobeやぷららmobile、u-mobile、b-mobile、so-net、@niftyなど)この中で最も安い格安simを販売しているのはどうやら『DMM Mobile』の模様。1GBの高速データ通信が月額712円(税込)という金額で使用できます。

※2016年5月現在、最安はBiglobeとDTI SIMの毎月0円です。(Biglobe / DTI SIM

・格安simは通信品質が良くない?

docomo本家と比べて、格安simは通信速度が遅かったり、時間帯によって繋がりがよくないときがあると言われています。これはMVNOがdocomoの周波数の一部を借りて格安simとして販売しているためです。格安simの実行速度についてはいたるところで計測されている方がいます。一例としては下記。

f:id:ahiru8usagi:20150424230843j:plain

参考:格安SIMの速度比較テスト【春】 ドコモより通信速度が速い格安SIMがあった - 【渋谷】ドコモより速度が上回る格安SIMはどれ? 日経トレンディネット

基本的には、docomo本家やau本家の方が通信速度が、早く安定しています。格安simの料金を安くするのももちろん大事ですが、通信品質がよくないと使い勝手が悪くなるので、格安simの選択には注意しましょう。また、スマホと格安simの相性によって、使えなかったりする可能性もあるので、使いたいsimカードが決まったら、事前に格安simを販売している業者のサイトで『動作確認端末一覧』を調べて、自分のスマホが使えるかどうか確認しておきましょう。

・格安simでもLINEは使える?

元々持っていたスマホにLINEが入っていれば、simカードを挿し換えてもLINEは使えます。ただし、データ通信専用のsimカードで、スマホを新しくすると、電話認証が行えないので、Facebook認証を利用するか、ガラケーで音声認証を行う必要があります。

・電話の受信だけならスマホでもできる?

ガラケーから格安simを挿したスマホに電話を転送することで、電話の受信だけはスマホでもできるようにできます。例えば、アプリ『SMARTalk』をスマホにインストールすれば、050から始まる電話番号を維持費無料で手に入れることができます。あとはガラケーにかかってきた電話は全てこの050の番号に転送するようにすれば、スマホでも電話をうけることができるようになります。ただし、スマホから050の番号を使って電話をかけると、電話料金が発生してしまうので、電話をかけるときはガラケーを使ったほうがいいです。

5.その他注意点(初期費用とか)

早速2台持ちをしたくなってくるところですがちょっと待った。docomoスマホ→au GRATINA2にMNPのときと格安simを契約するときに、いろんな手数料がかかるので、事前にチェックしておきましょう。

①docomo解約金:10,260円(税込)
②docomoMNP転出料:2,160円(税込)
③docomoのスマホ代金を分割で支払っている場合は、端末代の残りの金額
④格安simの新規契約事務手数料:通常3,240円(税込)前後
⑤au新規契約事務手数料:3,240円(税込)

※docomoスマホにdocomo系格安simを挿す場合は、simロック解除不要

あとは、GRATINA2を一括0円にするために、「コンテンツを利用して下さい」と言われることがあります(au安心サポートとか)。こういったコンテンツなどは途中で解除してもよいものが多いので、維持費を安くするために早めに解除しておきましょう。 

まとめ

と、いうことで、格安simとauガラケーを2台持ちすることで、電話かけ放題+データ通信可能という運用ができるようになりました。電話をちょくちょくする人であれば、電話料金がかからない分、格安simの音声通話プランよりも格安です。あと、ガラケーのバッテリーの持ち具合を体験することができます。

なお、実践する場合は、後で泣きを見ないために、docomoの解約金や格安simとスマホの相性はOKかといったところを必ず事前に調べておいた方がよいでしょう。

© 2014 And Reframing Things