And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

UQ mobileがiOS9以降も対応!?ただしSIMロック解除の必要あり

スポンサーリンク

2016年2月19日、au系格安simを提供する『UQ mobile』がiOS9以降に対応した『構成プロファイル』を公開しました。この構成プロファイルによって新たに使用できるようになった機種は『iPhone 6S』『iPhone 6S Plus』『iPad mini 4』『iPad Pro』の4機種。ただし、SIMロックがかかっている機種の場合、SIMロック解除が必要となるため、実質まだau版iPhone 6S/6S PlusはUQ mobileで使えない状況です。(2016/2/19現在)

目次

1.iPhone 6S / iPhone 6S Plusの対応状況
1-1.『nano(sim)』と『マルチSIM』の違い
1-2.『マルチSIM(VoLTE対応)』を使うにはSIMロック解除が必要
1-3.構成プロファイルダウンロード先
2.他社、au系格安の動作確認状況

 

1.iPhone 6S / iPhone 6S Plusの対応状況

iOS9の構成プロファイル発表により、(2016/2/19)現在のiPhone 6S / iPhone 6S Plusの対応状況は下記表のとおり。(source)表中の○と×の意味は左から順に『音声通話』『SMS』『データ通信』『UQ mobileのメール』『テザリング』です。

f:id:ahiru8usagi:20160220050039j:plain

1-1.『nano(sim)』と『マルチSIM』の違い

『VoLTE』とはLTEを使って音声通話をする技術(Voice+LTE)のことで、『VoLTE』に対応していた方がクリアな音声で通話できます。

VoLTEに対応していないsimカードのことを『nano(SIM)』、VoLTEに対応しているsimカードのことを『マルチSIM』とUQ mobileでは名づけています。(docomo回線ではVoLTE対応の有無によるsimカードの区別はありません。UQ mobileなどのau回線ではVoLTE対応の有無によってsimカードが分かれています。)

つまり、(2016/2/19)現在『nano SIM(VoLTE非対応)』をiPhone 6Sと6S plusで使うと音声通話は可能ですが、データ通信を使うことができず、『マルチSIM(VoLTE対応)』をiPhone 6SとiPhone 6S Plusで使うと、音声通話・データ通信ともに可能となります。

 

1-2.『マルチSIM(VoLTE対応)』を使うにはSIMロック解除が必要

iPhone 6S/6S PlusをUQ mobileで使うにはさらにもう1つ条件があり、表中にもあるとおり『SIMフリー版の場合のみ』マルチSIMを使うことができます。つまり、現在auで購入したiPhone 6S/6S Plusをもっており、UQ mobileのマルチSIMで使いたいのであれば、『SIMロック解除』をする必要があります。

SIMロック解除をするには端末購入日から180日以上経過していなければならないため(source)実質2016/2/19現在、auで購入したSIMロックのかかっているiPhone 6S / 6S PlusをUQ mobileで使うことはできません。

 

1-3.構成プロファイルダウンロード先

SIMフリー版iPhone6S / 6S PlusでUQ mobileのマルチSIMを使う場合は、『構成プロファイル』をインストールして、設定を行います。ダウンロード先と手順については公式サイトをご参照ください。

iOS端末の設定方法(iOS9用)|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile

 

2.他社、au系格安の動作確認状況

2016/2/19現在au系格安simを取り扱っているのは『mineo』『UQ mobile』『Fiimo』の3社です。『mineo』と『Fiimo』はdocomo系simも取り扱っています。(Fiimoのmvneはmineo)

『mineo』と『Fiimo』のauのsimカードのiPhone 6S / 6S Plusの対応状況は下記表のとおり。(source1/source2)(mineoとFiimoではマルチSIMではなくau VoLTE SIMと表現されています。)

f:id:ahiru8usagi:20160220052715j:plain

f:id:ahiru8usagi:20160220052729j:plain

ご覧のとおり『nano(VoLTE非対応)』のsimカードでもデータ通信、音声通話ともに使用できるため、もし現在auで購入したiPhone 6S/6S Plusを持っているなら、『mineo』か『Fiimo』を使うという選択肢があります。

 

おわりに

UQ mobileはiPhoneの対応状況が芳しくないため、契約する際には動作確認されている端末かどうかチェックすることは必須です。ただし、通信速度はもっぱら早いと評判なので、格安simをできるだけ早い回線速度で快適に使いたいと考える場合は有力候補です。

UQ mobile データ高速プラン

© 2014 And Reframing Things