And Reframing Things

物事を自分の角度から見るブログ

【10/31迄】Softbankガラケー、5分かけ放題を3円/月、かけ放題を303円/月で運用する方法!【一括1万円 or 2万円】

スポンサーリンク

2017年10月の『ケータイ乗り換え.com』のキャンペーンです。

docomoもしくはauからSoftbankガラケーに乗り換えると、

・5分かけ放題なら維持費3円/月
・かけ放題なら維持費303円/月
・端末代金は前者一括1万円、後者一括2万円

で契約できます。

データプランは『データ定額S(0~4,536円)』になるので、全くデータ通信を使わなければ(モバイルデータ通信をOFFにしておけばOK)月々3円 or 303円でガラケーが持てます。

在庫状況によりキャンペーン期間が短くなったり長くなったりすることと思われますが、当初8月末まででしたが2017/10/31迄に延長(再延長の可能性もあります)。維持費を安くしたい場合はこの機会をご活用ください。

※当記事の料金は全て税込表示です。

f:id:ahiru8usagi:20170807182859j:plain

目次

1.3円 or 303円維持の内訳・料金解説
1-1.5分かけ放題(3円維持)の内訳
1-2.5分かけ放題(ガラケーを下取り)の内訳
1-3.かけ放題(下取りなし)の内訳
2.3円 or 303円維持の契約条件
3.選べる端末
4.問い合わせ方

1.3円 or 303円維持の内訳・料金解説

維持費や条件は『ケータイ乗り換え.com』に電話にて確かめています。得られた回答を元に内訳・条件を記載しています(ご不安である場合は自らお問い合わせ・ご確認ください)。

※ユニバーサルサービス料金は2017年7月から再び3円となりました(Source

1-1.5分かけ放題(3円維持)の内訳

docomoもしくはauからSoftbankガラケーの『スマ放題ライト(5分かけ放題)』にMNPした場合、維持費は3円/月となります。内訳は以下のとおり。 

料金内訳 金額
スマ放題ライト[5分かけ放題] 1296
ウェブ使用料 324
データ定額S(ケータイ) 0~4536
月月割×36か月 -1320
ガラケー通話し放題割 非適用
のりかえ下取(Android)×24ヶ月 -450
ユニバーサルサービス料 3
月間使用料 3

※端末代金は一括1万円となります。

※docomoもしくはauのAndroidスマホを下取りに出すことで、▲450円×24ヶ月割引となり、0円を下回るので維持費はユニバーサルサービス料の3円のみとなります。下取りの割引が切れる3年目からは維持費303円/月となります。

※ガラケー通話し放題割はスマ放題のみの適用となります(参考)。

 

1-2.5分かけ放題(ガラケーを下取り)の内訳

1-1.とプランは同じですが、下取りに出す機種をガラケーにした場合の維持費です。

料金内訳 金額
スマ放題ライト[5分かけ放題] 1296
ウェブ使用料 324
データ定額S(ケータイ) 0~4536
月月割×36か月 -1320
ガラケー通話し放題割 非適用
のりかえ下取(ガラケー)×24ヶ月 -200
ユニバーサルサービス料 3
月間使用料 103

※端末代金は同じく一括1万円

※ガラケーの下取り料金は▲200円×24ヶ月なので、維持費は103円/月となります。3年目からは維持費303円/月

 

1-3.かけ放題(下取りなし)の内訳

docomoもしくはauからsoftbankガラケーの『かけ放題プラン』を選択した場合、維持費は303円/月となります。内訳は次のとおり。

料金内訳 金額
スマ放題[かけ放題] 2376
ウェブ使用料 324
データ定額S(ケータイ) 0~4536
月月割×36か月 -1320
ガラケー通話し放題割×36ヶ月 -1080
のりかえ下取 併用不可
ユニバーサルサービス料 3
月間使用料 303

※かけ放題を選択した場合端末の一括金額は2万円となります。

※『ガラケー通話し放題割』によってスマ放題の維持費が▲1080円×36か月の割引となります(参考)。

※『ガラケー通話し放題割』を適用した場合、『のりかえ下取りプログラム』は適用外となります(Q&A参照)。よって、下取りに出す端末不要。

※下取り非適用で303円/月であるため、3年目の維持費も同じく303円/月。

 

