And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

U-mobile Premiumを7月1日開始予定!?料金同じで下り最大375Mbpsへ!

スポンサーリンク

先日発表のあったU-mobileからまたも発表です。『U-mobile Premium』という新たなプランを7月1日に提供予定とのこと。料金はいままでのプランと同じですが、Premiumプランでは回線提供元がIIJとなりより高品質な通信の提供を目指すとのこと。

f:id:ahiru8usagi:20160610030121j:plain

目次

1.U-mobile既存プランとU-mobile Premiumの料金

2.回線提供元と最高下り速度の違い

3.雑感・注意点

 

1.U-mobile既存プランとU-mobile Premiumの料金

7月1日から提供予定のプランは『Premium』という名称が付いていますが、料金設定は今までのプランと全く同じです。

f:id:ahiru8usagi:20160610030715j:plain

 

2.回線提供元と最高下り速度の違い

料金が同じでなぜPremiumかというとMVNE(回線の提供元みたいなもの)が異なるから。既存プランでは『freebit』という会社が、Premiumプランでは『IIJ』という会社がU-mobileの回線サービスをサポートします。

f:id:ahiru8usagi:20160610033136j:plain

『IIJ』がMVNEを務めるMVNOと言えば『IIJmio(自社)』『イオンモバイル』『DMM mobile』など通信速度が安定していると評判のところが多いです。IIJは技術力が高いためこちらと協業することで通信品質が高まると見込んで『U-mobile Premium』という名称にしているようです。

 

3.雑感・注意点

DTI SIMは評判良い傾向

同じくfreebitがMVNEを務める『DTI SIM』では『半年間無料キャンペーン』を行っていたりや『ネットつかい放題』プランを提供開始し、そこそこ通信速度も早く評判は良い傾向にあります。(むしろ運営はfreebitではなくDTI主導かも:source

『DTI SIM』以外のfreebit系格安simがあまり振るわなかったので仕方がない部分もあるかもしれませんが、同じ料金設定でIIJの方はPremiumとか言っちゃって大丈夫なんだろうか。

 

プラン自動切換とならない

既存プランを利用しているユーザーのPremiumへの自動以降は現在検討していないとのこと。どうしても切り替えたい場合は現在のプランを解約して新たにU-mobile Premiumに加入する必要があります。

 

U-mobile SUPERはどうなったのか

6月1日に発表のあったもう1つのプラン『U-mobile SUPER』。回線提供元はSoftbankであり、Y!mobileのSIMロックあり端末なら使用可能(Softbankのsimロック端末は×)というちょっと面白めのプランを6月上旬に提供するとのことでしたが、6/9現在同プランについての新たなアナウンスはありません。

どちらかと言えばこちらの方がどう組み立ててくるのか楽しみにしていたのですけどね。

 

おわりに

ということで今後は『freebitプラン』『Premiumプラン』『SUPERプラン』の3つのプランを提供するという構想なのかもしれません。続報を待ちましょう。

© 2014 And Reframing Things