And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

Surfacebook、Surface Laptop、Surface Studioのスペック一覧表!?

スポンサーリンク

Microsoft謹製プロダクトSurfaceシリーズの『Surfacebook』『Surfacebook with Performance Base』『Surface Laptop』『Surface Studio』のスペックを一覧表にしました。

2 in 1PCの『Surface』と『Surface Pro』のスペック一覧についてはコチラの記事をご参照のこと。

目次

1.Surfacebook
1-1.Surfacebook
1-2.Surfacebook with Performance Base
2.Surface Laptop
3.Surface Studio
4.Surfaceアクセサリ
4-1.Surface Pen
4-2.Surface Dial
4-3.Surface Arc Mouse

1.Surfacebook

1-1.Surfacebook

2015年に発表された『Surfacebook』。着脱式のキーボードとなっているがSurface Proシリーズとは異なり背面のキックスタンドが取り除かれているため省スペースでも操作しやすい。タブレット側・キーボード側双方にバッテリーを搭載しているためハイスペックマシンながら12時間という長いバッテリー駆動時間を実現。またGPU搭載モデルであればキーボード側にGeForceを搭載しており、グラフィックス機能が高い。

f:id:ahiru8usagi:20170527073111p:plain
※価格は2017年5月時点のMicrosoftストア(日本)を参考にしています。

1-2.Surfacebook with Performance Base

2016年10月発表、日本では2017年4月に発売したSurfacebookの後継機『Surfacebook パフォーマンスベース搭載モデル』。搭載するGPUが『GeForce 940M』から『GeForce GTX 965M』となり画像処理能力が向上している。さらにバッテリー駆動時間も16時間に伸びている。

 


f:id:ahiru8usagi:20170527071637p:plain
※価格は2017年5月時点のMicrosotストア(日本)を参照しています。

2.Surface Laptop

2017年5月発表、日本では2017年7月20日予定の『Surface Laptop』。Surface ProやSurfacebookとは異なりキーボードの切り離しができないクラムシェル型ノートPCです。Microsoft純正アプリかWindowsストアのアプリしか使用できない『Windows 10 S』というOSを搭載。学校など使われるChromebookの対抗馬としてリリースされた製品。バッテリー駆動時間は14.5時間と長いが重量1.2kgとやや重め。Windows 10 Proへのアップグレードは可能。


f:id:ahiru8usagi:20170527071649p:plain
※価格は2017年5月時点のMicrosoftstore (US)を参照しています。

3.Surface Studio

2016年10月発表、日本では2017年6月15日発売予定の『Surface Studio』。ディスプレイと本体が一体となったオールインワンPCとして登場。28インチという大き目のディスプレイを角度自由に調整できるためイラスト作成などのクリエイティブな作業をより創造的なものにします。ニューインプットツールであるSurface dialで色の微調整なども可能。高機能なCPUとGPUも搭載。


f:id:ahiru8usagi:20170527071658p:plain

4.Surfaceアクセサリ

Surfaceをよりクリエイティブに使うための周辺機器です。

4-1.Surface Pen

イラスト作成などに重宝するSurface Penです。筆圧感知は1,024段階から4,096段階にアップグレード。傾き検知も搭載されより精巧な描画が可能となりました。なお、Surface Laptopは傾き検知に非対応。

https://img-prod-cms-rt-microsoft-com.akamaized.net/cms/api/am/imageFileData/RW7Lij?ver=22f9&m=6&w=752&h=423&n=t&q=60&o=f&l=t&b=white
f:id:ahiru8usagi:20170527195525p:plain

Surface Pen|Microsoftストア|Amazon

4-2.Surface Dial

Surface Studioと共に発表された『Surface Dial』 。日本では6月15日発売予定。長押しでメニューを表示したり、回転させてスクロール、色彩の調整、角度の微調整、ボリュームの調整、ズームインズームアウト、ショートカットの割り当てなどができます。


f:id:ahiru8usagi:20170527195835p:plain

Surface Dial|Microsoftストア|Amazon

4-3.Surface Arc Mouse

(New)Surface Proと共に発表された『Surface Arc Mouse』。日本では2017年7月20日発売予定。屈折可能なデザインとなっており、未使用時は平面にして持ち運ぶことができます。スクロールは垂直・水平両方可。Bluetoothで接続します。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61bPlR%2BsMCL._SL1500_.jpg
f:id:ahiru8usagi:20170527195854p:plain

Surface Arc Mouse|Microsoftストア|Amazon

おわりに

2016年後半から2017年前半にかけて『Surface Studio』、『Surface Laptop』、『(New) Surface Pro』とMicrosoftからワクワクする新製品が次々と発表されました。日本でもこれらの製品は2017年中に発売されます。ちょっと値段が高いのが玉にキズですが、どれもほしくなっちゃう魅力的な製品ですね。

Windows 10のUI/UX向上やHoloLensとの連携など、今後のMicrosoftの動向に注目です。

© 2014 And Reframing Things