2.3円 or 303円維持の契約条件

3円維持もしくは303円維持するには、以下のような条件があります。

・docomoまたはauからの乗り換え(MNP)であること

・(Y!mobileからのMNPもしくは新規の場合、端末金額が+1万円でのりかえ下取りが非適用となります)

・以下4つのコンテンツに2ヶ月以上加入する必要があります(:以降は変更方法)
『スマ放題』:my softbank(Web) or 157に電話
『基本オプション(540円/初月無料)』:my softbank(Web) or 157に電話
『安心保障(540円)』:my softbank(Web) or 157に電話
『[ケータイ乗り換え.comの]スマートサポート(980円/初月無料)』:ケータイ乗り換え.com(0120-689-554)に電話
3つのオプションが不要である場合2か月目以降に解約、5分かけ放題の場合はスマ放題ライトに変更することで月々の維持費が3円 or 303円となります。

 

3.選べる端末

今回の維持費で運用できる端末は『AQUOSケータイ2』と『DIGNOケータイ』と『かんたん携帯9』です。

f:id:ahiru8usagi:20170807171234p:plain

スペック詳細(メーカーページ):AQUOSケータイ2DIGNOケータイかんたん携帯9

おすすめはWi-Fiの使えるAQUOSケータイ2。

いずれも通常47,520円のところ、ケータイ乗り換え.comのキャンペーンにより一括1万円or2万円で購入できるというわけです。月月割はいずれも▲1,320円×36か月AQUOSケータイ2/DIGNOケータイ/かんたん携帯9 | Softbank料金シミュレーション)

 

4.問い合わせ方

ケータイ乗り換え.comには電話もしくはメールで問い合わせることができます。問い合わせ方はこんな感じでよいでしょう。

現在[docomo / au]で契約しており、ガラケーへの乗り換えを検討中です。

And Reframing Thingsというブログにて、月々[3円 / 303円]で維持できるプランがあると伺いました。

希望機種は[AQUOSケータイ2 / DIGNOケータイ / かんたん携帯9]です。

どうぞよろしくお願い致します。

5分かけ放題の場合一括金額は1万円、かけ放題の場合一括金額は2万円でしたが、複数台契約する場合は交渉することで安くしてもらえるかもしれません。

 

おわりに

月月割とガラケー通話し放題割りの切れる36か月目で解約&MNP転出した場合のトータルコストを概算するとこんな感じ(日割り分やユニバーサルサービス料を除いているので厳密には異なりますがざっくりと試算)。

プラン スマ放題ライト スマ放題ライト スマ放題
下取り機種 Androidスマホ ガラケー -
端末一括金額 10000 10000 20000
契約事務手数料 3240 3240 3240
維持費3年間 3708 6108 10908
違約金 10260 10260 10260
MNP転出料 3240 3240 3240
コンテンツ+かけ放題×2ヶ月分 3680 3680 3680
3年間トータルコスト 34128 36528 51328
1年間あたりの使用料金 11376 12176 17110
1か月平均 948 1015 1425

かけ放題を1425円/月、5分かけ放題を948~1015円/月くらいで持てます。各種事務手数料/端末代などを考慮してもこの維持費は驚異的。格安simの中でもトップクラスに安い楽天モバイルのデータsimと音声通話simの価格差は756円/月、かけ放題オプション は5分なら918円/月、完全かけ放題なら2,570円、合計1,674円/月 or 3,326円/月であることを考えると、やはり5分かけ放題プランまたはかけ放題プランは大手キャリアで契約しておいた方が安上がりでしょう。あとはスマホにデータsim3GB(月々900円くらい)あたりを挿しておけば格安2台持ち運用の完成です。

私もこの時期に契約しなおしたいところですがSoftbank解約後3か月以内の再契約はガラケー通話し放題割適用外(提供条件書より)なので撤退(^^;)今現在docomo、au、docomo系格安sim、au系格安simで音声通話を契約しているなら、維持費を大幅に安くできる可能性あり。今回のキャンペーンを検討する価値は存分にあると言えるでしょう。

関連ページ:ケータイ乗り換え.com
関連ページ:おとくケータイ.net

© 2014 And Reframing Things