And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

auガラケーをにMNPで5分間かけ放題を毎月996円で運用する方法!【かけ放題は2,076円】

スポンサーリンク

現在Softbank、Y!mobileで契約している人向けの記事。auガラケーにMNPすることで5分間かけ放題を税込996円/月で運用する方法をシェアします。時間制限なしのかけ放題プランの場合は税込2,076円/月。機種によっては一括0円で購入できるので、音声通話料金を安くしたい人必見。

(現在docomoかauで契約している場合はSoftbankガラケーにMNPした方が安いです。5分以内かけ放題は2円/月、かけ放題は932円/月で運用できます。詳細や注文の仕方はコチラの記事をご参照のこと。)

1.auガラケー税込996円運用達成までの手順

以下の手順でauガラケーの税込996円/運用を実現できます。

確認:現在docomoかSoftbank、Y!mobile(あるいはau回線以外の格安sim)を利用している
手順1:現在の契約先でMNP予約番号を発行する。
手順2:auにMNP。端末は4G ガラケーを選択[GRATINA 4G推奨]
手順3:プランは『スーパーカケホ』と『LTE NET』『ダブル定額Z』を選択。
手順4:いらないプラン・コンテンツを外す(LTE NET、うたパス、安心ケータイサポートプラスなど)

※2017年5月28日調査の内容です。今後変更になる可能性もあるので、契約を検討される場合は事前にご確認ください。
※以下、全て税込み表示です。

1-1.手順1:現在の契約先でMNP予約番号の発行

まずは電話番号そのままでauに乗り換えるための『MNP予約番号』を発行します。MNPでauガラケーを購入することで、端末代金と維持費が安くなります。

MNP予約番号発行は電話かPC、店舗で可能です。詳しくは各社HPをご覧ください。

MNP予約番号発行方法|docomo
MNP予約番号発行方法|Softbank
MNP予約番号発行方法|Y!mobile

MNP予約番号発行をする際に、今解約するといくらの費用(解約金・MNP転出料・端末の残債etc...)がかかるかを教えてくれます。MNP予約番号を発行しても、auで契約しなければMNP転出料は発生しないので安心。不安な場合は電話で確認するとよいでしょう。

 

1-2.手順2:auにMNP。端末は4Gガラケーを選択

MNP予約番号を発行できたら、auにMNPします。端末は『4Gガラケー』を選択することで端末代を安く済ますことができます。

ネット上のau系唯一の代理店レクサスプランニング さんのMNPをした場合のガラケーの端末代金は以下のとおり。

・GRATINA 4G:一括0円 / 5,000円キャッシュバックあり
・かんたんケータイ KYF32:一括23,540円
・AQUOS K SHF33:一括14,900円

後述する維持費はかんたんケータイやAQUOS Kの方が安くなるものの、それを差し引いてもトータルではGRATINA 4Gを一括0円で購入した方が安くなります。よって、GRATINA 4G推奨。

※3Gケータイは各店舗在庫なし。

 

1-3.手順3:プラン選択

プランを選択します。

『スーパーカケホ』と『LTE NET』『ダブル定額Z』で契約します。

※スーパーカケホは5分以内かけ放題です。5分超過して通話した場合は30秒あたり20円の通話料が課せられます。
※時間制限なしのかけ放題のプランが良い場合は『カケホ』を選択。維持費は2,076円となります。
※5分以内でもかけ放題でもないひと月あたり1100円分まで無料がいいなら『VKプランS』。ひと月あたり2600円分まで無料がいいなら『VKプランM』という選択肢もあります。維持費は前者1,749円、後者1,749円。

 

1-4.手順4:いらないプランやコンテンツを外す

最後にいらないプランやコンテンツを外します。最初から外しておかない理由は、『LTE NET』や『うたパス』などのコンテンツに加入することを条件に「端末代一括0円」や「キャッシュバック」といった特典を得られるからです。当月中の解約は不可とされる店舗が多いため、基本は契約後2か月目に解約します。契約する際に条件は必ず確認しておきましょう。

レクサスプランニングさんの場合、

・LTE NET(324円):要2か月間加入※auのメールを使いたい場合は契約したままにします
・安心ケータイサポートプラス(410円):要2か月間加入
・スマートパス(初月無料/401円):契約月当月の解約不可
・ビデオパス(初月無料/606円):契約月当月の解約不可
・うたパス(初月無料/324円):契約月当月の解約不可
・ブックパス(初月無料/606円):契約月当月の解約不可

これらのプラン・コンテンツを契約後2か月目に解約することで、最終的に月額料金996円となります。

※各コンテンツの解約方法は「●●パス 解約方法」などでググるとすぐ出ます。
※「スマートパスを解約すると毎月割が減額されます」といった注意書きがありますが、これはAndroidスマホの場合だけで、iPhoneやガラケーの場合はスマートパスを解約しても毎月割は減額されません。au料金シミュレーションで確認するとわかりやすいです。

 

2.選択する端末・プランと料金

上記は996円運用をする手順を紹介しましたが、選択する端末やプランによって料金は異なります。端末およびプラン毎の最終的な維持費の一覧は以下のとおり。

2-1.GRATINA 4G


f:id:ahiru8usagi:20170528223434p:plain

 

2-2.かんたんケータイ KYF32

f:id:ahiru8usagi:20170528230842p:plain
f:id:ahiru8usagi:20170528223444p:plain

 

2-3.AQUOS K SHF33


f:id:ahiru8usagi:20170528223452p:plain

 

※かんたんケータイやAQUOS Kの方が維持費は安くなりますが端末代金が高いので、トータルコストはGRATINA 4Gの方が安上がりです。

おわりに

以上、auガラケー996円運用方法でした。上記プランはデータ通信を行うと割高になってしまうので、ガラケーは音声通話&SMS専用として使用すると格安で運用できます。あとはスマホに格安simのデータプラン(3GBなど)を挿して2台持ち運用をすれば、

・音声通話料金996円 + スマホデータ料金(3GB864円程度) = 1,860円

5分かけ放題&データ容量3GBというプランを毎月1,860円という格安な金額で運用できます。例えば、楽天モバイルの音声プランはデータプラン+756円、5分かけ放題オプションが918円であることを考えると、5分かけ放題ガラケーを996円で持つ価格メリットは十分にあると言えるでしょう。データ容量も格安simなので自由にプラン変更しやすいというメリットもあります。ガラケーとスマホの2台持ちに抵抗なければオススメの格安運用方法です。

また、先述したとおりSoftbankガラケーの方が維持費は安いのでおとくケータイ.net ケータイ乗り換え.comで先に契約をする方がよいです。現在SoftbankやY!mobileで契約しているとかの理由でSoftbankへのMNPのうまみがない場合に今回のauガラケー996円運用方法をご検討ください。最寄りに好条件のauショップがない場合は今回紹介した実績のあるレクサスプランニング を利用するとよいと思います。ご参考までに。

関連記事:Softbankスマ放題ライト(5分以内かけ放題)を2円で運用する方法!?スマ放題は932円!
関連記事:【2017年6月】docomo withとシンプルプラン vs 格安simの料金比較!?
関連記事:エントリーパッケージを利用とは?楽天モバイルの事務手数料を無料にする方法とその他キャンペーン併用方法!
関連記事:エントリーコードとは?LINEモバイルをお得に契約する方法!

© 2014 And Reframing Things