And Reframing Things

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

Xiaomiついに日本進出!?注目度・コスパの高い製品一覧!取扱品目拡大に期待しよう!

スポンサーリンク

主に中国国内でコスパの高い家電製品・スマホ・タブレットなどを販売する『Xiaomi(シャオミ)』。Xiaomi製品を日本国内で購入するには中国ECサイトのGearbestBanggoodを使うしかなかった時代も今は昔。2017年4月3日に日本の商社『TJC株式会社』がXiaomiの正式代理店になることを発表。TJC㈱の運営するECサイト『Star Q』などでXiaomi製品を購入することができるようになりました。

スマホやタブレットに関しては技適の問題もあるため、まだ取扱品目は少ないものの今後はXiaomi製品を日本国内のECサイトを利用してスムーズに入手できます。Xiaomiの注目度の高い製品を見ていきましょう。

f:id:ahiru8usagi:20170407013335j:plain

1.TJC株式会社とStar Qについて

TJC株式会社は東京都港区に本社を置く総合商社です。会社概要はTJC㈱のサイトをご参照のこと。

お客様と中国の開発/製造拠点の橋渡し・TJC株式会社|会社概要

 

TJC㈱の運営するECサイトがStar Q Online Shopです。現在取り扱っているXiaomi製品一覧は下記をご参照のこと。

Xiaomi(小米シャオミ)製品 | StarQオンライン|創る、遊ぶ、楽しむ、叶える

 

TJC㈱はAmazon楽天市場Yahoo!ショッピングにも出店しているため、今後は正規代理店であるTJC㈱を通してこれらのECサイトでXiaomi製品を購入することができるようになるでしょう。

2.XiaomiとXiaomiの製品について

Xiaomi(小米科技/シャオミ)は中国の北京市に本社を置く総合家電メーカーです。創業は2010年。2011年に同社初のAndroidスマホ『Mi One』を販売しました。Xiaomi製品のデザイン性の高さとコスパの高さに人気が出て、2014年には中国国内シェア1位、世界シェア3位に上り詰めました。これを機に同2014年タブレット(Mi Pad)やノートPC(Mi notebook)、スマート家電(スマホと連携するTV・空気清浄機・白物家電etc...)に進出。総合家電メーカーとしての色を強めました。

2016年の中国国内スマホシェアは4位(Huawei・OPPO・Vivoに次ぐ)となり若干シェアを落としているものの、デザイン性・コスパに優れるXiaomi製品は日本消費者も注目しています。

Source:小米科技 - Wikipedia
Xiaomi会社概要:Mi Global Home | about us

 

3.Xiaomiの注目の製品

2017/4/6時点でStar Qで取り扱うXiaomi製品はイヤホンやスマホホルダー、スマートウォッチ(Mi band)など品目は少ないもののその他にも魅力的なXiaomi製品は多く存在します。今後の取扱への期待を込めて、注目度の高いXiaomi製品をピックアップしていきましょう。(価格・レートはすべて2017/4/6時点のもの)

【スマホ】Mi5s

Gearbest Xiaomi Mi5s
Xiaomi Mi5s

2016年10月に発売されたXiaomiのフラッグシップモデルスマホ『Mi5s』。

ディスプレイサイズは5.15インチ。CPUはSnapdragon 821 2.15GHz Quad Core 3GB、メモリは3GB(RAM)、内部ストレージは64GB(ROM)。このスペックでDSDS機能に対応し、価格は289.99ドル(≒3.21万円)。デザインもiPhoneのように美しく所有感を満たせる一品。

 

【タブレットPC】Mi Pad 3

Gearbest Xiaomi Mi Pad 3 Tablet PC
Xiaomi Mi Pad 3 Tablet PC

2017年4月6日発売のXiaomi製タブレットPC『Mi Pad 3』。タブレットライクに使えるAndroid(MIUI 8)搭載モデルとノートPCライクに使えるWindows 10搭載モデルあり。Windows搭載モデルの主なスペックは、

・CPU: Intel Kaby Lake Core M3-7Y30
・RAM: 8GB
・ROM: 128GB
・Wi-Fi:802.11 a/b/g/n/ac 
・Bluetooth:◯
・インターフェース:Type-C×1
・バッテリー容量:8,290mAh

このスペックで413.16ドル(≒4.58万円)。ハイエンドスマホや安価ノートPCを購入するよりもコスパが高いです。

 

【ノートPC】Xiaomi notebook Air

Gearbest Xiaomi notebook Air
Xiaomi notebook Air

 2016年8月発売、Xiaomi初のクラムシェル型ノートPC『Xiaomi notebook Air』。12.5インチモデルと13.3インチモデルあり。13.3インチモデルの主なスペックは、

OS:Windows 10 Home
CPU:Intel Core i5-6200u Dual Core 2.3GHz
ディスプレイ:13.3インチ(1920 x 1080)
メモリ(RAM):8GB DDR4
内部ストレージ(ROM):256GB SSD
インターフェース:Type-C×1、USB 3.0×2

価格は912.32ドル(≒10.11万円)。Windows搭載でmacbookのクローン品ながら低価格を実現した良品。

 

【ストリーミングデバイス】Xiaomi Mi TV Box 3 Enhanced

Gearbest Xiaomi Mi TV Box 3 Enhanced
Xiaomi Mi TV Box 3 Enhanced

android TVFire TVの競合『Mi TV Box 3』。搭載CPUはDual Core Cortex-A72 + Quad-core Cortex-A53で搭載メモリは2GB(RAM)とストリーミングデバイスながらパワフル。4K対応でOSはAndroid 5.1のため使い勝手も良し。価格は98.39ドル(≒1.09万円)。

 

【スマートウォッチ】Xiaomi Mi Band 2

Gearbest Xiaomi Mi Band 2
Xiaomi Mi Band 2

AndroidとiOS両方と連携できるXiaomi製スマートウォッチ『Mi Band 2』。Google PlayかAppストアで『Mi Fit』をインストールすることで使用可。睡眠管理や健康管理(歩数計・心拍数計)を行えます。価格は21.89ドル(≒2,430円)と安価。

 

以上、一例としてXiaomi製品をピックアップしてみました。スペックと価格のバランスがよくデザインもなかなかオシャレではないでしょうか。

4.技適について

国内ECサイトstar Qを使わずとも中国ECサイトのGearbestBanggoodを使えば個人輸入できるXiaomi製品ですが、ことスマホやPCなどの電波を発する製品を購入する場合は注意が必要です。それらのような無線機を日本国内で使用する場合は技適マークhttp://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/monitoring/summary/qa/giteki_mark/__icsFiles/artimage/2009/02/01/c_giteki_mar/giteki_new.jpgが付いている製品でないと電波法違法となる場合があるのでご留意ください。

Xiaomi製品は中国国内が主な販売先であるため、無論日本の技適マークが付いておりません。今回TJC㈱が正規代理店となったため、Xiaomi製品の技適を取得してくれるのではないかとの期待が高まります。日本国内でXiaomi製のスマホやタブレット、PCを使える日がくるのも近いかもしれません。(2017年4月6日 記)

© 2014 And Reframing Things